Epic Games「MetaHuman Creator」:デジタル人類はどう作る(2/3)

SHARE:
MetaHuman Creatorはさまざまなキャラクターを作成できる
Image Credit: Epic Games

どうやって作るのか

(前回からのつづき)MetaHuman Creatorを使用すると、ユーザーは直感的なワークフローで新しいキャラクターを簡単に作成でき、望み通りに変形させたり作り込んだりすることができる。MetaHuman Creatorはライブラリ内のサンプルをデータ制約に基づいた適切な方法でブレンドし調整していく。ユーザーは、データベースの幅広いサンプルからデジタルヒューマンに使いたい顔のプリセットを選択するだけで作業を始めることができる。

ユーザーは、Unreal Engineのストランドベースのヘアシステムまたはローエンドプラットフォーム用のヘアカードを使用したさまざまなヘアスタイルを応用することができる。開発者は、18種類のプロポーションを持つボディからピックアップし、服装も選べる。準備が整ったら、ユーザーはQuixel Bridgeから完全にリギングされLODを備えたアセットをダウンロードする。すぐにUnreal Engineでアニメーション化したりモーションキャプチャしたりできる。また、メッシュ、スケルトン、フェイシャルリグ、アニメーションコントロール、マテリアルなどのソースデータをMayaファイル形式で入手することもできる。

Unreal Engineでは、幅広いパフォーマンスキャプチャツールを使ってデジタルヒューマンアセットをアニメーション化できる。ユーザーはUnreal EngineのiOSアプリ「Live Link Face」を使用できるが、現在Epicはベンダーと協力してARKitFacewareJALI Inc.Speech GraphicsDynamixyzDI4DDigital DomainCubic Motionのサポートに取り組んでいる。ユーザーは手作業でキーフレームを作成することもできる。あるMetaHuman用に作成したアニメーションは他のMetaHumanに対しても実行できるので、ユーザーは1つのパフォーマンスを複数のUnreal Engineキャラクターやプロジェクトに簡単に再利用できる。

MetaHuman Creatorにはリアルな服装オプションがあり、自由に選べる。着せ替え機能はまだ初期段階だが、Unreal Engine 4.26.1と互換性のあるサンプルをダウンロードすれば方向性が見えてくるはずだ。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録