BRIDGE

タグ Medium

MediumがSFローカルメディアを買収する理由ーープロブロガーは成立するのか?その戦略を考える

SHARE:

ピックアップ:Medium buys Bay Area mag The Bold Italic to add to its paywall ニュースサマリー:パブリケーションプラットフォームを提供するMediumは12日、サンフランシスコベイエリアに本社を置き、ローカル情報を発信するメディア「The Bold Italic」を買収したと発表した。 Mediumのプラットフォームには「広告」という概…

medium.png
Image : The Bold Italic

ピックアップMedium buys Bay Area mag The Bold Italic to add to its paywall

ニュースサマリー:パブリケーションプラットフォームを提供するMediumは12日、サンフランシスコベイエリアに本社を置き、ローカル情報を発信するメディア「The Bold Italic」を買収したと発表した。

Mediumのプラットフォームには「広告」という概念がないため、質の高い記事が集まりやすく、収益を目的としない起業家や著名人などの発信の場としても人気を博している。また、サブスクリプション型の「Medium Membership Program」もあり、ユーザーは月額5ドルまたは年50ドルでライターが指定する限定公開記事を無制限に読むことが可能となる。今回買収されたThe Bold Italicも同社のメンバーシッププログラムに組み込まれることとなるため、同記事を読むためにはMediumのメンバーシップ登録が必要となる。

話題のポイント:Mediumのコンテンツの質は非常に高く、日々新たなコンテンツが投下され続けている一方で、マネタイズ手段については苦戦している時期もありました。2017年に公開された「Medium Japanより大切なお知らせ」と名のついた公式ブログでは、オペレーションの縮小などが発表され、さらにNYTimesの記事で3分の1の従業員のレイオフが報じられています。

しかしその後、Mediumは上記メンバーシッププログラムの導入によって徐々にコンテンツ・利用者の質・量の進化を遂げています。

Mediumの広報担当者によると、2018年7月までに同社が還元した執筆者向け収益は200万ドルに上るそうで、週に5万人の執筆者がMediumプラットフォーム上で記事を書いているそうです。以下は2017年4月から2018年4月までにおけるMedium全ユーザー・デイリーユーザーの推移になります。

1_aE_RFNPwklnT_jX_KLvDhQ.png
Credit: Medium Blog

ローカルメディアの買収による固定読者層の囲い込みはサブスクリプションを伸ばす上で重要な戦略になります。これが成功するのであれば、Mediumによる既存メディアの買収は今後も続くかもしれません。

その一方で、個人ブロガーの活躍の場を増やしていくことも必須であり、これなしで大量のローカルメディアを集めただけではただのまとめサイトと化してしまいます。そのためにも、アフェリエイト型ではない、Medium Partnership Programの手法でブロガーが利益を生み出せる構造が本当に成立するかどうかが今後の焦点のひとつになりそうです。

日本でもMediumと似たようなビジネスモデルであるnoteやブロックチェーンを用いたプラットフォームALISなどのプロジェクトが増えつつあります。広告依存ではない、サブスクリプションなどのモデルで質の高い情報を提供するインターネット世界を生み出せるのか、各社の成果に注目が集まります。

 

----------[AD]----------

「エピソード小説の各章を読むようなもの」ーーMediumの新しいSnapchat風ストーリーフォーマット「Series」が登場

SHARE:

Mediumはリニューアルの方法を模索した結果として、興味深い話を読みたい読者を狙ったサービスを開始することになった。これは真のオリジナルアイデアではないが、SnapやFacebookなどでうまく使えることが実証されたサービスである。水曜日(原文掲載日:3月1日)、Mediumはストーリー形式の「Series」を公開した。これはSnapchatやInstagramのStoriesと比較されるものだ…

Series-Screens

Mediumはリニューアルの方法を模索した結果として、興味深い話を読みたい読者を狙ったサービスを開始することになった。これは真のオリジナルアイデアではないが、SnapやFacebookなどでうまく使えることが実証されたサービスである。水曜日(原文掲載日:3月1日)、Mediumはストーリー形式の「Series」を公開した。これはSnapchatやInstagramのStoriesと比較されるものだ。

Selecting-a-Series

「Seriesはモバイル向けのストーリーであり、話の続きを書くことができ、話の展開をカードからカードへと指でタップすることで読むことができる」と、プロダクト・エンジニアリングチームのメンバーであるKatie Zhu氏は書いている。

