故人を偲ぶ友人や家族が一箇所で思い出を共有できる「Fragment.life」

SHARE:

<ピックアップ> A smart object to help you through grief might be less dumb than it sounds

SxSwに登場したカナダ発のスタートアップが、「Fragment.life」だ。長年、葬儀業界に身を置いてきた創業者のDavid Beaulieus氏は、業界に全くもって進歩が見られないことに苛立ちを感じていた。

そこで、葬送儀礼を再設計しようとFragment.lifeを開発した。写真や動画といったコンテンツをスマートフォンで消費するようになった今、故人を偲ぶ行為もそれを反映するべきだと考えてのことだ。

Fragment.lifeを使うことで、家族や友人は故人の動画や写真といった思い出を一箇所で共有することができる。皆が思い出を出し合うことで、ひとつの故人へのトリビュート動画が完成する。

同スタートアップは、このウェブサービスのほかに、スマートオブジェクトの開発にも取り組んでいる。悲しみの異なるステージに向き合うことを後押しするもので、専用アプリを用いることで悲しみや死にまつわるコンテンツを提供するという。

via. The Next Web