アジアの総合格闘技興業ユニコーンOne Championship、リアリティショーやeスポーツにも進出

SHARE:
Image credit: One Championship

アジアの総合格闘技(MMA)プロモーターで、スポーツメディアを所有する One Championship は、1億5,000万米ドルの資金調達ラウンドをクローズした。カタール投資庁と、Guggenheim Partners の資産管理・投資顧問子会社 Guggenheim Investments がこのラウンドを共同リードした。

調達した資金により、シンガポールを拠点とする One Championship は、リアリティショーやライブファイト、e スポーツトーナメントなどのエンターテインメント事業など、提供するコンテンツの多様化を図ることができる。 アジア以外への拡大戦略の一環として、同社は、ライバルである Ultimate Fighting Championship の本拠地であるアメリカ市場への進出を視野に入れている。

One Championship は6月、Sequoia Capital、Iconiq Capital、Temasek から3億4,600万米ドルを調達したばかりだ。Financial Times は、この調達によって One Championship の評価額が10億米ドルに達したと報じている。VentureCap Insights のデータによると、Temasek と Sequoia が今月初め、1億7,900万米ドル相当のコンバーチブルノートを株式転換したと報じられている。

One Championship は、Group ONE Holdings が所有・運営し、ハーバード大学を卒業した起業家で生涯武道家の Chatri Sityodtong 氏が2011年に設立した会社だ。現在までに、150カ国以上、27億人以上の観客にスポーツ番組を放送してきたという。

リアリティーショー「The Apprentice」の出演者と、One Championship CEO の Chatri Sityodtong 氏(中央)
Image credit: One Chamipionship

One Championship は最近、新型コロナウイルスの感染拡大による逆風に対処するため、テレビのリアリティショーに進出、「The Apprentice」の第1シーズンの放映を開始した。また、2022年第1四半期に Netflix で「ONE Championship Edition」を配信した。

さらに、eスポーツにも進出している。今年初めに放送した「ONE E-sports Dota 2 Singapore Major」は、2億7,400万人の視聴者を集めた。同社は、ソーシャルメディア、アスリート関連のストーリー、NFT(非代替トークン)などのデジタルマーチャンダイジングを通じて、新しい視聴者を魅了する計画だ。

Bussiness Times によると、One Championship は今年、前年の8,350万米ドルの赤字から一転して、3億4,060万米ドルの黒字を計上したとのことだ。しかし、この現象は、2020年に設立された Group ONE のアメリカ子会社への知的財産権の売却による4億米ドルの収益が原因であるという。

Verified Market Research が最近発表したレポートによると、世界のスポーツオンラインライブビデオストリーミング市場規模は2020年に181億米ドルで、2028年には873億米ドルに達し、2021年から2028年の期間に CAGR(年平均成長率)は21.26%に達すると予測されている。

【via e27】 @E27co

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録