ByteDance(字節跳動)がライバー用端末発売、子会社名変更でIPOの噂再燃など——中国スタートアップシーン週間振り返り(5月9日〜5月13日)

SHARE:

本稿は、Technode(動点科技)が、5月9日〜5月13日に配信した「News Feed」記事の中から主要ニュースを翻訳したものです。

「Lingjing(聆鏡)」
Image credit: ByteDance(字節跳動)

Tencent(騰訊)、ゲーム用スマートフォンメーカー BlackShark(黒鯊科技)の買収を断念(5月13日)

中国のゲーム大手 Tencent は、Xiaomi(小米)が投資したゲーム用スマートフォンメーカー BlackShark(黒鯊科技)の買収を断念したと、中国メディアの21世紀経済報道が13日に報じた。Tencent は Black Shark と買収を協議中で、BlackShark がメタバース関連コンテンツのためのバーチャルリアリティヘッドセットを作ることを望んでいると1月に初めて報じられた。今回の報道は、Tencent が当局の承認を得られず、買収を断念したと伝えている。

今回の報道では、BlackShark CEO Luo Yuzhou(羅語周)氏は、Tencent と同社間の買収は、「そもそも存在せず、BlackShark には今も資金調達と買収の計画をがある」と述べている。Canalys によると、2017年に設立された BlackShark は、2018年第2四半期から2021年第1四半期までの世界のゲーム用スマートフォン市場の13%を占めるゲーム用スマートフォンメーカー大手だ。21世紀経済報道

新型コロナのロックダウンにより、中国でタブレットの需要が増加(5月13日)

IDC は13日、中国における第1四半期のタブレット端末の出荷台数が年率8%増の680万台に達したとする報告書を発表した。同時期の世界市場におけるタブレット端末の出荷台数が5%減少したことから、この成長は世界的な減少傾向とは一致しないものである。

IDC のシニアアナリスト Guo Tianxiang(郭天祥)氏は、新型コロナウイルスの発生とそれに伴うロックダウン措置が、消費者のタブレット端末に対する需要を押し上げたと述べている。また、上海とその周辺地域はタブレット端末の主要生産地ではないため、ロックダウンがタブレット端末のサプライチェーンに影響を与えることはなかったと Guo 氏は述べている。IDC

短編動画アプリ「Kuaishou(快手)」、ローカルサービスや不動産販売に関する e コマース部門を設立(5月10日)

中国メディア「界面」が9日、関係者の話として報じたところによると、Kuaishou(快手)の e コマース部門は、ローカルサービスや不動産のオンライン販売を対象とした2つの新しい事業所を設立した。この報道によると、4月に設立された2つの新センターの責任者は、Kuaishou の e コマース事業の責任者である Xiao Gu(笑古)氏の直属の部下になるという。

Kuaishou は1月、EC ストアをローカルサービス事業者に開放し、現在16都市でライブストリーミングによる住宅販売を可能にしている。どちらのサービスも中国の小都市のユーザを対象としており、「Douyin(抖音)」の競合である同社はより強い影響力を持っている。Kuaishou の2021年の取引流通総額は前年比78.4%増の6,800億人民元(約13兆円)だった。界面

ByteDance(字節跳動)、プロユーザ向けライブストリーミング専用端末をリリース(5月9日)

TikTok を所有する ByteDance(字節跳動)は、プロのライブストリーマー向けに、15,800人民元(約30万円)のオールインワンのビデオ・オーディオストリーミングデバイスと対応アプリをリリースしたと、中国メディアの 36Kr(36気)が9日報じた。

「Lingjing(聆鏡)」と名付けられたこのデバイスは、スマートフォンにマニュアル操作とフリップ可能なカメラを追加したもので、映像と音声の取込、スマート処理、パブリッシング機能を備えている。付属のアプリは、複数のチャンネルへの同時ストリーミングをサポートし、ディレクターのためのマルチフィード・アクセスを提供する。また、グリーンスクリーンマスキングや画質向上などの内蔵エフェクトを利用することができる。36気

ByteDance(字節跳動)、子会社の名称変更で IPO の噂が現実味を帯びる(5月9日)

TikTok を所有する ByteDance(字節跳動)は6日、同社の短編動画アプリ「Douyin(抖音)」に由来する形で、香港子会社の名称を ByteDance (Hong Kong) Limited から Douyin Group (Hong Kong) Limited に変更した。ByteDance は最近、多くの子会社名を「ByteDance」から「Douyin」に置き換えている。

このブランド変更により、同社は Douyin を取り巻く事業を分離して香港で IPO するつもりではないか、との市場の憶測が再燃した。ByteDance は4月下旬、国際法律事務所 Skadden の元幹部 Julie Gao(高准)氏を CFO に任命しており、今回の社名変更はその直後のことである。Gao 氏の任命は、同社が IPO を開始するための努力の一部であると広く解釈されている。南華早報

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録