新GPUアプデの「Razer Blade 15」と「Razer Blade Pro 17」は1,700ドルから【CES 2021(5/5)】

SHARE:
Razer Blade 15
Image Credit: Razer

Razer Blade 15とRazer Blade Pro 17

(前回からのつづき)現実世界に話を戻そう。RazerはNvidiaの新GPU、「30」シリーズでグレードアップしたゲーミング用ノートパソコンの「Razer Blade 15」と「Razer Blade Pro 17」も発表した。CES 2021では、同社はこれらのノートパソコンをリフレッシュレートと解像度の高い新ディスプレイのオプションとともに披露した。価格は1,700ドルからとなっている。

Blade 15とBlade Pro 17のGPUの選択肢は、Nvidia GeForce RTX 30シリーズから旗艦モデルのNvidia GeForce RTX 3080までとなっている。最新モデルはエネルギー効率が旧バージョンの2倍近くまでアップした。Whisper Mode 2.0は作動音の制御が改善され、静かな環境でプレイできる。

Blade 15 アドバンストモデルの15.6インチディスプレイには初めてオプションがつく予定で、360Hz フルHD、240Hz QHD(Nvidia G-Sync対応)、広色域の60Hz UHD 有機ELの3種類となっている。Blade Pro 17の17.3インチディスプレイにも360Hz フルHD、165Hz HD、120Hz UHDの3種類のオプションがある。

Razer Blade Pro 17
Image Credit: Razer

高リフレッシュレートのフルHDディスプレイは勝利のために高速フレームレートが欠かせないようなハードコアゲーマー向けだ。Blade Pro 17は市場で最も薄型の17インチゲーミングノートパソコンのひとつで、厚さはわずか19.9ミリとなっている。

加えて、Razer BladeのTHX Spatial Audioは、アナログのヘッドフォンやスピーカーなどどんなデバイスでも映画や音楽、ゲームを楽しむユーザに360°の没入型立体音響を提供する。これらのノートパソコンは第1四半期に出荷が始まる予定だ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】