500名が集まる「NodeTokyo」ピッチ登壇5社をご紹介ーー国際ブロックチェーンカンファレンス11月19日に開幕

nodetokyo_sponsors
初開催のNodeTokyoに協賛してくれたスポンサーのみなさま

本稿は11月18日から20日まで東京ミッドタウン日比谷で開催されるブロックチェーンカンファレンスNodeTokyo 2018編集部による寄稿

イベントサマリ:11月18日から20日までの3日間に渡り、東京ミッドタウン日比谷でブロックチェーンカンファレンス「NodeTokyo2018(主催:NodeTokyo 実行委員会)」が開催される。Ethereum Foundationをはじめ海外で注目を集める先端ブロックチェーン・プロジェクトが来日し、ハンズオンワークショップ、セッション、ミートアップなどのプログラムを提供する。本稿ではピッチステージに登壇するブロックチェーン・スタートアップ5社をご紹介する。(全プログラム、スピーカーについてはこちら)

今回初めてのイベントを開催するにあたり、協力してくれたスポンサーやコミュニティのみなさまに感謝する。現時点で参加者は企業、開発者、学生、スピーカーなどの関係者を合わせて500名ほどを予定している。

nodetokyo_community
協力してくれるメディア、コミュニティパートナーのみなさま

Kickback

プレゼンター: Makoto Inoue/イベントオーガナイザーのための参加者管理ツール。参加者はあらかじめデポジットとしてETHを支払い、ノーショー(ドタキャン)した場合はそれが回収される仕組み。

BlockBase

nodetokyo_pitch_002

プレゼンター: Taiji Sanagi/Originの使用しているERC725をわかりやすくゲーム化したもの。ERC725を利用した新しいゲームの設計について提案する。

DAPPFACE

nodetokyo_pitch_003

プレゼンター: Junichi Sugiura/暗号通貨時代のブルームバーグ・ターミナル

MyCryptoHeroes

nodetokyo_pitch_004

プレゼンター: Shun Ishikawa/歴史上のヒーローたちを集め、育て、バトルするブロックチェーンRPGゲーム。プレセールで約700ETHを売上、ベータテストも完了済み。11月末に正式リリース予定。

Getho

nodetokyo_pitch_005

プレゼンター: Daisuke Sato/かんたんにプライベートノードを立てることができるDappsなどの開発者向けツール

----------[AD]----------