Xiaomi(小米)が2015年のスマホ売上台数を発表——当初予想を下回り、Huawei(華為)に水をあけられる

SHARE:
lin-bin-xiaomi-announcement-620x390
Image credit: Xiaomi’s official Weibo

携帯電話販売台数のデータがないという状況はこれで解消される。Xiaomi(小米)が本日(原文掲載日:1月15日)、2015年のスマートフォン販売台数が7,000万台だったと発表したからだ。この数字は、同社見通しの下限にも届かないレベルだ。

ここしばらくの間、2015年の Xiaomi はどこかおかしいと見られていた。同社は2014年、翌年の電話販売台数が1億台になると予想した。しかしこの見通しは早くも3月に8,000万台に引き下げられた。

2015年も押し迫った頃、中国のテック関係者は同社による販売データの公表を心待ちにしていたが、沈黙が押し通されていた。CEOの Lei Jun(雷軍)氏は12月、同社が「もうスマートフォンの販売台数といった目標達成を強く言うことはない」と語っていた。これで同社が目標を達成できたと信じる者はいなくなった。

かつて Xiaomi は、フラッシュセール期間中にスマートフォン販売台数をリアルタイムで更新・発表していたくらいだ。それが突然、数字を語らなくなったのだ。

しかし本日、その状況が一変した。同社の公式のWeiboへの投稿で、共同設立者の Lin Bin(林斌)氏が販売データを発表したのだ。これによるとXiaomiは昨年7,000万台を販売したほか、「中国でナンバーワンの販売台数だった」という。しかしこの表現は正確ではない。

Image credit: Xiaomi’s official Weibo.
Image credit: Xiaomi’s official Weibo

国内ライバル企業であるHuawei(華為)は昨年1億台以上の電話を販売した。つまり Huawei こそが中国ナンバーワンの企業のように思える。実際、Huawei は昨日の報道発表の中で自社を「中国のスマートフォンメーカー最大手」、「中国におけるスマートフォンのトップブランド」と称している。

つまり、両社の言い分はいくらか食い違っているのだ。しかし数字を見る限りでは Huawei の言い分の方が正しそうである。

その他コメントすべきは、7,000万台という販売台数も相当なものということだ。2014年の Xiaomi の販売台数は6,100万台だった。増加率14%というのは Xiaomi がスマートフォンの販売で期待する数字ではないのかもしれないが、同社が決して縮小しているわけではないという事実は重要だ。ただ、多くの人が望むような成長をしていないというだけのことである。

Xiaomis-annual-phone-sales-2011-to-2015-720x555

2014年後半、Xiaomi は電話販売台数の達成に執心しすぎていたが、2016年に入ってそれが落ち着いてきているということだろう。しかしこれで同社を除外視してしまうのはまだ早すぎる。依然として勢いのある電話事業、相当な人気のフィットネストラッカー、そして今でも拡大を続けているソフトウェア・ハードウェア事業のポートフォリオがあるからだ。

とりわけ、驚きの1億800万台というHuaweiの数字と比較すると販売台数7,000万台という結果は残念であった。しかし Xiaomi は今でも中国で最も興味をそそるテック企業の1社である。

ただし2016年は同社にとって成功を左右する年となるだろう。Xiaomi は今年、電話販売の勢いをさらにつけて様々なサイドビジネスでユーザを楽しませてくれるか、Huawei や Apple 等に次ぐ2番手(あるいは3番手、4番手)に収まってしまうかのどちらかだ。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------