「Mediumで連載されたストーリーを読む新しい方法を構築するための最初の第一歩です」。

誰もがSeriesを作成して読むことができる。

Mediumは慈善家のMelinda Gates氏、Bernie Sanders上院議員、フリーコードキャンプのQuincy Larson氏、PRクリエイティブのJeff Lewonczyk氏のような人々のコンテンツから始まった。また、SnapchatやInstagramとは異なり、Mediumでは著者自身が削除するまで永続的に残る。Seriesの投稿が時間とともになくなる心配はない。

Cards-in-a-Series

Seriesにはテキストや画像を挿入することができ、それらはMediumのスマートフォンアプリ内で閲覧できる。

Seriesを作成するには、最初にスマートフォンのカメラロールからカバーイメージにしたい画像を選択する。画像がランドスケープ(縦)モードではなくポートレート(横)モードで表示されているものが最適だ。その後、その最初のカバーイメージがカードとして表示されるので、これをタップしてカスタマイズする 。テキストを挿入する場合は文字サイズを調整したり、引用符をつけたり、配置を変更したりすることができる。Seriesは公開または更新する前にいつでもプレビューすることができる。

Seriesを読む場合はMediumアプリ内で、InstagramとSnapchatでおなじみの画面で見ることができる。トップにはMediumとして出しているSeries、続いて読者のネットワーク内の人々が作ったもの、そして編集者選択のお勧めセクションがある。

Seriesは他のユーザーと共有することができる。また、作成者が更新した際のコンテンツを購読することもできる。Seriesでは最後に読むのを中断したところから再開できるので、以前に読んだ過去のものから延々とスクロールして中断したところを探す必要はない。

「Seriesはブログのために設計されたものではありません。しかし、Seriesはそのブログからインスピレーションを得ています。 そしてテレビからも」。

MediumのCEO、Evan Williams 氏は新サービスSeriesについてこう書いている。

Seriesは継続ものとしても期間限定ものであっても、他の人とのシェアを希望するあらゆる旅行体験や休暇の出来事、新しい言語の学習経験、特定の理由のための支援活動、大学での経験、その他すべて自分が考え付くことができるもの、に基づいて書くことができる。

Mediumに幾つかのエピソードで構成されたり、分割掲載の連載ストーリーを載せたいと思っていた著者達は、複数の独立した投稿をし、別の記事への紹介やリンクを貼る必要があった。Seriesはいわばエピソード小説の各章を読むようなものだ。

InstagramやSnapchatと違ってMediumは、ここでのコンテンツについては公共交通機関で何が起こったかとか自分がいつ友達と遊びに行ったかなどの日常の出来事のコンテンツではなく、もっと示唆に富む啓蒙的な内容が掲載されることを望んでいるようだ。

Seriesを有効にするには、iOSまたはAndroidのMediumアプリを更新する必要がある。残念ながらウェブ上で見ることはできない。

【原文】

【via VentureBeat】 @VentureBeat

----------[AD]----------

新興のブログ・プラットフォームMedium、中国でアクセス不能に

SHARE:

テストしてみたところ現在、ブログ・プラットフォームのMediumが中国でブロックされてる。 このサイトは以前TwitterのCEOであったEvan Williams氏によって創業されたもので、2012年8月に設立登場している。GoogleのBlogspotのようなブログサービスは何年も前に中国のグレート・ファイアーウォールによってやられてしまっていたが、Mediumは今まで検閲を受けていなかった。…

image
Image credit: Tech in Asia

テストしてみたところ現在、ブログ・プラットフォームのMediumが中国でブロックされてる。

このサイトは以前TwitterのCEOであったEvan Williams氏によって創業されたもので、2012年8月に設立登場している。GoogleのBlogspotのようなブログサービスは何年も前に中国のグレート・ファイアーウォールによってやられてしまっていたが、Mediumは今まで検閲を受けていなかった。

中国本土からMediumのホームページにネットワークピンのテストしたところ、サイトには到達しなかったことを確認している。また中国の3大キャリアからもアクセスできないことも発見している。

私たちはサンフランシスコ拠点のMediumにコメントを求めている。(記事公開後24時間のアップデート:Mediumの広報担当者は「ブロックされていることを確認しており、またなぜそのブロックが発生したのか確たる情報はまだない」と回答してくれている)

