東南アジアのフリマアプリ「Carousell」、スニーカーマーケットプレイス「Ox Street」を買収

SHARE:
左から:Ox Street の創業者兼 CEO のGijs Verheijke 氏、Carousell の共同設立者兼 CEO の Quek Siu Rui 氏
Image credit: OxStreet, Carousell

シンガポールを拠点とする大手クラシファイドグループ Carousell Group は、東南アジアで本物のスニーカーやストリートウェアを扱うオンラインマーケットプレイス「Ox Street」を非公開額で買収した。これは、Carousell が韓国の PE 企業である STIC Investments がリードした1億米ドルの投資ラウンドを受け、ユニコーンになってから数週間後のことだ。

今回の買収により、Carousell は、大規模な東南アジアにおけるリコマースの成長を加速させることができる。買収後、シンガポールを拠点とする Ox Street は、そのブランド、プラットフォーム、チームを維持する。

Carousell はまた、Ox Street のリーチと規模を深め、ファッションおよび高級品市場のリーダーになることを意図している。また、両マーケットプレイスは、スニーカーや、Z 世代のトレンドに牽引されたより多くの新興カテゴリにおいて、大東南アジア市場の成長を取り込むことができる。

2019年11月に設立された Ox Street は、中古品の売買を「高級品のEコマースと同じくらいシームレス」にすることを目指している。買い手に届く前に、すべてのスニーカーを検査し、認証を行っている。Ox Street は、2025年に1,280億米ドルをファッションに費やすと予想される、東南アジアの8,500万人の Z 世代および Y 世代の消費者に焦点を当てている。同社は、東南アジアの5つの市場で事業を展開している。

Carousell によると、先進的で直感的なテクノロジー、広範なリーチ、幅広いカテゴリーでのマーケットプレイスの流動性を備えている。これらの機能とOx Streetの認証機能を組み合わせることで、中古品の取引が中古品を買うのと同じくらい便利で信頼できる体験を提供するという相互の目標をさらに推し進めることができる。

Carousell の共同設立者兼 CEO の Quek Siu Rui 氏は次のように語った。

今回の買収により、Ox Street の能力とその学習成果を当社の再コマースの取り組みに生かすことができ、非常に大きな可能性を感じている。また、中古品を最初の選択肢にするという共通のビジョンを加速するために力を合わせることができると考えている。

Ox Street の創業者兼 CEO のGijs Verheijke 氏は次のように語った。

両社が注力する市場はほぼ1対1で一致しており、これらの市場において Carousell は、スニーカーとストリートウェアの最初のマーケットプレイスであり、現在も最大のマーケットプレイスだ。Carousell のリーチと技術力をもってすれば、Ox Street のイノベーション能力を高め、より多くの買い手と売り手にアプローチすることができる。

2012年8月にシンガポールでスタートした Carousell は、アジアの8つの市場で展開している。昨年9月の時点で、東南アジア、台湾、香港で2億5,000万件以上の出品があった。Carousell では、自動車、ライフスタイル、ガジェット、ファッションアクセサリーなど、さまざまなカテゴリの多様な商品を扱っている。また、Cho Tot(ベトナム)、Mudah(マレーシア)、OneKyat(ミャンマー)、Revo Financial(シンガポール)を所有・運営している。

Carousell社は創業以来、複数のラウンドを通じて2億6,000万米ドル以上を調達した。それには、2020年9月の企業連合からの8,000万米ドルの調達、2019年4月の OLX からの5,600万米ドルの調達が含まれる。Carousell の他の投資家には、Telenor Group、Rakuten Ventures、Sequoia India、Naspers などがいる。

2019年には、マレーシア、ベトナム、フィリピンでのリーダーシップを加速させるために、ノルウェーの通信事業者 Telenor Group が所有するクラシファイド企業 701SearchOLX Philippines などの買収を相次いで行った。ブルームバーグは6月、Carousell は特別目的買収会社との合併によりアメリカでの上場を検討していると、消息筋の話を報道した。早ければ今年末にも上場する可能性がある。

【via e27】 @E27co

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録