​​製造業DX SaaS「Smart Craft」がβローンチ、ジェネシアVとANOBAKAから5,000万円のシード調達も明らかに

SHARE:
Image credit: Smart Craft

東京に拠点を置く Smart Craft は12日、工場現場の DX(デジタルトランスフォーメーション)を目的とした製造業向け SaaS「Smart Craft」をβローンチした。また、シードラウンドで、ジェネシア・ベンチャーズと ANOBAKA から5,000万円を調達していたことも明らかにした。資料によれば、シードラウンドの実施時期は、2021年7月頃と推定される。

Smart Craft は、キーエンス、アクセンチュア出身の浮部史也氏(現・代表取締役)らにより2021年6月に創業。「モノづくり産業のニュースタンダードを創る」というミッションを掲げ、Smart Craft を開発している。

Smart Ctaft は、製造データや作業データを一元管理し、自動でデータ集計までを行うクラウドサービス。タブレットやスマートフォンを用いて、これまで手書きで記入していた生産日報などをデジタル化し、また、Excel で行っていた生産実績の集計をリアルタイムにダッシュボードへグラフ表示する。約10社ほどの製造企業でβ版の無料トライアルが決まっているという。

この分野では、共に昨年10月、京都を拠点に工場 DX のための現場向け SaaS を開発する「ものレボ」が1.8億円を調達。また、名古屋を拠点に、製造業向け生産管理 SaaS「monit(モニット)」を開発・運営するトランスミットがプレシリーズ A ラウンドで1.24億円を調達したのが記憶に新しい。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録