総合格闘技興行会社のOne Championship、Temasekらから1億7,900万米ドルを調達

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


VentureCap Insights のデータによると、アジアの総合格闘技(MMA)企業である One Championship は、最新の資金調達ラウンドで、シンガポールの国有投資会社である Temasek やアメリカのVCである Sequoia などの投資家から1億7,900万米ドルを調達した。

Photo credit: One Championship

Tech in Asia は、One Championship に今回の資金調達の詳細について問い合わせている。

One Championship は、アジアを代表する総合格闘技の事業体であると称しており、150カ国以上の27億人以上の潜在的な視聴者に向けて総合格闘技を放送している。世界の総合格闘技の市場は、2021年から2026年にかけて、年複利成長率6.1%で成長すると予想されている。

One Championshipは、ハーバード大学を卒業した Chatri Sityodtong 氏によって2011年に設立され、同社を1,000億米ドル規模のグローバルスポーツプラットフォームに成長させることを目指している。2018年に Sequoia、Iconiq Capital、Temasek といった企業から3億4,600万米ドルの投資を獲得し、10億米ドルの評価を受けていた。

同社は今週、2億3,890万シンガポールドル(約200億円)相当の新株を発行し、評価額を12億米ドルに引き上げたと報じられている。しかし、VentureCap によると、One Championship の評価額は「はるかに高く」13億米ドル近くになるとのことだ。

このラウンドに参加した、Temasek 以外の既存投資家は以下の通りだ。

  • G‐One Holdings
  • Cougar Continuation
  • Mission Holdings
  • Vulcan Capital
  • Columbia Capital
  • VC Overlake

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録