2021年のNFTゲーム売上は51.7億米ドル、「Axie Infinity」の奨学金システムが健闘か【Nonfungible.com報告書】

SHARE:
Nonfungible.com は、NFT ゲームをはじめ、NFT 関連売上を計測している。
Image Credit: Nonfungible.com

NFT(非代替トークン)は2021年に離陸し、Nonfungible.com は、NFTゲームの売上が1年間で51億7,000万米ドルに達したと報告した。L’Atelier BNP Paribas と NonFungible.com は NFT 市場全体に関する報告書を発表し、ゲームに限定しない NFT 全体の売上は2021年に176億米ドルに達し、2020年の8,200万米ドルから200倍に増加したと発表した。

つまり、ブロックチェーンというデジタル台帳の透明性と安全性を利用して、ユニークなデジタルアイテムを認証する NFT は、次の大きな流れになると多くの人が信じたということだ。しかし、おそらく同じ数の人が、NFT は詐欺、風説の流布、マネーロンダリングなど、消費者にとって都合の悪いことばかりだと考えているのではないだろうか。

ブロックチェーンは透明性が高いので、この種の会計をするのは難しいことではない。L’Atelier BNP Paribas と NonFungible.com は、NFT を保有または取引するデジタルウォレットが250万以上あり、前年のわずか8万9,000ウォレットから増加していることを確認した。これらのウォレットの全てが昨年 NFT の購入に参加していたとすると、1年間の1ウォレットあたりの NFT 平均購入額は7,040米ドルだったことになる。NFT 購入者の実数は、2020年の75,000人から、2021年には230万人に増加した。

NonFungible.com の CEO Dan Kelly 氏は、次のように述べている。

2021年 は信じられない年だった。多くの人にとって、コレクティブルセグメントを取り囲んだ爆発は「バブル」と考えられている。

それどころか、今日、2021年に作られたすべてのコミュニティは、デジタルアイデンティティを持っていると考えている。全く新しい Web3 産業の構築を始めるにあたり、強いコミュニティによって担われる強い価値観が不可欠なのだ。

2021年のすべてのセグメントで非常に心強い数字が出たとしても、2022年には全体的に活動の減少が予想されるが、それはより成熟したものになることは間違いない。

私はこれが、2021年に NFT がトレンドとなる中で NFT 購入が好きな、ごく一部の仮想通貨ファンがいたことを表していると思う。2021年3月に6,900万米ドルで NFT アートワークを販売したアーティスト Beeple などの話だ。どんな理由であれ、NFT を買うことは、ビットコインを買うのと同じように2021年に大流行したのだ。しかし、市場は上がったものは下がることもあることを示唆し、HODLing、つまり「命をかけて持ちこたえる」ことは、気の弱い人には向かないことだった。

報告書によると、2021年の間に、NFT プロジェクトは単純な取引可能な収集品から、メタバースに向けたより洗練された仮想資産へと進化したとのことだ。

Quantum Tech Partners の別の報告書では、ブロックチェーンゲーム企業は2021年に33億米ドル以上を調達し、前年はほぼゼロだったのが、今年は増加した。

NFT を購入または転売する際には、総利益54億米ドル以上が発生し、473のウォレットが2021年中にそれぞれ100万ドル以上の利益を生み出した。

NFT の中で最も人気のあるカテゴリはコレクターズアイテムで、84億米ドル相当の売上を記録した。これには、 CryptoPunks や Bored Apes などのコレクションが含まれる。

NonFungible.com による4回目の年次調査は、市場が主流に向かう中、新しい資産クラスの急成長を追跡した。

NFT は仮想通貨とは異なり、完全にユニークで他の資産と交換不可能なデジタルブロックチェーン連動資産だ。例えば、プログラマブルアート、物理的資産の所有権記録、メタバース的プラットフォームにおける仮想土地のプロットなど、さまざまなものがある。それぞれの NFT はユニークで複製が不可能なため、仮想経済と物理経済のギャップを埋めることができ、拡大縮小、収集、取引が可能な価値あるデジタル商品の巨大市場の可能性を提供すると、Nonfungible.com は述べている。

