RADWIMPSバーチャルライブなど手がける、メタバース構築基盤「stellla」開発 #MUGENLABOココに注目

Alche代表取締役CEOの川大揮氏

本稿はKDDIが運営するサイト「MUGENLABO Magazine」掲載された記事からの転載。MUGENLABO Magazine編集部がピックアップしたスタートアップとオープンイノベーションに取り組む企業の中からいくつかの注目企業をご紹介する。

KDDI ∞ Laboの月次全体会ではスタートアップが大企業に向けてピッチを実施しています。登壇した一社、Alcheはメタバース構築基盤「stellla」を展開するスタートアップです。stelllaはバーチャルライブやテーマパーク型イベントなどの開発・制作を品質担保しつつ短期間に制作可能で、プロジェクトごとにUIの部分なども細かく設定できるのが特徴。同社はそれ以外にもメタバース空間における音楽イベントの制作や演出なども手掛けているそうです。本稿ではAlche代表取締役CEOの川大揮氏に創業のきっかけやメタバースの今後についてもお聞きしました。

何をしている会社ですか?

川:メタバース、VRという領域で、非日常的な体験を通し、明日を生きる勇気が出る、または心が揺れ動くようなエンターテイメントコンテンツを作っている会社です。エンタメ企業から大企業まで、コンテンツの世界感や、表現したいことやその企業の特徴などをメタバースという空間を通して提供・共有し、ファンの方や関係者の方と新しい未来を一緒に想像し実現する場所を作っていく会社です。

現在は主に、音楽イベントの実装から演出までメタバースという空間での体験制作を行なっていて、過去にはRADWIMPSのバーチャルライブ「SHIN SEKAI “nowhere”」や、東京タワーさんとご一緒させていただいているライブイベント「V-FES ~FUSION ~ in バーチャル東京タワー」、フジテレビ様主催のお台場バーチャル冒険アイランドなど100万人以上が参加する日本最大級のメタバースコンテンツの制作を担当しております。

メタバース構築基盤「stella」

なぜ会社を立ち上げたのですか?

川:僕自身が元々、大学時代に東京大学の奇術愛好会というマジックサークルに入っていたこと、大学での研究分野が物理学の宇宙論だったことが大きな要因です。宇宙や世界に魅了され、世界観作りやその中での魔法のような体験の創造に取り組んできました。その経験を通して、魔法のような非日常的な体験やエンターテイメントを作りたい、それをもっと多くの人により高次元的な形で提供したいと思っておりました。

この思いやアイディアを実際に実行してみようと思ったのは、Oculus Quest(現 Meta Quest)というVRデバイスが発売されたことが大きな要因でした。Oculus Questでの体験は僕の想像以上に何倍もリアルで、VRというメディア表現を用いることにより、自身が思い描いている世界を実現・共有ができることを感じました。

しかしVRというメディアを利用して、より良いビジュアルやゲームではなく体験そのものに焦点を当てたコンテンツは、現在も少ないです。VRの可能性が十分に発揮されたものが世の中にない中、VRに対する世間的な評価が決まってしまうことにもどかしさを感じ、自分達で作品を作っていくこと、その中で新しい表現、VR可能性を示していけるようなコンテンツを作ろうと思い、起業しました。

これからの目標はありますか?

川:僕らAlcheの目標は、メタバースという空間で物理的に離れている大切なひとや友達と一緒に楽しむことができるディズニーランドやユニバーサル・スタジオ・ジャパンのようなテーマパークを作ることです。

メタバースは、これまで2次元だった視聴対象のページから、3次元体験になることで、誰かと一緒にその場所で集まったり、身体的な表現を行ったり、旅行や冒険のような感覚で体験ができる場所になっていくと信じています。従来までの、webのNetflixなどの動画視聴のプラットフォームは映画館に、アマゾンなどのECはショッピングセンターと形を変えていくと思います。webの世界では、ユーザーにとってそのサービスが便利であるかという尺度で、使われるか使われないかが決まっています。一方、三次元のwebであるメタバースでは、多くのサービスは、楽しいかどうかという尺度でその空間、体験にいくかどうかが決定されると思います。

そのようなメタバースという空間で、非日常的な体験が詰まった、最も楽しい場所の一つであるテーマパークを作っていきたいと思っております。stelllaは今後その基盤となっていきます。

最後に一言お願いします

川:メタバースという領域は、まさにアメリカの西部開拓のように広大に広がってるフロンティアです。まだまだ未知の部分が多く、何ができるか、どのような表現ができるかを一緒に開拓できる方、パートナーの方を探しております。ぜひ、メタバースの未来について一緒に考えさせてください。そして、多くの人の心を揺さぶれるような体験を一緒につくっていきたいと思っております!

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録