価格の意思決定を支援するプライシングスタジオ、SBIインベストメント・STRIVEなどから4.3億円調達

SHARE:

価格戦略コンサルティングを手掛けるプライシングスタジオは11月23日、第三者割当増資の実施を公表している。投資ラウンドはシリーズAで、SBIインベストメントがリードを務めた。その他に参加した投資家はSTRIVEと名称非公開の複数投資家。STRIVEは前回のラウンドに引き続いての出資で、金融機関からの融資を含め、調達した資金は4億3,000万円になる。投融資の比率、株価、払込の日程などの詳細は非公開。調達した資金はサービス拡大のための人材採用に投じる。

参考記事

同社の創業は2019年。プライシングスタジオが手掛けるのは価格戦略で、企業における商品価格の意思決定をサポートするための材料を提供する。例えばアパレル産業ではシーズン毎に新作を販売するが、毎月製造される製品全ての価格を正確に意思決定することは難しい。そこで同社では独自の調査項目をベースに業界領域毎の価格変動要素を整理し、アンケートなどを通じて得た情報をもとに価格に基づいた売上シミュレーションをコンサルティングと共に提供する。独自のクラウドサービスも用意しており、従来、エクセル等のツールで実施していた作業を効率化した。

現在の円安状況やウクライナ等の影響もあり、価格や為替による変動リスクが高まっていることも彼らの事業成長の要因になっている。これまでSaaSやサブスクリプションなどのサービス・製品を提供する企業を中心に、50社のコンサルティング提供実績がある。現在はテック企業以外にも食品メーカーやプロ野球チーム、ジムやクリニックなど幅広い業種にサービスを提供している。

同社ではこれまで提供してきたコンサルティング業務に加え、企業が自らの意思で価格の意思決定ができるようにする研修事業「プライシングトレーニング事業」やスポットでの顧問事業なども開始するとしている。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録