BRIDGE

タグ CES 2021

子どもの車内放置死を防ぐアラームシステム「Filo Tata」

ピックアップ:Filo’s Tata prevents parents from forgetting kids in car seats ニュースサマリ:イタリアのスタートアップFiloは、子どもが車内に置き去りにされた際にアラートを送るチャイルドシート用のパッドおよびバンドを開発し、1月11日〜14日にバーチャル開催されたCES2021でデモを行った。 詳細な情報:Filoは2014年にイタリ…

画像出典:Filo

ピックアップ:Filo’s Tata prevents parents from forgetting kids in car seats

ニュースサマリ:イタリアのスタートアップFiloは、子どもが車内に置き去りにされた際にアラートを送るチャイルドシート用のパッドおよびバンドを開発し、1月11日〜14日にバーチャル開催されたCES2021でデモを行った。

詳細な情報:Filoは2014年にイタリア・ローマにて創業。2014年に「Filo Tag」と呼ばれる鍵や財布といった貴重品に付けるためのBluetooth対応トラッカーを発売した。今回CESで発表されたチャイルドシート用アラートシステム「Tata」は2019年にイタリアで発売され、すでに100万台以上を販売しているという。同社は2020年4月に、250万ユーロの資金調達も完了している。

  • Tataは子どもが車内に放置された際、Bluetooth経由で親のスマートフォンにアラートを送る。チャイルドシートの上に置くパッド型と、ショルダーストラップに取り付けるバンド型がある。子どもがシートに座っているものの、親(のスマートフォン)がその場を離れてしまった場合に感知しアラートを送るという。
  • アラートは1回限りではなく、接続が失われた3分後に音声通知、4分後に電話、さらに7分後には親のスマートフォンとは別に登録した緊急連絡先へ電話で警告を行う。パッドは洗濯可能で、最大1年間使用可能な電池を使用している。
  • 同社はすでに世界30カ国で特許を取得しており、米国でも2021年第4四半期までの発売を予定している。
  • Tataの価格はバンドおよびパッドともに60ドルで、自社サイトだけでなくAmazonなどの代理店を通じても販売される予定だという。

背景:両親がいるにも関わらず車に放置したことを忘れる、という点で意外に思うかもしれないが、実際に事故は起きている。また、シッターなどに預けた場合のケースで両親に電話がかかるというのもポイントになるだろう。熱中症に関するデータサイトNo Heat Strokeの報告によると1998年〜2020年の間、アメリカでは毎年平均38人の子供が車内での熱中症で死亡している。日本でも、パチンコ業界団体らによる子どもの車内放置撲滅キャンペーンの報告によると平成20年(2008年)からの11年間で、ホール駐車場において8件の死亡事故が発生しているという。

執筆:平理沙子(Risako Taira)/編集:岩切絹代

2022年までに100台のロボットタクシー稼動を目指すMobileye(3/3)

SHARE:

(前回からのつづき)Mobileyeは既にその認識システムが信号機や標識を検出できることを実証しており、交差点での処理を完全に自律走行で対応できる。しかし、それは同社のRoad Experience Management(REM)テクノロジーによる交通機関や軌道交通の路線、および道路そのものの高解像度マップにも依存している。 Harvesting agentsというMobileyeが提供する先進的…

Mobileye

(前回からのつづき)Mobileyeは既にその認識システムが信号機や標識を検出できることを実証しており、交差点での処理を完全に自律走行で対応できる。しかし、それは同社のRoad Experience Management(REM)テクノロジーによる交通機関や軌道交通の路線、および道路そのものの高解像度マップにも依存している。

Harvesting agentsというMobileyeが提供する先進的な運転支援システムは、同社とデータを共有することに合意した自動車メーカーの車両に組み込まれており、走行経路の地理的情報やと周辺の目印となるものを含む地図データを収集してアップロードする。車両で処理を行うソフトウェアは、検出した周辺の目印をリアルタイムに記録し、保存し、注釈をつけマップ内で自動的にローカライズを行う。

