Epic Games「MetaHuman Creator」:1時間以内に創造される「デジタル人類」(1/3)

SHARE:
EpicのMetaHuman Creatorならわずかな時間でリアルな顔を作成できる
Image Credit: Epic Games

Epic Gamesはブラウザベースの新作アプリ「MetaHuman Creator」を発表した。MetaHuman Creatorを使えば、ゲーム開発者やリアルタイムコンテンツのクリエイターはデジタルヒューマンの構築にかかる時間を数週間から1時間以内へと短縮可能だ。

本記事の画像を見ればわかるように、このツールは非常にリアルな人間のキャラクターを作成できる。

MetaHuman Creatorは、「Unreal Engine Pixel Streaming」と呼ばれるテクノロジーを備えたEpic Unreal Engineを介してクラウドで実行される。デジタルヒューマン作成の複雑なプロセスをスピードアップさせるだけでなく、チームはより簡単にスケールし、次世代プラットフォームやハイエンドのバーチャルプロダクションのニーズに合致したさまざまなタイプのキャラクターを作ることもできる。

Epic GamesのCTOであるKim Libreri氏はGamesBeat宛のeメールでこう語った。

「MetaHuman Creatorを使えば、クリエイターは高品質なデジタルヒューマンを簡単に作成し、Unreal Engineに投入し、半ダース以上のソリューションでただちにアニメーション化できます。

通常、写実的なキャラクターを作成するには数週間から数ヶ月かかりますが、このツールを使えば作業時間はわずか数分にまで短縮します。もちろん、好きなだけ時間をかけて望み通りのキャラクターを正確にカスタマイズすることもできます」。

MetaHuman Creatorはテレビ業界や映画業界に需要があるかもしれないが、専門的なテレビ番組や長編映画のプロジェクトで「不気味の谷」を超える(つまり、いくらかの欠陥はあっても本物のように見える)キャラクター向けには設計されていない。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録