タグ Grammarly

次の一手は「企業向けSDK」ーー1.5兆円評価になったGrammarly(2)

SHARE:

セグメントの拡大 (前回からのつづき)パンデミック時に加速したデジタルトランスフォーメーションに後押しされ、特にマーケティングにおいて、コピーライティングを自動的に提案してくれたり、調整したりするAI技術を導入する企業の割合が増えると予想される。Phraseeの調査によると、マーケティングチームの63%が広告コピーの生成と最適化のためにAIへの投資を検討していると答えている。 また、65%が望まし…

セグメントの拡大

(前回からのつづき)パンデミック時に加速したデジタルトランスフォーメーションに後押しされ、特にマーケティングにおいて、コピーライティングを自動的に提案してくれたり、調整したりするAI技術を導入する企業の割合が増えると予想される。Phraseeの調査によると、マーケティングチームの63%が広告コピーの生成と最適化のためにAIへの投資を検討していると答えている。

また、65%が望ましいブランド向けの「ことば」をAIが生成できると信頼しており、82%がそのことばに対する消費者の反響データの恩恵を受けているという調査結果が出ている。

Grammarlyは、営業部門など特定の編集ニーズを持つ市場での訴求力を高めるため、企業が既存のウェブベースのアプリケーションにGrammarlyを活用したレコメンデーションを追加できる開発キット「Grammarly for Developers」を発表した。現在クローズドベータ版として提供されているGrammarly for Developersは、アプリとGrammarlyのクラウドサービス間の通信、下線やサジェスチョンカードの描画、テキスト変換の適用、個人辞書の提供などを実現する。Roy-Chaudhury氏は次のようにコメントしている。

「Grammarly for Developersでは、開発者が独自のテクノロジーを開発するために必要な時間とリソースを節約しつつ、ユーザーにより良いライティング体験を提供しようというものです。私たちの最初の製品であるテキストエディタSDKは、Grammarlyのコミュニケーション支援をあらゆるウェブベースのアプリケーションにももたらしてくれるはずです」。

6月にGrammarlyは最大50のスタイルガイド、スニペット、ブランドトーン、分析ダッシュボードのサポートなど、企業のコミュニケーションに焦点を当てた追加機能を発表した。スニペットは迅速なコミュニケーションのためにあらかじめ用意された回答テンプレートだ。ブランドトーンは、チームメンバーが使うべきトーンと避けるべきトーンを指定する「トーンプロファイル」になる。アナリティクス・ダッシュボードは、リーダーがコミュニケーションの傾向や強みを把握しやすくするための指標を表示してくれる。

GrammarlyにはWriter、Ginger、ProWritingAid、Slick Writeといった競合製品があり、これらの製品も同様にさまざまなユースケースに対応したAI搭載のライティングアシスタントを提供している。Fast Company誌に寄稿したある英語教授は、Grammarlyの修正提案は「ニュアンスへの理解を欠いている」と指摘し、例えば冗長性を過剰に排除しがちだと述べている

しかし、600人以上のチームメンバーを擁し利益を上げているGrammarlyは、これまでに3,000万人のユーザーと3万のチームを魅了してきたそうだ。新規および既存の顧客には、Frost & Sullivan、HackerOne、Lucid、Zoom、Cisco、Expediaなどが名を連ねている。

今回の資金調達により、同社の総資本は4億ドル以上に達した。

「2020年だけで、1兆2,000億のライティング提案を全世界のユーザーベースに届けました。 フォーブス・グローバル2000企業の68%がGrammarlyのユーザーを少なくとも1人抱えており、今後数年で大幅に増加すると予想しています。Grammarly Businessの大口契約のお客様の数は、この1年だけで250%以上増加しています。また、150カ国以上の6,800以上の非営利団体や非政府組織を無料でサポートしており、Grammarlyの教育部門では2,500以上の教育機関にそれぞれのニーズに合わせた機能を提供しています」(Roy-Chaudhury氏)。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


AIライティングのGrammarly、評価額は130億ドル(約1.5兆円)に(1)

SHARE:

