自転車向け室内駐輪スペースPEDALRest西新宿がスマートロック「Akerun」とスマートホームセキュリティ「safie」を導入

SHARE:
スマート防犯カメラ「safie」からの様子
スマート防犯カメラ「safie」からの様子

遊休スペースを活用して駐輪場不足という社会問題を解決するサービス「PEDALest(ペダレスト)」を運営する自転車創業が2014年10月にオープンした駐輪スペースの1つ「ペダレスト西新宿」にスマートロック「Akerun」とスマート防犯カメラ「safie」を導入することを発表した。

ペダレストが対象としているのは、高価な自転車を利用するユーザたち。これまでペダレスト西新宿は、24時間利用が可能にも関わらず、利用者数分の鍵の手配や費用面から既存のセキュリティサービスは未加入のまま運営を実施していたため、ユーザや利用検討者から不安の声も上がっていたという。

今回スマホが鍵になるスマートロック「Akerun」と、カメラとスマホを組み合わせたホームセキュリティ「safie」を導入することで、「スマートパーク化」する。これにより、鍵の管理やセキュリティ管理といったスペースに必須の機能を、従来のサービスに加入するよりもコストを下げて対応可能となる。自転車創業代表取締役の中島大氏は、今回のスマートパーク化に関して、以下のように述べた。

中島氏「両プロダクトともに既存製品と比べてコスト面・機能面いずれも私たちにとってメリットがあるため、今回導入させていただきました。特に機能面でいうと、Akerunは、期間限定のキー発行が可能なため、当社サービスが今後無人での展開や一時利用サービスを展開する際に大きなポイントになると考えています。Safieは、いずれも既存製品にはない動画、音声の監視に加えて、こちらのマイク音声もリモートで発信できるため、より精度の高いセキュリティーが実現できると考えています」

「Akerun」を開発しているフォトシンスの村尾威氏と、スマートホームセキュリティ「safie」を開発している佐渡島隆平氏は、それぞれ以下のように述べている。

村尾氏「遊休スペースのシェアについては、私たちの製品・サービスがインフラ整備に大きく貢献できるものと考えており、弊社としても重要な機会のひとつと位置付けております。宿泊を伴う場合等には法規制の壁が立ちはだかることもありますが、遊休スペースの活用はスペース供給側と需要側、シェアビジネスを運営されている方々のみならず、日本経済全体にとっても意義が大きいと考えられます。Akerunがこうした課題解決の一助となれば嬉しく思います」

佐渡島氏「Safieは従来の録画機付きの防犯・監視カメラや、警備員駆けつけ型セキュリティサービスでは、費用対効果が合わなかったというユーザの方々からのお問合せが非常に多く寄せられております。自転車創業さんのような、遊休土地活用と、スマートロックやスマートセキュリティ等の相性はよく、IoTセンサーと連携することで土地の利用はより手軽になり、今後さらに進化していくものと考えております。従来のカメラや鍵という概念を超えて、スマートロックで入館したログと動画を繋ぎあわせるなど、ユーザにとって、安心かつ、利便性の高い世界をつくっていきたいと考えております」

シェアリングサービスと、こうしたスマートセキュリティ関連のプロダクトは相性が良い。インターネットに接続することによる利便性の高さだけではなく、導入のコストも低く抑えることができるというメリットもある。こうした導入事例をきっかけに、他のスペースでも導入が進むとより多くの人にとってスマートセキュリティプロダクトが身近なものになっていくと考えられる。

<関連記事>

----------[AD]----------