飲食店向け食品流通の八面六臂が総額2.4億円を調達、ロジスティクスを強化

SHARE:
代表取締役 松田雅也氏

飲食店への食品流通を担う八面六臂は、3月31日に総額2.4億円を調達したと発表した。引受先は SMBC ベンチャーキャピタル、SBI インベストメント、池田泉州キャピタル、三生キャピタル、その他個人投資家。今回の調達で、八面六臂の累計調達額は約11億円になった。

<関連記事>

八面六臂は、2011年4月より1都3県の飲食店向け e コマース事業を展開。既存の中央卸売市場経由の仕入れだけでなく、全国の産地市場や生産者から独自の仕入れを構築し、自社物流による店舗配送網によって中小規模の飲食店へ商品を提供している。現在取り扱っている商品は、水産物や青果、精肉や加工品など。

同社は、IoT システムによって管理されたドライバーネットワークを自社で構築することで、配車管理や分単位での納品予定時間の顧客向け自動通知サービスなどを構築している。今回の調達資金でフルフィルメントやロジスティクスの強化に取り組んでいくとのこと。またプライベート DMP (Data Management Platform)や オープン DMP を活用した Web マーケティングも強化していく予定としている。

Source:PRTIMES

----------[AD]----------