自転車事業を続々と仕掛ける自転車創業の自転車メディア「FRAME」が月間200万PV、50万UUを達成

SHARE:

FRAME_screenshot_PC

遊休スペースを活用した駐輪場サービス「PEDALRest(ペダレスト)」等を運営する自転車スタートアップ自転車創業が運営する自転車メディア「FRAME(フレイム)」が、月間200万PV、50万UUを突破した。

同社は、「マサルでもわかる自転車保険」という自転車保険の紹介サイトを運営し、保険会社へ送客することで売上を出していた。元々、同サイトへの集客を目的としてブログを立ち上げたが、集客を増加したことから、2015年7月にリニューアルを実施。「FRAME」と名付け、自転車メディアとして独立させた。

「FRAME」はリニューアルから8ヶ月で、200万PV・50万UUへと成長し、今後はメディア単体でも広告モデルでマネタイズを図る。

遊休スペースを活用した駐輪場サービス「ペダレスト」は、自転車創業のオフィスに併設している西新宿を始め、赤坂、水道橋といったオフィスエリアのスペースに展開。自転車通勤をする人々のニーズを捉え、全スペースが満室でキャンセル待ちの状態だという。

遊休スペースを活用した駐輪場サービス「ペダレスト」がビジネスマン向けロードバイク特化の室内駐輪場を西新宿にオープン

スペースの展開速度は早くはないが、展開したエリアでのユーザ満足度は高い状態。同社は「ペダレスト」の提供を続けつつ、自転車ユーザを増やすべく、自転車保険や自転車メディアといった領域でもサービスを提供していく。

自転車創業代表の中島大氏は、「FRAME」の目標に関して以下のようにコメントした。

「FRAME」は、自転車ウェブメディアとして圧倒的No.1になるべく、まずは500万PVを早期達成したいと考えています。