東北大発・脳ドック用ソフト開発のCogSmart、3.5億円をシリーズA調達——MRI画像AI解析で認知症リスク低減を支援

SHARE:
Image credit: CogSmart

脳ドック用ソフトウェアを開発する CogSmart は6日、シリーズ A ラウンドで3億5,000万円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、オムロンベンチャーズ、アイロムグループ(東証:2372)、DG Daiwa Ventures、アイティーファーム、MAKOTO キャピタル、名前非開示の個⼈投資家。この調達を受けて、CogSmart の累積調達額は4億1,000万円に達した。

CogSmart は、東北大学加齢医学研究所からスピンオフしたスタートアップだ。30代から70代までを対象として、頭部 MRI 画像のAI解析により海馬の萎縮度等を評価し、個別の予防行動を提示することで、将来の認知症へのリスク低減を促すソフトウェア「BrainSuite(ブレーンスイート)」を開発し、全国の脳ドック対応病院に提供している。

また、同社の香港子会社 CogSmart Asia(康希亜洲)は2021年7⽉、香港政府系インキュベーション施設 Hong Kong Science and Technology Park(⾹港科技園)による補助⾦プログラム「Incu-Bio」に採択された。同社は Incu-Bio から今後4年間にわたり、最大で600万⾹港ドル(約8,400万円)の助成を受けることが明らかになっている。

via CogSmart

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録