WeWorkが会議室予約「Teem」を1億ドルで買収報道、2018年上半期の赤字は7.2億ドル

by Takeshi Hirano Takeshi Hirano on 2018.9.13

ピックアップ:WEWORK IS ABOUT TO START SELLING SOFTWARE via Wired

ニュースサマリ:WeWorkが会議室予約サービスを提供するTeemを買収した。Wiredが報じたもので、買収金額は関係者筋の話として推定1億ドル。VentureBeatが同社に確認したところノーコメントという回答だった。Teemの創業は2012年。会議予約システムで、分析結果からどの部屋が活用されていないかなどの見える化を助けてくれる。AirbnbやSlack、Lyft、Boxなど2800以上の企業が利用している。

話題のポイント:今年上半期の売上が約7.6億ドルあるものの、損失が7.2億ドルと絶賛Jカーブ中の同社が1億ドル(推定)のお買い物です。コワーキングスペースやオフィス事業とその管理サービスですから相性はいいですよね。Teem自体はそのまま運営され「Powered by We」というWeWorkのサービスラインナップに加えられるそうです。なお、こういった付加サービスラインナップは今年から開始され、30アイテムに拡大しています。ダイナミックなJカーブに買収によるバリューアップがどういう結果になるのか、黒転するタイミングでまた考察してみたいです。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------