インフキュリオン、カード発行プラットフォームをマネフォの事業用プリペイドカード向けに提供——独自与信限度額設定などが可能に

SHARE:
Image credit: Money Forward

インフキュリオンは22日、同社のカード発行プラットフォーム「Xard(エクサード)」をマネーフォワードの事業用プリペイドカード「マネーフォワード ビジネスカード」向けに提供すると発表した。Xard は昨年10月、インフキュリオンが Kyash から譲受した「Kyash Direct」を前身とするプラットフォームだ。今回の連携により、マネーフォワード ビジネスカードで決済されたデータを「マネーフォワード クラウド」に即時反映することが可能になる。

Xard は RESTful API/SDK 経由により、イシュイング(カード発行)・プロセシング(決済)・プログラムマネジメント(運営)をワンストップで提供。カードに複数のファンディングソース(デビットカードであれば引落に使う残高のある銀行口座、クレジットカードであれば与信枠など)を引き当て、用途別、決済金額の規模など条件に応じて、ファンディングソースをダイナミックに切り替えできる。また、自社ブランドのバーチャルおよびリアルの Visa カード発行(バーチャルの場合は即時発行)も可能だ。

Image credit: Money Forward

マネーフォワードでは現在、マネーフォワードの決済取引情報とマネーフォワード クラウド上の会計データ、連携している銀行口座の残高や入出金履歴をもとに独自の与信審査を行い、事前チャージ不要で決済が可能になる「後払い機能」をクローズドβ版として提供している。一般的なクレジットカード会社とは異なり独自アルゴリズムを使った審査を行うため、高額な与信限度額を設定することができるようになるという。形を変えた事業者向けの BNPL(Buy Now, Pay Later)サービスの布石と見ることもできるだろう。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録