Mobileyeは既に75億キロメートル(約46.6億マイル)以上の道路でデータを収集したと公表。 データの収集量は2024年までに現在の一日あたり800万キロから、1日あたり10億キロメートル(約6億2000万マイル)以上になると予想している。

Mobileyeは5月に9億ドルで買収したMobility-as-a-ServiceのスタートアップであるMoovitと提携し、Moovitのプラットフォームとアプリを使用して、LuminarのLiDARを搭載した車両でエンドツーエンドのライドヘイリング体験を構築することを目指している。同社は以前、2020年末までに、オープンロードテストの範囲をイスラエル、フランス、韓国などの国に拡大する予定であると述べていた。

Mobileyeは、2022年までにLiDARとレーダーを搭載した車両100台を展開するテルアビブを含め3つの主要都市でロボットタクシーの車両を配置することを目指している。ロボットタクシーのハードウェアコストは1台あたり1万ドルから2万ドルだ。 Shashua氏は最近ロイターに対して、Mobileyeは最終的にはLuminarのユニットではなく、周波数変調連続波技術に基づいた自社開発のLIDARセンサーの搭載が可能になるだろうと語った。

自社開発のセンサーは、Intelのシリコンフォトニクス製造による専門技術の恩恵が受けられる上、ディーラーで車を購入する消費者向け自動車として十分な低コスト化が実現できる。 Mobileyeは2025年までに自動運転システムのコストを5,000ドル未満にするつもりだ。

当面の間、同社はイスラエルで目的地の間を無制限に移動できる車両を数十台展開しその後イスラエル全土に拡大することを計画している。これは、Beijing Public Transport Corporation(北京公共交通集団)とBeijing Beytai(北太智能)との提携によるMobileyeの中国をベースにしたサービスの開始やドバイ、大邱市でのサービスと並行して実行される可能性も考えられる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

自動運転車のMobileyeが誇るセンサーシステム(2/3)

SHARE:

Custom sensors (前回からのつづき)Intelが2017年3月に153億ドルで買収したMobileyeは、2つの独立した自動運転システムを構築している。 1つはカメラをベースにしたもので、もう1つはレーダー、LiDARセンサー、モデム、GPS、およびその他のコンポーネントを組み込んでいる。前者はMobileye社のEyeQ5 SoCで11台のカメラを処理し、LiDARとレーダーによる…

Mobileyeが公表しているロードマップ

Custom sensors

(前回からのつづき)Intelが2017年3月に153億ドルで買収したMobileyeは、2つの独立した自動運転システムを構築している。 1つはカメラをベースにしたもので、もう1つはレーダー、LiDARセンサー、モデム、GPS、およびその他のコンポーネントを組み込んでいる。前者はMobileye社のEyeQ5 SoCで11台のカメラを処理し、LiDARとレーダーによる冗長性も備えている。 Shashua氏によれば、次世代チップである7ナノメートル製造プロセスを採用したEyeQ6は2023年に登場予定で、引き続きTSMC(台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング)によって製造される。

Mobileyeのシステムは、8台のカメラ、12個の超音波センサー、前面レーダーを車載コンピューターと組み合わせて使用することで一定レベルの高速自律性を実現するTeslaのオートパイロットと同様だ (Teslaは「通常の運転操作中」に数十万台の顧客所有車両から匿名化されたデータを収集することにより、車の自律機能を「シャドーテスト」する)。ただし、CEOのElon Musk氏はレーザーベースのセンサーを「(自動運転車にとっての)松葉杖」と呼び、Tesla車にはLiDARが搭載されていない 。

MobileyeのLiDAR用SoCは、デジタルおよび「最先端の」信号処理、さまざまなスキャンモード、豊富なローデータの検出、マルチフレームトラッキングを備えている。同社は、AIアルゴリズムを使用し自社テクノロジーでコンピューティング要件を削減することで、自動運転車が毎秒最大50万件の検知が可能になると主張している。

Shashua氏は「これは本当にゲームチェンジャーになります」と2025年に市場に投入される予定のLiDAR SoCについて述べた。「私たちはそれをPIC(Photonic Integrated Circuit:フォトニック集積回路)と呼んでいます。 PICには184本の垂直線があり、それらを一度に光学スキャンします。これが可能な製造設備を持っていることは非常にまれです。そのため、このようなLiDARを用いたシステムを構築することがMobileyeとIntelに大きなメリットをもたらします」。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

