Y Combinator出身の衛星スタートアップAstranis、1,800万米ドルを調達——Andreessen Horowitzがリードインベスターを務める

by Bérénice Magistretti Bérénice Magistretti on 2018.3.18

satellite-rendering-2
Astranis 衛星のレンダリング
Image Credit: Astranis

Andreessen Horowitz が Astranis の1,800万米ドル投資ラウンドをリードするとの発表が本日(3月1日)あり、同社は宇宙進出に挑む格好となった。サンフランシスコに本拠を置くスタートアップ Astranis は、本日(3月1日)ステルスモードを抜けてローンチされ、商業通信衛星1機目を作る計画だ。Y Combinator、Fifty Years、Refactor Capital、Indicator Fund も今回の投資ラウンドに参加した。

(編注:一部報道で調達額は1,350万ドルとあるが、これはシリーズ A ラウンド単体の金額と考えられる。)

それぞれパデュー大学、MIT 出身のロケットサイエンティストである John Gedmark 氏と Ryan McLinko 氏により2015年に共同設立された Astranis は、小型で低コストの通信衛星を作り、インターネット接続を地球上の最も離れた地まで届ける予定だという。

Astranis の CEO、John Gedmark 氏は VentureBeat への e メールで次のように伝えた。

私たちの衛星は小型冷蔵庫くらいの大きさで、従来通信に使われていた2階建てバスの大きさの衛星よりずっと小型です。

team-working-1
Astranis チーム
Image Credit: Astranis

Gedmark 氏によれば、Astranis の衛星は静止軌道(GEO)にあり(この場合衛星は地上から見て天空の特定の1点に静止されているように見える)、このことが Astranis の衛星の付加価値だという。

他の小型衛星企業はどれも、地球低軌道(LEO)に衛星を乗せており、この場合、衛星は地球を90分で1周します。インターネットアクセスを地球低軌道から提供しようと思うと、確実にインターネット接続を行き渡らせるためには、数百、数千もの衛星が必要になります。それに対し GEO では、衛星を1つ打ち上げたら、それで人々をネットワークにつなぐことができます。(Gedmark 氏)

これを実現するため、Gedmark 氏と共同設立者の McLinko 氏は、衛星の製作、打ち上げ、運用をより安価で素早く行えるプロプライエタリ・ソフトウェアを開発してきたと Gedmark 氏は言う。

Astranis はサンフランシスコで自社の衛星を製造しており、1機目の商業衛星の打ち上げを2019年に行う見込みだ。顧客となりそうなのは、電気通信企業や通信キャリアだ。Astranis の衛星の価格は、数千万米ドル台になるだろうと Gedmark 氏は言う。

通信塔の建設、設置は比較的安価で行うことができますが、通信塔をインターネットに接続するという課題を解決するのは、今のところ難しく、また高価になります。より低コストの衛星の帯域幅を電気通信企業や通信キャリアが借り受けられるよう、私たちが提供することによって、彼らは通信塔を設置すれば、これまで私たちの方法以外では不可能だったような地域の人々もネットワークにつなげられるようになります。

これが実現すれば、ネットワーク接続状態の悪さに困ることの多いエマージングマーケットにとって、非常に有益なことになるだろう。Facebook は既にそうした問題に、太陽発電で動くドローンを用いて対処している。しかし Gedmark 氏はこのやり方には懐疑的だ。

彼は次のように主張する。

このアプローチは将来的には莫大な利益を生むかもしれませんが、私たちの判断する限り、実現には長い時間と多額の投資を必要とするでしょう。

同氏が競争相手として他に挙げたのは Boeing や Lockheed Martin などの現役大企業だが、その他、小型衛星を利用する OneWeb や SpaceX などのより新しい企業も含まれる。

同氏は e メールでこう書いている。

こうした企業は衛星を地球低軌道に乗せていますが、実際に運用可能な状態になるまでには数百もの衛星を打ち上げる必要があります。

現在多くの企業が地球低軌道に焦点を当てているようだ。例えば SRI International のスピンオフ、LeoLabs は、地球低軌道の宇宙ゴミの監視を行っている。こう考えれば、分野の開拓が進んでいない間に静止軌道に注目している Astranis は、良いところに気づいていると言える。

Y Combinator 出身の Astranis は、現在22人の従業員を抱えている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------