市場の成長

The Sandbox

この報告書は、ERC-721トークン標準を使用したイーサリアムブロックチェーン、および他の主要な NFT ブロックチェーンである Flow、Ronin、Starkware のすべてのオンチェーン取引を追跡し、独自の技術で収集したものである。

この手法では、真の市場をより正確に把握するため、洗浄取引、ボット、特定のプロジェクトに関連付けられない取引量、および正当な NFT 活動とは見なされないブロックチェーン上の追加ノイズは、年間の総売上高に含まれないことが保証されている。

市場活動も大幅に増加した。7,100万を超えるアクティブなイーサリアムアドレスのうち、NFT の取引(ブロックチェーンアプリケーションでの売買、保有、使用を含む)を行うアクティブウォレットの総数は、2020年の8万9,061から2021年には250万以上(257万4,302)と、1,822%の増加となっている。

セグメント別 NFT 市場

Spatial では、バーチャルギャラリーで NFT アートを鑑賞できる。

NFT にはさまざまなユースケースがある。報告書によると、コレクターズアイテムが84億7,000万米ドルの売上で最大カテゴリとなり、このクラスの資産に対する過剰投機と、CryptoPunks や Bored Ape Yacht Club といった少数の大型 Profile Pictures コレクションにより、極めて高い売上高に牽引されたことがわかる。最も大きな成功を収めたのは、Dapper Labs と NBA のコラボレーションでバスケットボールの試合のハイライトを収めた「NBA Top Shot」だった。

次にゲームが51億7,000万米ドルの売上を記録したが、これは主に NFT のアイテム販売でプレイヤーが収入を得られるブロックチェーンゲーム「Axie Infinity」のパフォーマンスによるものだ。このセグメントでは、アクティブなウォレットの量が印象的で、おそらく Axie Infinity の〝奨学金 〟システム(他のプレイヤーに自分のゲームアカウントへのアクセスを与え、発生した収入を共有できる)によるものだと、Nonfungible.com は述べている。

NFT の美術品売上は27億9,000万米ドルを突破した。このカテゴリは、コレクターズアイテムやゲームに比べると小さいように見えるが、NFT アセットクラスの中核をなしており、Beeple や Pak などのデジタルアーティストが有名になるにつれ、このカテゴリはエコシステムの中で最も安定した部分の1つとなっている。

メタバースカテゴリは、5億1,380万ドルの売上を記録した。このカテゴリは2021年の最終四半期に最も成長し、Facebook が Meta にブランド変更することを決定した時期と重なる。このセグメントは、例えばナイキが RTFKT を買収したように、消費者ブランドがメタバースプロジェクトへの投資を強化することで、今後数年間成長すると予想される。

そして、ユーティリティは2021年に5億3,080万米ドルの売上を記録した。これは、金融、チケット販売、保険、そしてマックスウェル・トライベッカのような新しいソーシャルクラブなど、アクセスに NFT の「パスポート」を必要とするコミュニティなど、多様なユースケースからなる市場セグメントだ。この分野は、おそらく市場で最も複雑かつ有望なものの一つだろう。

2021年の夏には市場がフィーバーし、8月には1週間で4億米ドル近い NFT が取引されピークを迎えた。2021年末には、NFT はメインストリームに到達し、NFT は Collins Dictionary の「Word of The Year(今年の言葉)」に選ばれ、NFT アーティストの Beeple は「The Tonight Show」と「Joe Rogan Experience」にゲストとして登場した。

L’Atelier BNP Paribas の最高執行責任者である Nadya Ivanova 氏は次のように語っている。

2021年は、取引の量と金額、主流ブランドの関心、新しいデジタルコミュニティの出現、プロジェクトに投入された数百億米ドルの資金という点で、NFT にとって飛躍の年だった。しかし、その資金が実際の製品やユーザーにとっての具体的な価値にどれだけ結びついているかは、まだ見えていない。

2022年、NFT 市場は引き続き不安定だが、優れたプロジェクトは技術的、社会的、商業的に成熟し始めると思う。

現在、NFT は人気のある収集品として注目されるだけでなく、この新興市場や資産クラス向けに、金融やリスク管理商品などのインフラや公益サービスを構築する真のニーズと機会が存在している。NFT 市場は、その基礎となる技術の境界をほとんど押し広げていないのだ。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録