CES 2019: ドクター・ショール、Wiivv Fitと共同で3D印刷の特注インソールを開発

SHARE:
wiivv-2
Wiivv
Image Credit: Wiivv

ドクター・ショール(Dr. Scholl’s)はフットケアで有名な会社だが、1月第2週から、Wiivv Fit との提携により3D 印刷されたインソールの取り組みを開始している。

ドクター・ショールは、ラスベガスで開催されているテクノロジーの見本市 CES 2019 の場で提携を発表した。これにより、Wiivv の3D 印刷によるインサート技術を活用して、足元をさらに快適にする特注インソールを販売するブランドとして利用されることになる。

Wiivv Fit はスマートフォンのアプリを使って、消費者に自身の足を測定してもらう。するとアプリは3D 印刷の特注インソールを発注・製造し、完成した製品が自宅に送られてくる。

wiivv
Wiivv はドクター・ショールと提携している。
Image Credit: Wiivv

ドクター・ショールの米国マーケティングディレクター Claudia F. Metcalf 氏は、声明で次のように述べた。

ドクター・ショールは、増加を続ける顧客向けに行うカスタマイゼーション(個人仕様化)の重要性をよく理解しています。最新サービスにより、顧客の足の正確な形を反映したインサートを、適切な場所、適切なサポートで製造することができるようになります。Wiivv Fit の技術を活用することでドクター・ショールの特徴でもある信頼性が高く快適なインサートに特注の3D 体験がもたらされます。自宅で注文ができる機能と併せ、プレミアムな個人仕様化という点で画期的なことです。

携帯電話で足のプロフィールをキャプチャーし、カスタマイズされた3D プリントのフットウェアを顧客向けに製造する機能においては、Wiivv Fitはパイオニア的存在だ。Wiivv Fit は3年前、CES の TechCrunch Hardware Battlefield で準優勝し、同時に、初めてながらも大きな成功を収めた Kickstarter キャンペーンで3D 印刷された特注のインソールを製造した。両社が初めて顔を合わせたのは CES だった。そのため、ここで提携の発表がなされたのももっともな話だ。

Wiivv の CEO Shamil Hargovan 氏は声明で次のように述べた。

Wiivv Fit で私たちが新たな境地を開いたのは、ドクター・ショールがその顧客事業をスケールさせ、特注生産のメリットを理解するようになった顧客のニーズに対応できるよう手助けすることです。当社はテック企業ですが、その存在意義は、特注製品を一つずつ作ることによって、アクティブで意味のある時間を生活にもたらすことです。それでお客様は動きやすく快適な最良の生活を送ることができます。ドクター・ショールと提携できたのは喜ばしいことです。真のカスタマイゼーションを推進していくのが楽しみです。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

----------[AD]----------