自動運転車のMobileye、東京含む4都市でテスト走行へ(1/3)

SHARE:

オンラインで開催されたConsumer Electronics Show(CES)では本日(訳注:1月11日)、Intelの子会社であるMobileyeが自動運転車の技術をテストする予定の4つの場所を新たに発表した。Mobileyeの共同創設者であるAmnon Shashua氏は記者とのブリーフィングの中で、Mobileyeの車両は2020年後半にデトロイトで自動運転を開始し、2021年前半に東京…

オンラインで開催されたConsumer Electronics Show(CES)では本日(訳注:1月11日)、Intelの子会社であるMobileyeが自動運転車の技術をテストする予定の4つの場所を新たに発表した。Mobileyeの共同創設者であるAmnon Shashua氏は記者とのブリーフィングの中で、Mobileyeの車両は2020年後半にデトロイトで自動運転を開始し、2021年前半に東京、上海、パリ、そして場合によってはニューヨーク市(規制関連でペンディング中)の道路を走行する予定であることを明らかにした。

さらに同氏はMobileyeが開発中のレーダーとLiDARによる新しいセンサー技術についても触れ、これはトラックの死角にいるバイクの運転手のような近くて「強い」ターゲットが存在する状況下でも、遠く離れた弱いターゲットが検出できると説明した。

新型コロナウィルスの流行とその影響(テストの遅延も含む)により、企業の合併やローンチの延期、キャンセルなど自動運転車業界全体に混乱が生じている。Fordは、自動運転サービスの発表を2021年から2022年に延期、 WaymoのCEOであるJohn Krafcik氏は、ニューヨークタイムズ紙にパンデミックにより作業が少なくとも2か月遅延したと語る。Amazonは自動運転車のスタートアップZooxを13億ドルで買収した。

Boston Consulting Groupの最高経営責任者であるBrianCollie氏によると、自動運転車の広範な商業化は、2025年または2026年までは実現しないだろう(少なくとも当初の予想より3年以上遅れている )とのことだ。

この世界的な健康危機によりMobileyeエンジニアのすべての出張が制限されてしまった一方、チームは2020年にミュンヘンとデトロイトで2つのまったく新しいパイロットプログラムを開始している。ドイツの第三者認証機関であるテュフズードは7月、都市部や農村部、アウトバーンを含むドイツの公道で自動運転車を最大時速130 km(〜80マイル)で走行する許可を与えることをMobileyeに提案した。 6カ月間にわたって氷と雪の中で同社の製品をテストすることを目的とするミシガン州でのパイロットプログラムは、昨年11月に州知事のGretchen Whitmer氏によって発表されている。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

新GPUアプデの「Razer Blade 15」と「Razer Blade Pro 17」は1,700ドルから【CES 2021(5/5)】

SHARE:

Razer Blade 15とRazer Blade Pro 17 (前回からのつづき)現実世界に話を戻そう。RazerはNvidiaの新GPU、「30」シリーズでグレードアップしたゲーミング用ノートパソコンの「Razer Blade 15」と「Razer Blade Pro 17」も発表した。CES 2021では、同社はこれらのノートパソコンをリフレッシュレートと解像度の高い新ディスプレイのオプ…

Razer Blade 15
Image Credit: Razer

Razer Blade 15とRazer Blade Pro 17

(前回からのつづき)現実世界に話を戻そう。RazerはNvidiaの新GPU、「30」シリーズでグレードアップしたゲーミング用ノートパソコンの「Razer Blade 15」と「Razer Blade Pro 17」も発表した。CES 2021では、同社はこれらのノートパソコンをリフレッシュレートと解像度の高い新ディスプレイのオプションとともに披露した。価格は1,700ドルからとなっている。

