世界中の株式やETF、暗号通貨をビットコインでシームレスに買えるAbraーー5ドルから購入、155カ国で利用可能に

by Taishi Masubuchi Taishi Masubuchi on 2019.2.11

2019-02-10 8.55.34

ピックアップAbra App Unveils Apple Stock Price Exposure Pegged To Bitcoin

ニュースサマリー:オールインワンで暗号通貨ウォレット並びに取引所のサービスを提供する「Abra」が6日、ビットコインで世界中の株式またETFを購入可能なサービスを開始すると公表した。

Abraが公表したブログでは最低5ドルから株やETFに投資が可能で、世界155の国で利用可能になるという。また事前登録したユーザーに限り、2019年度における取引手数料が無料になる。株式はまず、FacebookやApple、AmazonそしてGoogleなどの大手中心に取り扱う。ETFについてはVanguard GrowthやS&P500などの提供が予定されている。

https://twitter.com/AbraGlobal/status/1093139786150248449

話題のポイント:日本からも海外株式やETFへの投資は可能です。しかし、日本の証券会社を通すと1回の取引に手数料がかかりますし、仮に、現地の証券会社に口座を開設した場合でも、現地通貨の銀行口座を用意したり、通貨の国際送金が必要があるなど、なかなか手間がかかります。

この解決に有効と言われているのがブロックチェーンです。

有価証券をトークン化することによる流動性の向上や、スマートコントラクトの実行による業務の簡略化、24時間トレーディング市場の実現など、今回発表があったAbra以外にもPolymathなど様々なプロジェクトがその実現へ向けて動いています。

Forbesの記事によれば、Abraの仕組み(特に株やETFなどの金融商品)は「crypto-collateralized contracts(暗号で担保された契約)」と呼ばれるオプションで、現在Abraが運用している暗号通貨と法定通貨のトレードと同様に購入可能になるようです。なので、おそらく法定通貨ー暗号通貨ー株ーETFなどの商品をスマホアプリひとつでシームレスに取引できるようになるのでしょう。

冒頭のAbraが示す画面イメージの通り、どこかで聞いたことはある企業の株式や暗号通貨、先物などの金融商品を容易に、しかも世界のどこからでも購入できる世界観はまさに、未来の金融の形を表してくれているのではないでしょうか。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------