TikTok活用のマーケティングサービス提供Natee、デット含め4.2億円を調達

SHARE:
Image credit: Natee

ショートムービーに特化したクリエイター共創型マーケティング事業を展開する Natee は7日、借入を含め約4.2億円を調達したことを明らかにした。このラウンドに参加したのは、XTech Ventures、キュービックベンチャーズ、ベネッセコーポレーション、リヴァンプ、静岡キャピタル、GMO NIKKO、名前非開示の個人投資家複数。XTech Ventures とキュービックベンチャーズは、Natee が2020年11月に実施した1.2億円のラウンドに続くフォローオンでの参加だ。

今回の調達を受けて、Natee の累積調達額は4.82億円に達した。

Natee は2018年、以前はビズリーチ(現 VISIONAL)で新規事業のプロダクト開発にエンジニアとして携わっていた小島領剣氏により創業。当初は TikTok に特化したインフルエンサー(TikToker)を抱える MCN として事業を始め、最近では TikToker による企業向けのマーケティングサービスを前面に打ち出した事業を展開している。TikToker には報酬が還元される仕組みだが、2022年11月現在、彼らに支払われた総額が5億円を超え、月額平均報酬額は36万9,400円に達したとしている。

Natee はまた、バーチャル領域での新規事業の立ち上げを発表した。バーチャル空間上に様々なコミュニティや経済圏が形成されていくことを見越し、自己表現ができる新たなコミュニティの形成を通じて人々が個性や才能を発揮できる場を提供していくという。調達した資金は、人材採用の強化、新規ビジネスの開発ならびに早期拡大に使われる予定だ。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録