【-CANVAS-】2022/12

【-CANVAS-】はBRIDGEがお伝えした毎月のスタートアップ・テックニュースから、注目を集めたトレンド記事や会員限定記事、資金調達ニュース、海外トレンド、イベントレポートなどをまとめたコンテンツです。

アクセストップ5

1:ワールドカップで審判支援「IoTボール」のスゴイ仕組み/世界のフットボールテック(1)


サッカーのプレーヤー人口は2.6億人で、さらにファン人口は33億人と世界人口の約4割を占める大きな市場だ。国の威厳を賭けた競争が繰り広げる中で、当然、テクノロジーの力を借りて、他者よりも少しでも有利なゲーム展開やトレーニングの効率化を狙おうとする動きが出てくる。(記事全文へ)

2:【追記あり】250億円評価でMUFGが買収、カンムとは何者か【報道】

ニュースサマリ:国内フィンテック・スタートアップのカンムが年末に大型買収の話題を持ってきた。日経が報じている内容によると、三菱UFJ銀行が来年春にも同社を子会社化するとしている。発行済み株式の7割を約200億円で買い取るもので、本紙が得た情報を元にそこから割り出した評価額は約250億円。(記事全文へ)

3:ワールドカップで注目のIoTボール、鍵は合わせ技「リアルタイム」分析【Canvas 11月号・今週のまとめ】


こんにちは!BRIDGE編集部の平野です。ワールドカップ、日本勝ちましたね〜。4年に一回目を覚ます「にわかファン」として人並みに応援しております(笑。(記事全文へ)

4:コロナ対策緩和の中国でパニック買いが急増、品薄薬の購入や配達遅延対策にあの手この手

中国が3年近く続いたゼロコロナ対策を急速に緩和したことで、消費者は大きな影響をいくつも感じている。注目すべきは、特に中国の主要都市で、オンラインとオフラインの両方のチャネルを通じて、解熱剤とラピッド抗原検査キットが品薄になっていることだ。宅配便の滞留、フードデリバリの遅延、さらには近隣のゴミの堆積も、広範な感染が見られた最初の都市の一つである北京や、その他の都市で見られるようになってきている。(記事全文へ)

5:核融合技術開発の異端児「Helion」の変化球アプローチ(2)

(前回からのつづき)2社目に紹介するHelionは、核融合技術開発スタートアップの中でもアプローチが特殊なスタートアップだ。ワシントン州エベレットに拠点を置き、2013年創業の同社はY Combinatorを卒業し、これまでにシリーズEラウンドまでで5億7780万ドルを調達している。(記事全文へ)