ダークストア展開のOniGO、シードラウンドで7.2億円を調達——UTEC、サムライインキュベート、PnPJから

SHARE:
Image credit: OniGO

東京を拠点にダークストアを展開する OniGO は8日、シードラウンドで7.2億円を調達したことを明らかにした。このラウンドのリードインベスターは東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC)で、サムライインキュベートと Plug and Play Japan(PnPJ)が参加した。今回のシードラウンドでの調達を受けて、OniGO の創業以来の累積調達額は約11.8億円となった。

OniGO は2021年6月、梅下直也氏により創業。梅下氏は三井住友銀行での勤務を経て、中古車オークションの「カープライス」(2019年に楽天に売却、現在の「楽天 Car オークション」)、スタートアップ資金調達支援のキャピタルドライブなどを創業したシリアルアントレプレナーだ。OniGO は東京を中心に各所に配送拠点を配置し、アプリでオーダーを受けてからユーザに10分以内に商品を配達する。

ダークストアの分野では、日本でも QuickGet、韓国から市場参入した Coupang などがよく似たサービスを展開している。先月シード資金を調達した Mesh は東京都区部で今夏にもサービスを開始する予定。配送・在庫拠点を多数配置することで迅速な配達を提供するダークストアでは、商品のバリエーションを増やすことが難しいとされるが、OniGO は一部拠点で、スーパー大手のヨークと提携して取扱品数を増やしたりsakana bacca を展開するフーディソンと提携し鮮魚を扱ったりするなど、差別化を図っている。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録