15周年の「Baidu Map(百度地図)」、AIやARを活用した地図ビジネスの展望を披露

Image credit: Baidu(百度)

ピックアップ:十五周年亮利剑!百度地图专利数行业领先,AI相关专利超50%

ニュースサマリ:Baidu(百度)は8月27日、「百度地図(Baidu Map)」の15周年記念式典を開催した。15周年を記念した特別なアプリ内イベントでは、AI ツアーガイド体験やさまざまなアクティビティを通し、1億人民元(約15.5億円)分のギフトを配布したりと注目を集めた。

また、今後の AI 等を活用した展望についても同式典内で語られた。

Image credit: Baidu(百度)

詳細:Baidu Map Division General Manager(百度地図事業部総経理)の Li Ying(李瑩)氏は基調講演で、Baidu Map はグローバル相互接続1億5,000万セッション超、インテリジェントボイスアシスタントのユーザ実績4億人超を誇ることを明らかにした。また、毎日の位置情報リクエストが1,200億回、月間アクティブ端末デバイス11億台、登録済み開発者190万人に上ることをデータで説明した。

  • Baidu Map は、AR 徒歩ナビゲーション、インテリジェント音声アシスタント、予定到着時刻の予測、音声のカスタマイズ等、業界初の多くの機能を実装してきた。
  • 「Baidu Map Open Platform(百度地図開放平台)」により、開発者向けツールも展開され、ToC だけでなく、ToB にも拡張可能なビジネスを展開してきた。CBGS:ToC、ToB、ToG(Goverment)、ToS(Society)における成功サービスである。
  • Baidu Map では、今後ロボタクシーを地図からワンクリックで呼べる「ワンクリックコール(一鍵呼叫)RoboTaxi」、AI による室内ナビゲーション、スマート駐車ソリューションのアップグレード、スマートホームページ等の機能を開始し、AI 実装により今年は更にサービスを加速させるようになる。

背景:Baidu は事業の全てを AI に賭けると決め、5年で500万人のエキスパートを育てる等など、中国で最も注目すべき AI 企業のひとつである。

via Zhongguancun Online(中関村在線)

執筆:國本知里/編集:岩切絹代・増渕大志