今日、Hacker Newsで「vfulco」と呼ばれるユーザーが投稿したこの件についての最初の警鐘ではこのように書かれている。

「Mediumは数日前に中国でアクセス不能になっていた。中国のウェブ検閲のドキュメントとレポートサイトであるGreatfire.orgでテストツールを使ったところ、Mediumが最初にブロックされたのは4月10日のことだと判明した」。

この封鎖は同国家がTimeやThe Economistといったウェブサイトへのアクセスを遮断してから数日後のこととなる。

Mediumは先週、主流のパブリッシャーがブログプラットフォームへ記事投稿する新たな枠組みとここで広告収入を得る仕組みを発表している。このことが中国でブロックされているはずのニュースメディアをMedium上で読めるようになるという可能性を上げることとなった。

【原文】

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------

Medium がマネタイズ手段の提供を公式発表、プロモーション記事と有料コンテンツを一部でスタート

SHARE:

コンテンツプラットフォームのMediumが収益化手段の提供を開始する予定であるというニュースが注目を集めたのは、つい1ヶ月前のこと。同社は今週火曜日に公式にMedium for Publishersをスタートすることを発表した。 パブリッシャーがMedium上で収益を得られる仕組みは主に二つだ。 一つはプロモーション記事。意義の大きいオリジナルコンテンツを継続的に発信しており、熱心な読者を維持して…

medium

コンテンツプラットフォームのMediumが収益化手段の提供を開始する予定であるというニュースが注目を集めたのは、つい1ヶ月前のこと。同社は今週火曜日に公式にMedium for Publishersをスタートすることを発表した

パブリッシャーがMedium上で収益を得られる仕組みは主に二つだ。

一つはプロモーション記事。意義の大きいオリジナルコンテンツを継続的に発信しており、熱心な読者を維持しているパブリッシャーやブロガーを選んで、それらに対してBose、Nest、Intel、SoFi、Volpi Foodesといった提携先のブランドによる記事をホストすることができるようにするという。

「これは、Medium上でブランドとパブリッシャーを結びつけて、価値のあるパートナーシップを生み出すための最初のステップだと捉えています」とコメントし「このプログラムを拡大し、コラボレーションの機会をさらに提供する予定です」と続ける。

また、収益化手段の二つ目は有料コンテンツ制度。限定的に、いくつかのコンテンツ発行者が会員限定のコンテンツとその他のメリットを読者に与えられるようにしているという。月間の会員費は直接発行者に支払われる仕組みだ。

プロモーション記事と有料コンテンツ制度はまだベータの状態で、今後さらに充実していくようだ。現在の収益化プログラムについては、こちらのMediumのページにもまとまっている。

また、今回の発表では既存のブログやサイトのMediumへの移行を簡単にすることも伝えている。「ゼロから始めることなく、アーカイブをMedium上のカスタムドメインに移動できる簡単なソリューションを開発した」という。既に、Medium上にコンテンツを移行する予定のパブリッシャーとしては、The Awl、Pacific Standard、Monday Noteなどが挙げられている。

収益化手段の充実で、Mediumはコンテンツプラットフォームとしてさらに成長していくことが期待できそうだ。

----------[AD]----------

Medium、もうすぐマネタイズ手段を提供予定であることを明らかに

SHARE:

Medium plans to let you monetize your writing soon MediumのCEO エヴァン・ウィリアムズがBBCに向かって、マネタイズの手段をもうすぐ提供予定であることを語りました。 マネタイズの手段として可能性が語られているのは、有料コンテンツや月額課金、広告など。ウィリアムズは、広告はバナーではなくスポンサードコンテンツを中心に考えているとも語っていま…

medium

<ピックアップ>Medium plans to let you monetize your writing soon

MediumのCEO エヴァン・ウィリアムズがBBCに向かって、マネタイズの手段をもうすぐ提供予定であることを語りました。

マネタイズの手段として可能性が語られているのは、有料コンテンツや月額課金、広告など。ウィリアムズは、広告はバナーではなくスポンサードコンテンツを中心に考えているとも語っています。

Mediumは以前からコンテンツを投稿したユーザにも、換金するための手段を提供しようとしていると言われていましたが、いよいよ実行に移されそうです。

海外では自社のサイト上ではなく、Medium上でサービスのアップデートやプレスリリースを掲載する企業も出てきています。

いろんなプレイヤーがコンテンツを投稿しているMediumが、マネタイズに向けて動く。これは注目ですね。

via The Next Web

----------[AD]----------

新たに5700万ドルを調達したMedium、「美しいブログプラットフォーム」はプレスリリースの発信先?

