イタリア製のデスクトップ型CNC「EVO-ONE」でモノづくりをもっと身近に

SHARE:

20160111_evoone

機能的で見た目も美しいデスクトップCNC「EVO-ONE」プロジェクトががKickStarterで公開されている。イタリアのスタートアップ「MakerDreams」が開発、筐体にはアルミニウムや木材など高品質の素材が使われ、デザイン含めてイタリア製となっている。

「EVO-ONE」は、趣味で工作したい人、メーカー、ファブラボ利用者、企業等まで、誰でも簡単に扱えるCNCマシンだと謳っていて、プラスチックから木材、アルミニウム、銅、真鍮、銀、ゴールドといった金属まで加工可能だ。

20160111_evoone2

EVO-ONEを使えば、精度高く素材を切削できる。

kono
EVO-ONEで作成できる作品例。

ワークエリアは370×220×120mm、重さは約22kg。価格は1499ユーロ(5月出荷分、売り切れ)からで、日本への出荷も可能。プロジェクトの目標金額は無事達成済みだ。