AWSが法人向けのビデオ・コールサービス「Amazon Chime」をローンチ

SHARE:
Image Credit: Screenshot

Amazon Web Service(AWS)は本日、Amazon Chimeという組織向けのボイス・ビデオコール、インスタントメッセージングのサービスを新たにローンチすることを発表した(編集部注:原文掲載2月13日)。

Cisco WebExやLogMeIn の GoToMeeting のような、法人向けのサービスへの対抗のようにも見えるかもしれないが、むしろ MicrosoftのSkype for Businessの直接的な競合であるように思われる。Microsoftは、AWSの直接的な競合であるパブリッククラウドのAzureを出している。GooglegがG Suiteを通じて組織向けに打ち出しているHangouts もAmazon Chimeのローンチによって脅威にさらされるかもしれない。Googleもまたパブリッククラウドをもっている。

発表内容によれば、Amazon Chimeは、Windows、Mac、Android、iOSアプリで利用可能であるとのこと。コールに参加する際にはPINを入力する必要はないとAmazonはいう。

これはまさに、AWSが、自らのルーツであるIaaS(Infrastructure as a Service:サービスとしてのインフラ)ではなく、SaaS(Software as a Service:ソフトウェアとしてのインフラ)により進んでいく一例だ。今回のローンチは、ビジネスインテリジェンスサービスのQuickSightsの導入、メール・カレンダーサービスのWorkMailに続くものである。

Amazon Chimeは無料版を提供している。ユーザー管理機能、Active Directoryのサポート、1GBのメッセージ保管サービスのあるPlusはユーザー1人につき月2.50ドル。より多くの機能が付いたProは1人あたり15ユーロとなっている。

(本記事は抄訳です。)

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------