企業のマシーンラーニング活用を支援するElement AI 、シリーズAで1億200万ドルの大型調達

by Blair Hanley Frank Blair Hanley Frank on 2017.6.15

上:Element AIの経営陣
Image Credit: Element AI

モントリオールを拠点に、マシーンラーニングシステムの利用に関する問題に取り組んでいるスタートアップ Element AIが1億200万ドルという大型の資金調達をしたことを発表した。今回の調達ラウンドはData Collectiveが主導しており、AI企業がシリーズAラウンドで調達した額としては史上最大額となる。

この大型調達によって、企業と企業が抱える問題を解決するマシーンラーニングの専門家を結びつけるElementは大きな軍資金を手に入れた。今回のラウンドに参加したのは、Real Ventures、カナダ開発銀行(BDC)、Intel Capital、Microsoft Ventures、カナダ国立銀行、NVIDIA、そして様々な政府系ファンドが参加していいる。

今回の新たな調達資金によって、Element AIは事業の拡大が可能になるだろう。同社のコーファウンダー・CEOである Jean-François Gagné氏によれば、同社はトロントとアジアに新たに拠点を設ける予定であるという。

Element AIの仕組みは、特定のソリューションを提供するマシーンラーニングの専門家と企業を結びつけるというものだ。深い専門知識を有した従業員をもち、ソリューションを見つけるために大学の研究チームとも協力する。

Gagné氏は、Element AIは様々な利点を顧客に提供できると考える。大企業向けにAIのシンクタンクの役割を提供すると同時に、スタートアップとより企業規模の大きな顧客を結びつけ、他の方法ではなしえないような形で問題解決をできるという。

同社の調達ラウンドは、その調達額という点だけが突出しているのではない。今回のラウンドでは、競合同士を一つのタームシートにのせた。Intel Capital とNVIDIAの両者が同じシリーズAラウンドに投資をしたというのは、Gagne氏曰く初めてのことであるという。

【原文】

【via VentureBeat】 @VentureBeat

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------