SHARE:

<ピックアップ>No wonder VCs just threw $57 million into Medium — it’s basically this generation’s version of PR Newswire TwitterのコーファウンダーEvan Williamsが立ち上げたブログプラットフォームのMediumが新たに5700万ドルを複数のVCから調…

スクリーンショット 2015-09-29 19.40.29

<ピックアップ>No wonder VCs just threw $57 million into Medium — it’s basically this generation’s version of PR Newswire

TwitterのコーファウンダーEvan Williamsが立ち上げたブログプラットフォームのMediumが新たに5700万ドルを複数のVCから調達した。今回のラウンドはAndreessen Horowitz が主導しており、前回の2500万ドルの調達ラウンドに続くものだ。今回の調達前の評価額は4億ドルであると関係者が述べていたことをRe/codeは報じている

Medium といえば、広告のない「美しくシンプルな」プラットフォームで知られるが、気になるのは今後の収益化の方向性。Mediumのオペレーション責任者のAndy Doyle氏は「ページビューやユニークビジター、クリック数にはフォーカスしない。低クオリティの多くの広告でプラットフォームを汚すことはしない」と書いており、あくまで「ハイクオリティ」のプラットフォームを維持することでユーザー数を増やすことを目指す姿勢を見せる。Doyle氏はさらに「今回の資金調達ラウンドを通じて、Mediumがより良質なコンテンツと対話をつくる主要なパイプラインになるように目指したい」と続けている。

美しいフォーマットで「質の高いコンテンツ」が提供されるとなれば、やはり良質なコンテンツを求める読者を惹きつけることは間違いない。とはいえ、本当にMediumに投稿されるコンテンツは「良質なもの」なのか? Business Insiderの記事は、もはやMediumは企業やスタートアップの「プレスリリースの配信場所」になったと指摘する。

たとえば、このBIの記事で引用されていたのは、先日Googleが無人運転車の安全性について発表したときに、ジャーナリストのSteven Levyが編集長を務めるMedium上の「Backchannel」というコーナーでGoogleの自動運転車プログラムのディレクター自らがそのストーリーを発信していたことだ。この件に限らず、スタートアップのファウンダーによる自社の情報に関する投稿もMediumでは目立つし、もはや純粋なエッセイというよりもPRの場になっているのではないかという指摘がされている。

「良質なコンテンツづくり」を掲げるMediumだが、それに対して懐疑的な声も上がりつつある中で、今後同社が今回の資金を元にどのような成長を見せていくのか、気になるところだ。

via. Business Insider

----------[AD]----------

Twitter共同創業者のエヴァン・ウィリアムスが仕掛けるMedium、来週にもiOSアプリを公開へ【ピックアップ】

SHARE:

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします Ev Williams: Medium Will Launch an iOS App Next Week 2012年8月に公開、今年に入って1月末に2500万ドルの調達に成功している新ブログプラットフォームのMediumですが、ようやくiOSアプリが来週でるそうです。Evが先週のとあるイベントで語ったとこ…

Medium

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

Ev Williams: Medium Will Launch an iOS App Next Week

2012年8月に公開、今年に入って1月末に2500万ドルの調達に成功している新ブログプラットフォームのMediumですが、ようやくiOSアプリが来週でるそうです。Evが先週のとあるイベントで語ったところによると、昨年の12月に月間900万ユニークユーザー(多分訪問数)だったのが1300万人まで増えてて絶好調なんだとか。

Bloggerから始まり、ポッドキャスト(これは失敗)、そこからTwitter(これはどっちかっていうとジャック)ときて次にMediumと、なんだかずっとマイクロブログの歴史を歩み続けるEvですが、さらに次の爆発があるのでしょうか。Twitter三人トリオの内、ジャック・ドーシーばっかりフォーカスあたって若干影が薄くなってしまったビズ・ストーンとのコンビも注目されるところです。

Google日本語訳でざっくり読む

via Mashable

----------[AD]----------