筋肉観察でジェスチャー認識ーー産業作業員向けxR入力を開発する台湾「CoolSo」

SHARE:
Image Credit:CoolSo

CoolSoは筋肉の振動信号のバイオセンサーと信号処理にコアテクノロジーを持つ台湾のスタートアップです。Arm Cortex Mプロセッサと高感度モーションセンサーに基づいて、ジェスチャーと筋力レベルの両方を認識するために個々の筋肉活動を測定する技術の特許を取得しています。

装着デバイスがリストバンドで、ジェスチャー認識に専用グローブ、画像処理を要しないため産業用ユースケースで課題となっている環境干渉の影響を受けない入力方法として期待されています。

同様の課題を解決するアプローチとして、Wearable DevicesのMudraバンドがあります。こちらはバンドに搭載されているSNC(Surface Nervous Conductance)センサーが、末梢神経系の運動ニューロンを介して指に送る電気インパルスを検出し、AIアルゴリズムで相関する指の動き、指圧を判断しています。細かいハンドトラッキングを実現できていますが、ニューロ信号を検出できる部位でしか使用できないため、アプリケーションは限定されます。

Image Credit:CoolSo

その点、皮膚付近に筋肉がある腕、足、首などの部位も含めたジェスチャー認識ができるため筋肉信号バイオセンサーは多様性を維持します。CoolSoは将来のユースケースとして産業作業員のオペレーションを明示していますが、バーチャル空間への入力としても有用だと考えられます。

現状の課題は微小な筋肉信号を受信出来ていないことです。果たして単一デバイスでさりげないジェスチャーまで認識できるようになるのか、信号処理の技術開発が急がれます。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録