自動車サブスク運営のナイル、エクイティとデットで最大50億円超を資金調達

SHARE:
Image credit: Nyle

新車や中古車の「おトクにマイカー 定額カルモくん(以下、カルモと省略)」を展開するナイルは18日、直近のラウンドで約37億円を調達したことを明らかにした。

このラウンドに参加したのは、DIMENSION、JIC ベンチャー・グロース・インベストメンツ、環境エネルギー投資、博報堂 DY メディアパートナーズ、SBI グループ、日本ベンチャーキャピタル、グリーベンチャーズ、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム、その他個人投資家。なお、複数金融機関から合計13億円を上限とする融資契約を締結したことも明らかにした。

これより前、同社は2019年4月にスパークス・グループ(東証:8739)、SBI グループ、AOKI グループなど複数の投資家から約15億円を調達している。同社のエクイティによる累積調達金額は55.7億円。

ナイルは2018年1月にカルモをローンチ。月額1万円台から新車が持てるサービスを完全非対面のインターネット販売で展開、サービス開始から3年間で累計45,000件に及ぶサービス申込を獲得している。

今回の資金調達を受けて、ナイルではマーケティング活動を強化し、自動車整備工場や自動車ディーラー、サービスステーションなどとアライアンスを強化し、各事業との親和性が高い企業の M&A を検討するとしている。

via PR TIMES