Blade 15とBlade Pro 17のGPUの選択肢は、Nvidia GeForce RTX 30シリーズから旗艦モデルのNvidia GeForce RTX 3080までとなっている。最新モデルはエネルギー効率が旧バージョンの2倍近くまでアップした。Whisper Mode 2.0は作動音の制御が改善され、静かな環境でプレイできる。

Blade 15 アドバンストモデルの15.6インチディスプレイには初めてオプションがつく予定で、360Hz フルHD、240Hz QHD(Nvidia G-Sync対応)、広色域の60Hz UHD 有機ELの3種類となっている。Blade Pro 17の17.3インチディスプレイにも360Hz フルHD、165Hz HD、120Hz UHDの3種類のオプションがある。

Razer Blade Pro 17
Image Credit: Razer

高リフレッシュレートのフルHDディスプレイは勝利のために高速フレームレートが欠かせないようなハードコアゲーマー向けだ。Blade Pro 17は市場で最も薄型の17インチゲーミングノートパソコンのひとつで、厚さはわずか19.9ミリとなっている。

加えて、Razer BladeのTHX Spatial Audioは、アナログのヘッドフォンやスピーカーなどどんなデバイスでも映画や音楽、ゲームを楽しむユーザに360°の没入型立体音響を提供する。これらのノートパソコンは第1四半期に出荷が始まる予定だ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

60インチロールディスプレイ装着のゲーミングチェア「Project Brooklyn」は没入型体験を提供へ【CES 2021(4/5)】

SHARE:

(前回からのつづき)ゲーミングチェア「Project Brooklyn」のコンセプトデザインは、PCと家庭用ゲーム機の両方で没入型体験を提供することだ。「Project Brooklyn」はカーボンファイバーとRGB照明を備えている。60インチのロールディスプレイでパノラマビュー体験を提供するゲームステーションだ。シートには触覚フィードバックも組み込まれている。4Dアームレストには調節可能なテーブ…

Razerのゲーミングチェア「Project Brooklyn」
Image Credit: Razer

(前回からのつづき)ゲーミングチェア「Project Brooklyn」のコンセプトデザインは、PCと家庭用ゲーム機の両方で没入型体験を提供することだ。「Project Brooklyn」はカーボンファイバーとRGB照明を備えている。60インチのロールディスプレイでパノラマビュー体験を提供するゲームステーションだ。シートには触覚フィードバックも組み込まれている。4Dアームレストには調節可能なテーブルもついている。

チェアの足元にはケーブルルーティングが可能で、このデザインは「Razer Raptor」モニタを彷彿とさせる。60インチのフルサラウンドOLEDディスプレイは、使わないときはチェアの背もたれに格納されているが、ボタンひとつで展開し、パノラマ体験を提供する。

左右の4Dアームレストにはそれぞれ折りたたみ式のテーブルが収納されている。人間工学的な設計により、マウスとキーボードを使うPCゲームと、家庭用ゲーム機の切り替えが容易だ。キーボードとマウスを使うときは左右のアームレストからテーブルを引き出し、使わないときは半分ずつしまっておくことができる。

CES 2019で紹介されたRazerのオーディオ駆動型触覚フィードバックのプロトタイプが成功し、これに基づいた新しいRazer HyperSenseがチェア全体に組み込まれ、究極の触覚的な没入感を実現する。忠実度の高いモジュールが独立してアクティベートされ、ゲームのプレイ中、非常に感度の高い振動を起こし、まさに水に飛び込んだり地面に着地したりするような没入感を生み出す。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

Razerが本気を出して次世代のスマートマスク開発【CES 2021(3/5)】

SHARE:

(前回からのつづき)スマートマスクの「Project Hazel」は、使い捨てマスクによる廃棄物を減らすために、交換可能・再充電可能なディスク型のベンチレーターを使用している。ワイヤレス高速充電器はデュアルパーパスで、UVライトによってこのベンチレーターの細菌やウイルスを殺菌・消毒する。 充電レベルを示す照明インジケーターもあり、バッテリーはフル充電で終日使用できるほど長持ちだ。防水性・耐傷性に優…

