A/BテストツールのGoogle Optimize、ベータ期間を終えてグローバルユーザー向けにローンチ

SHARE:
上: Google Optimize

Googleは、ウェブサイトのA/BテストツールのOptimizeとOptimize 360を、長く続いていたベータ期間を終えて、全ユーザー向けに利用可能にすることを発表した

Google Optimize 360 について最初に取り上げられたのは2015年に遡り、限定的なトライアルベータ版は昨年3月にスタートしていた。簡単にいえば、Optimize 360は、Google AnalyticsGoogle Tag Managerにプラスして使用するウェブサイトテスト製品であり、企業が予め設定した目標に対してウェブサイトの複数のバージョンをテストしてパフォーマンスを比較するためのものである。

エンドツーエンドのA/Bテスト機能があり、サイトを閲覧中のユーザー向けにテストするために各要素をドラッグアンドドロップできるウィズウィグのビジュアルエディターがついている。

上: Google Optimize

GoogleはOptimize 360の料金を宣伝していないが、いくつかのメディアは年間15万ドル以上もかかるとよんでいる。エンタープライズ向けに特化したツールであるため、料金は企業の大きさや領域によっても変動するだろう。

一方、無料バージョンのGoogle Optimize半年前に登場し、A/Bテストにかけるリソースが比較的少ないより規模の小さな企業を対象にしている。当然、同時に3つのテストしかできないなど、Optimize 360に比べればいくらかの制約はある。ターゲットのメトリクスも3つに制限されている。

Googleによると、昨年のベータバージョンの開始以来、25万のユーザーからアクセスの申し込みがあったという。現在、両バージョンとも180国以上のユーザーが利用可能だ。全機能に関しては、こちらから見ることができる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録