カリフォルニア州サンフランシスコを拠点とし、AIを搭載したライティングアシスタントを開発しているGrammarlyは本日(訳注:原文掲載日は11月17日)、2億ドルの資金を調達したことを発表した。これにより同社の評価は投資後評価額で130億ドルとなる。このラウンドはBaillie Giffordがリードし、BlackRockが運用するファンドや顧客らが参加した。Grammarlyのグローバルヘッド…

Image Credit: Grammarly

カリフォルニア州サンフランシスコを拠点とし、AIを搭載したライティングアシスタントを開発しているGrammarlyは本日(訳注:原文掲載日は11月17日)、2億ドルの資金を調達したことを発表した。これにより同社の評価は投資後評価額で130億ドルとなる。このラウンドはBaillie Giffordがリードし、BlackRockが運用するファンドや顧客らが参加した。Grammarlyのグローバルヘッド・オブ・プロダクトであるRahul Roy-Chaudhury氏は今回の資金調達について、同社のテクノロジーをさらに発展させ、デジタルファーストの世界で人々のコミュニケーションを助けるための取り組みを加速させる ために使われると述べている。

企業がデジタル化を加速させる中、12億ドルを超えるAIライティングアシスタント市場は、2018年から2028年にかけて年成長率27.6%で成長すると予想されている。John Snow LabsとGradient Flowの調査によると、技術系リーダーの60%がGrammarlyのようなテクノロジーを有する自然言語処理の予算が2020年と比較して10%以上増加したと回答し、3分の1が30%以上増加したと回答している。Roy-Chaudhury氏は感染症拡大の影響が大きかったと本誌VentureBeatにメールで回答した。

「世界的な感染大流行は、私たちのコミュニケーション方法に大きな影響を与えました。学校や仕事など、すべてがリモートファーストにシフトしたことで、当社のようなデジタルコミュニケーション支援の必要性が高まったのです。パンデミックの影響で、人々はあらゆる種類の新しい接続環境や生産性向上のためのツールを使って遠隔地とのコミュニケーションを始めなければならなくなったのです」。

彼らのこれまで

ウクライナ出身の開発者、Alex Shevchenko(アレックス・シェフチェンコ)氏、Max Lytvyn(マックス・リトヴィン)氏、Dmytro Lider(ドミトロ・ライダー)氏らの発案により、Grammarlyは2009年にSentenceworksとして設立された。Lytvyn氏とShevchenko氏が盗用チェックのスタートアップ「MyDropBox」をBlackboardに売却した後に創業したもので、彼らの最初の製品の一つは、ユーザーがテキストを貼り付けることができる素朴なWYSIWYGエディタで、これがスペルや構文の提案をしてくれるアプリへと発展した。

2012年、Grammarlyはアカデミックな顧客層からより幅広い消費者市場へと軸足を移し、サブスクリプションプランを展開し、Facebook、Twitter、YouTubeへの広告掲載を開始した。2014年、GrammarlyはMicrosoft Office用のプラグインを発表し、文法チェックツールをOutlookやWordに統合した。また2015年には、ChromeとSafari向けにGrammarlyのブラウザ拡張機能をリリースしている。その後、Firefox用の拡張機能、Google Docs用のアドオン、iOSおよびAndroid用のメッセージ・メールスキャン機能付きGrammarly Keyboard、そしてMacOSおよびWindows用のデスクトップクライアントなどをリリースした。

現在、Grammarlyはエントリーレベルの英語のみのサービスであるGrammarly Premiumを月額30ドル(年額144ドル)で提供しており、企業向けのGrammarly Businessは1ユーザーあたり月額25ドルからとなっている。どちらのサービスにも、すべてのプラットフォームに対応したスタイルと語彙の推奨機能に加え、文の全面的な書き換えや、電子メール、文書、ブログに含まれる「怒り」(例:「攻撃的」、「苛立ち」、「興奮」)を識別するトーン検出機能が搭載されている。Grammarlyの広報担当者は2019年のインタビューでビジネスについてTechCrunchに次のように語っている。

「私たちのビジネスモデルはフリーミアムで、無料版のほか有料のアップグレード版であるGrammarly PremiumとGrammarly Businessを提供しています。Grammarlyがお金を稼ぐ唯一の方法はサブスクリプションです。つまり私たちは、広告を配信するなどのいかなる理由でもユーザーデータを第三者に売ったり貸したりすることはありません」。