Razerのスマートマスク
Image Credit: Razer

(前回からのつづき)スマートマスクの「Project Hazel」は、使い捨てマスクによる廃棄物を減らすために、交換可能・再充電可能なディスク型のベンチレーターを使用している。ワイヤレス高速充電器はデュアルパーパスで、UVライトによってこのベンチレーターの細菌やウイルスを殺菌・消毒する。

充電レベルを示す照明インジケーターもあり、バッテリーはフル充電で終日使用できるほど長持ちだ。防水性・耐傷性に優れ、リサイクル可能なプラスチックで作られているため使い捨てマスクによって生じる廃棄物を抑えることができる。

内側はシリコンで裏打ちされており、アクティブな空冷・空調により新鮮な空気を取り込み、二酸化炭素を排出する。耳にかけるループの部分は長さ調整が可能で、気密性が高く、口を塞ぐことなくぴったりと顔にフィットさせることができる。

エンターテインメント性を高めスタイリッシュに着用するために、2つのRazer Chromaが搭載されており、ユーザーはこれらをカスタマイズして1,680万色の光の色とダイナミックな照明効果を楽しむことができる。Razerはこれからも取り組みを続ける計画だ。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

Razerが本気を出して次世代のスマートマスク開発【CES 2021(2/5)】

SHARE:

Project Hazel (前回からのつづき)パンデミックの初期から、Razerは新型コロナウイルスとの戦いに前向きな姿勢を取りつづけてきた。製造施設の一つを認定医療用マスクの生産拠点に変え、Razer Healthイニシアチブのもと、数百万点のマスクを医療最前線へ寄付した。 このイニシアチブから自然な流れとして進化したのがスマートマスク「Project Hazel」だ。Razerのこのマスクは…

Razerのスマートマスク「Project Hazel」
Image Credit: Razer

Project Hazel

(前回からのつづき)パンデミックの初期から、Razerは新型コロナウイルスとの戦いに前向きな姿勢を取りつづけてきた。製造施設の一つを認定医療用マスクの生産拠点に変え、Razer Healthイニシアチブのもと、数百万点のマスクを医療最前線へ寄付した。

このイニシアチブから自然な流れとして進化したのがスマートマスク「Project Hazel」だ。Razerのこのマスクは、予期しない健康リスクへの衛生面での予防がますます重要となっている現在の状況に対応するだけでなく、使い捨てマスクによる環境問題にも対処する。

マスクのコンセプトデザインでは、取り外しおよび充電が可能なアクティブベンチレーターと「Smart Pods」を使用して、最適な通気性を確保し気流を調整するN95医療グレードの保護マスクとなっている。「Smart Pods」の細菌ろ過効率(BFE)は高く、空中に浮遊する粒子の95%以上を捕集し、高い流体抵抗を備えるとRazerは述べている。

社会的なやりとりの質を向上させるために、Project Hazelは透明なデザインとなっており、周囲の人は微笑か笑顔かといった表情の違いを見ることができる。また、聴覚の不自由な人が読唇術によって話していることを読み取ることもできる。暗い場所では内蔵の照明が自動的に点灯するため、着用者は照明条件に左右されずにはっきりを表情を見せることができる。

さらに、マスクだと声が届かなくなる可能性もあるため、新しい「Razer VoiceAmp Technology(特許出願中)」が内蔵のマイクとアンプを使ってユーザの話し声を増幅し、社会的に安全な状況下で明瞭なコミュニケーションを可能にする。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

Razerが新作ゲーミングチェアやラップトップなどを公表【CES 2021(1/5)】

SHARE:

Razerはスマートマスク、新型ゲーミングチェア、NvidiaのGPU「GeForce RTX 30」シリーズを搭載した2タイプの新型Razer Bladeノートパソコンを発表した。ゲーマー向けブランドである同社は、バーチャル開催されたテクノロジー見本市「CES 2021」で発表を行なった。ゲーミングチェアは「Project Brooklyn」、スマートマスクは「Project Hazel」と呼ば…

