Nvidia CEOが語った、地球まるごとデジタルツインと「Omniverse Avatar」の可能性(1/2)

SHARE:
業界最高位の賞を受賞した Jensen Huang 氏
Image Credit: Dean Takahashi

Nvidia 共同設立者兼 CEO Jensen Huang 氏は11月20日、チップ業界の最高栄誉である Robert N. Noyce 賞を受賞し、仲間たちとのイベントに臨んだ。この夜は半導体と AI に関する話題で持ちきりだったが、Huang 氏が語ったある言葉が私の目を引いた。

ニューヨーク・タイムズ紙の元ジャーナリストJohn Markoff 氏と共に壇上に立った Huang 氏は、Nvidia がグラフィックス・チップとディープラーニング・ニューラルネットワーク・アルゴリズムによって可能になった人工知能とシミュレーション技術を利用する目的を見つけたと述べた。

彼の会社は、気候科学のシミュレーションに必要な専門家をすべて集めているので、世界最大のスーパーコンピュータで気候変動のモデルを作成し、数十年にわたって地球がどのように変化するかを予測することができるようになる。そして、Huang 氏はこれを使って、地球の運命について私たちに警告を発する。その上、彼は我々にメタバースを無料で構築してくれる。

そのためには、Nvidia は、デジタルツインをシミュレートするためのプラットフォームとなっているエンジニアのためのメタバース「Omniverse」の基礎の上に、何かを構築しなければならない。例えば、BMWは自動車工場のデジタルツインを構築しているが、シミュレーションがうまくいけば、物理的な世界でまったく同じものを作ることができる。

Omniverse で作られた Jensen Huang 氏のアバター「Toy Jensen」
Image credit: Nvidia

11月18日の夜、Huang 氏は、カンファレンス「Nvidia GTC」で発表した内容を繰り返し述べた。彼は、Nvidia が気候変動の予測に特化した世界最強の AI スーパーコンピュータを構築する計画があると述べた。「Earth-2(E-2)」と名付けられたこのシステムは、Omniverse の中に地球のデジタルツインを作り出すことになる。

Earth-2 を実現するためには、これまで私たちが発明してきた技術のすべてが必要だ。これ以上に重要な使い方はない。(Huang 氏)

また、シミュレーションにはメートル単位の精度が必要であり、必要であれば、Nvidia はシミュレーションを実行するためのコンピューティングパワーを相殺するために資金を費やすと述べている。Huang 氏によると、数十年分の気候データを衛星で記録し、それをシミュレーション用のスーパーコンピュータに取り込むことが課題になるという。

そして19日の夜、Huang 氏は次のように付け加えた。

我々は地球のデジタルツインを作る。それは巨大なものになるだろう。これは地球上で最大の AI スーパーコンピュータになるだろう。地球上で最も優秀なコンピュータ科学者、最も優秀な物理学者、気候科学者を集めて、そのコンピュータを使って、地球が何十年にもわたってどのように変化するかを予測するのだ。

Nvidia がこの物理的に正確な世界を Omniverse に構築すれば、それは現実世界のメタバースに相当するのではないかと思った。それで、終了後に Huang 氏のところに行って、彼と一緒に自撮りをした。そして、「地球のデジタルツインを作れば、メタバースを無料で手に入れることができるか」と尋ねたのだ。

すると彼は「地球のデジタルツインを作れば、メタバースを無料で手に入れることができる」と言ってくれた。

これは巨大なミッションになるだろう。Nvidiaは、Omniverse を構築することで、気候変動を問題として取り上げるために必要な資金源と専門知識を見つけることを正当化できる。Omniverse は、ゲーム開発者や他のメタバース開発者が独自の仮想世界を作るために必要な地球の詳細の多くを複製することができる。例えば、ゲームで使用できるニューヨークのレプリカなどだ。

確かに、細部は異なるかもしれない。Omniverse  の開発責任者 Richard Kerris 氏がインタビューで語ったように、ゲーム開発者は、人々が毎秒60フレームという軽快な動きができるように、世界の多くの部分を高速で動作させたいと考えるだろう。そして、その目的のためには、世界の細部が細かすぎるだろうと指摘した。

しかし、これが問題なのだ。Nvidia は、とにかくこのバージョンの世界を構築するつもりだ。ゲーム開発者はそれを利用して、Omniverse を自由な基盤として、娯楽目的で作りたいものを作ることができるのだ。

後編に続く)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録