どんなホワイトボードにも取り付けが可能、板書のキャプチャやストリーミングが出来る「Kaptivo」

by Satoshi Nakano Satoshi Nakano on 2016.5.4

12377995_230658737288029_2231905784807697547_o

任意のホワイトボードに取り付けることで、板書のキャプチャやライブストリーミングが可能となるガジェット「Kaptivo」が開発されている。クラウドファンディングサービスKickstarterのプロジェクトは成功し、目標額75,000ドルを上回る88,000ドルを達成した。

ホワイトボードに書いたものすべてが自動的に取り込まれ、リモートで共有したりPDF化したりすることが出来る。ストリーミングで再生することも、特定のポイントまで巻き戻して閲覧することも可能。特定のソフトは不要でブラウザからアクセスすることが出来る。iOS / Androidアプリも用意されている。

89dafb5f3b721a4f76dd4e511230c4a1_original

ペンの種類や色、板書する人数に制限はない 。カメラ、プロセッサ、メモリ、Bluetoothを搭載しており、画像処理アルゴリズムによって人の手や歪み、影や反射などを除去することで、ホワイトボード上に書かれた内容を特定する仕組みだ。

5317567cd7ed518d701dd239144b50cb_original

「Kaptivo」本体をホワイトボード上方の壁にねじ止めするだけで、簡単に設置することが可能。1.8×1.2mまでのホワイトボードに対応している。

f0ce16caf3ee439eff98ae02ac1a3e58_original

Kickstarterのキャンペーンでは、早期支援者向けに1台99ドル、139ドルで入手できる枠もあったが早くに完売した。小売価格は、349ドルとなる見込み。支援者向けの発送は2016年7月以降が予定されている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------