Razerの新型ゲーミングチェアのコンセプトアート
Image Credit: Razer

Razerはスマートマスク、新型ゲーミングチェア、NvidiaのGPU「GeForce RTX 30」シリーズを搭載した2タイプの新型Razer Bladeノートパソコンを発表した。ゲーマー向けブランドである同社は、バーチャル開催されたテクノロジー見本市「CES 2021」で発表を行なった。ゲーミングチェアは「Project Brooklyn」、スマートマスクは「Project Hazel」と呼ばれている。

Razerの設計・エンジニアリングチームはコンセプトデザインに対するコミュニティからのフィードバックを評価し、Razerの今後の製品ポートフォリオに生かす。初期のコンセプトデザインは市場に出ないとしても一部の要素が製品に反映される。

スマートマスクは新しい社会的課題として日常的に身につける上での利便性を上げることを目指している。新型のゲーミングチェアは変形可能で、フレキシブルなフォームファクタで提供する触覚、グラフィックス、照明により本格的な没入感をもたらす。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

CES2021はバーチャル開催へ:ビッグテックと規制のゆくえ/Gary Shapiro氏インタビュー(6/6)

SHARE:

(前回からのつづき) Shapiro氏:世の中にはつねに新しいニュースが生まれてきます。大統領がベトナム製品に関税をかけるかどうかについては、多くの人が心配しています。あれは突然のことでした。2年前、ベトナムは為替操作国とされ、年末までに公聴会が行われるようです。知っていますか?政権交代の間際になって多くの政策が発生する可能性もあります。 VentureBeat:最近注目されている企業はたくさんあ…

CES 2019のシンボル
Image Credit: Dean Takahashi

(前回からのつづき)

Shapiro氏:世の中にはつねに新しいニュースが生まれてきます。大統領がベトナム製品に関税をかけるかどうかについては、多くの人が心配しています。あれは突然のことでした。2年前、ベトナムは為替操作国とされ、年末までに公聴会が行われるようです。知っていますか?政権交代の間際になって多くの政策が発生する可能性もあります。

VentureBeat:最近注目されている企業はたくさんあります。CESでそういったものを見られますか

Shapiro氏:間違いなく見られますよ。大勢のCEOと話をしてきましたが、彼らはすべてのことを企業の立場から教えてくれます。CESはイノベーションに焦点を当てたショーであり、開会基調講演でも述べるように、分野を超えてさまざまな業種を扱っています。そのため、デジタル会場を作るに当たり、ある業界やある企業から、別の業界や別の企業へと、どのようにして情報をつなぐかについて話し合いました。CESの価値はここにあります。さまざまな業界、さまざまな企業の代表者たちと話し合ってきましたが、彼らはこのことを強調しています。

他の分野では大手市場リーダーのいくつかがデジタル会場を使用することを選んでいます。農業であろうと製造業であろうと、有名なところがです。驚くような業界のリーダーが。

VentureBeat:規制に関して注目しているものはありますか

Shapiro氏:訴訟の数で言えば、政府から訴えられる会社のニュースは毎日のようにありますね。多くが収益性の高い企業たちです。米国企業を困らせたい欧州の規制当局の大好物です。米国の労働者、株主、年金基金はそうした企業に依存しています。彼らは株式市場を高く保っています。曖昧な法律でトップ企業を攻撃することは、独特な戦略のように思えます。話を戻すと、FTCの召喚状のようなさまざまな要求が企業を数年間も活動不能にします。数年前、Microsoftにもそのようなことが起こり、数年間立ち止まったままになってしまいました。あまりいい考えとは思えません。

セクション230は明らかに最優先事項です。私たちはコンシューマーとして食べるもの、行く場所など非常に多くのものごとをFacebookやGoogle、その関連会社、評価会社に結びつけ、そして依存しています。率直に言って政策立案者は現実からかけ離れています。共和党と民主党は不当に扱われたと考えて一部の企業に対して憤慨していますが、大半のアメリカ人がコメントしたりすることが大好きだという事実を忘れているようです。Facebookをはじめ、企業はすばらしい仕事をしています。国務省にすべての(企業のソーシャルプラットフォームに掲載された政治広告と)政綱を審査させ、政治広告が正確かどうかを判断させることを望んでも不可能でしょう。そして、憲法上の影響が圧倒的に大きいことは明らかです。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】