【-CANVAS-】2022/09

【-CANVAS-】はBRIDGEがお伝えした毎月のスタートアップ・テックニュースから、注目を集めたトレンド記事や会員限定記事、資金調達ニュース、海外トレンド、イベントレポートなどをまとめたコンテンツです。

アクセストップ5

1:バーチャルアーティストが24時間ライブ、メタバース「Sensorium」が描くAI主導の新世界

ニュースサマリ:AIによるバーチャルアーティストが集うメタバース「Sensorium Galaxy」の開発を進める「Sensorium」は8月10日、サイト内にライブストリーミングチャンネルを公開した。同社が開発するオリジナルのバーチャルアーティストが出演する「Empyreal Parties」がライブで24時間ウェブ配信されており、視聴ユーザーはSensoriumのバーチャルアーティストNatisa Sitar、Kàra Màr、NinalisらがDJとしてパフォーマンスを披露している会場「Meteor Vortex」に参加することができる。(記事全文へ)

2:DeNAの元執行役員が立ち上げ、エンジニアの給与DB「PROJECT COMP」運営が2億円をプレシリーズA調達

エンジニア向け給与データベースサービス「PROJECT COMP(プロジェクトコンプ)」を開発・提供する PROJECT COMP は28日、プレシリーズ A ラウンドで2億円を調達したと発表した。このラウンドのリードインベスターは Spiral Capital で、XTech Ventures と Delight Ventures が参加した。XTech Ventures と Delight Ventures は、同社が昨年実施したシードラウンドにも参加している。今回ラウンドでの調達を受けて、同社の累積調達額は3億2,600万円に達した。(記事全文へ)

3:創業6年、年商は15億円規模にーーShippioが16.5億円調達「デジタルフォワーダー」日本代表のポジション確立へ

ニュースサマリ:国際物流を手掛けるデジタルフォワーダーのShippioは9月28日、新たな資金調達を公表している。第三者割当増資と融資を組み合わせたもので、増資の引受先になったのはDNX Ventures、Spiral Innovation Partners、東京海上ホールディングス、みずほキャピタル、あおぞら企業投資、既存投資家としてデライトベンチャーズ、環境エネルギー投資、ソニーベンチャーズ、アンカーシップパートナーズの9社。今回のシリーズBラウンドをリードしたのはDNX Venturesで、調達した資金は投融資合わせて約16億5,000万円。投融資の比率や株価、払込日などの詳細は非公開。累計調達額は約30億円となった。(記事全文へ)

4:SNSの新常識「BeReal」は広まるのか?/GB Tech Trend

過去数週間の間に、大手SNS「Snap」や「Instagram」が立て続けに新たな投稿フォーマットの実験的導入を検討しているというニュースを見かけるようになりました。それが「本物の友情を築こう」をキャッチコピー にする新興SNS「BeReal」のフォーマットを真似たものです。(記事全文へ)

5:飲食店が仕込みを頼めるアプリ「シコメル」運営、8.2億円をシリーズB調達

飲食店が仕込みを頼めるアプリ「シコメル」を運営するシコメルフードテックは7日、シリーズ B ラウンドで8.2億円を調達したことを明らかにした。このラウンドは Headline Asia がリードし、SIG Asia Investment(海納亜洲創投)、ICMG Partners、アグリビジネス投資育成、Plan・Do・See、名前非開示の個人投資家1名が参加した。(記事全文へ)