10月現在、Samsung Keyboardが搭載されているSamsung製のスマートフォンはGrammarlyのスペルチェック技術の恩恵を受けることができる。ただ、Grammarlyの文章提案機能はSamsung Keyboardで利用できるが、プレミアム機能を利用するにはサブスクリプションが必要になる。

「将来に向けて重要なコミュニケーションのサポートを拡大するために、最新の製品である『Grammarly for Windows and Mac』を発売します。これはMicrosoft PowerPointやSlackのネイティブアプリなど、人々が文章を書くより多くの場所で、Grammarlyのリアルタイムなライティング支援を提供するための大きな一歩となるでしょう。効果的なコミュニケーションとビジネスパフォーマンスを気にするビジネスリーダーが増えたことで、私たちはGrammarly Businessへの需要の高まりに応える準備ができました」(Roy-Chaudhury氏)。

(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録


文章の流れで「空気を読んだ」最適な英単語を提案するGrammerly、9000万ドルの資金調達

SHARE:

ピックアップ:As Comma Complexity Continues, Grammarly Raises $90M  ニュースサマリー:AI英文校正サービス「Grammerly」は10日、ベンチャーラウンドにて9,000万ドルの資金調達を実施したと発表した。リード投資家にはGeneral Catalystが参加し、Institutional Venture Partnersmも同ラウンドに参加…

Capture

ピックアップ:As Comma Complexity Continues, Grammarly Raises $90M 

ニュースサマリー:AI英文校正サービス「Grammerly」は10日、ベンチャーラウンドにて9,000万ドルの資金調達を実施したと発表した。リード投資家にはGeneral Catalystが参加し、Institutional Venture Partnersmも同ラウンドに参加している。

同社は2009年創業。英文における文法校正の自動化サービスを提供している。AIによる文脈の提案もしてくれるのが特徴で、ChromeやMicrosoft Officeの機能拡張も提供している。同社のプレスリリースによれば、現段階でDAUベース2,000万人以上の利用者を誇るという。法人・機関による導入も進んでおり、2,000を超える導入実績がある。

話題のポイント:創業から今年で10年が経つGrammerlyですが、今回のラウンドが2回目の調達です。2017年に1億1,000万ドル、今回の額が9,000万ドルということなので合計2億ドルの調達に成功しています。

同サービスのビジネスモデルとして、基本的な機能を無料とするフリーミアムモデルを採用しています。有料版はより詳細な表現のチェックを提供してくれています。

有料版はサブスクリプション型で、月・四半期・年間ベースでプランを用意しています。ただ私も米国の大学に在学中の利用ユーザーなのですが、肌感覚としてサブスクリプションのターゲットとなる学生のようなライトユーザーが有料版を利用するイメージがあまりわきません。基本的には法人による売上が多くを占めているのではないでしょうか。

以下は同社が事業を創業してから、現在に至るまでのタイムラインです。右肩上がりでユーザー数は上昇を続けていることがわかります。特に2017年に登場した新サービス「Mobile Keyboard」アプリのリリースを皮切りにユーザー数が上昇を遂げています。

同アプリはGrammerlyの機能がそのまま付属されたスマートフォンのキーボード。文法の校正はもちろんのこと、文章の流れから「空気を読んだ」最適な単語選択をサポートしてくれるのが特徴です。

Capture.PNG
Grammerly

同機能は「Tone Detector」と呼ばれ、ブラウザ版にも導入されていますが、今の社会におけるコミュニケーションはスマホを中心に回っているため、そういった層をターゲットしたプロダクトだと感じます。このような絵文字と共に、同じ意味で単語を変えると相手にどのような印象を与えるかなどを分かりやすく教えてくれます。私たちのコミュニケーション能力を校正してくれるサービスであるといえます。

Capture

個人的にはTone Detectorに「個人」を認識して文字の選択を提案してくれる機能が導入されればさらに魅力が上がるように思います。たとえば、政治家がGrammerlyに自身のプロフィールを記入することでGrammerlyは「社会的立ち位置の高い」影響力のある人物と判断し、Twitter投稿前に「トーンが間違ってますよ」と教えてくれる未来が訪れるかもしれません。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録