米国でも「TikTok Shop」公開、ByteDanceが「音楽を聴いて稼げる」アプリ公開——中国スタートアップシーン週間振り返り(11月14日~18日)

SHARE:
「番茄暢聴(仮訳:Tomato Listening)」

本稿は、Technode(動点科技)が、11月14日〜11月18日に配信した「News Feed」記事の中から主要ニュースを翻訳したものです。

Dongfeng(東風)の高級 EV 部門「Voyah(嵐図)」、中国国営ファンドから99億円を調達(11月18日)

中国の自動車メーカーDongfeng(東風)の高級電気自動車部門「Voyah(嵐図)」は18日、シリーズ A ラウンドで50億人民元(約99億円)の資金調達を発表し、同社の時価総額が300億人民元(約5,900億円)に達した。中国国有企業混合所有制改革基金)、中国銀行資産管理、(武漢市政府傘下の)武漢経開産業投資基金など、国有資本が出資した。

Voyah はプラグインハイブリッドのクロスオーバーと多目的車の2車種を販売し、10月までの16カ月間で1万6,172台の EV を納車したが、同業他社の GAC(広州汽車集団)の「Aion(埃安)」やGeely(吉利)の「Zeekr」には及ばない。36気

JD(京東)のフィンテック部門、香港での IPO に向け規制当局の承認を求める(11月16日)

ロイター通信は16日、e コマース大手JD(京東)がフィンテック部門 JD Technology(京東科技)の香港上場を早ければ年内に復活させることを望んでいると、この問題に詳しい3人の情報筋の話を引用して報じた。この報道は、中国の規制当局の承認がまだ必要な JD Technology の IPO 規模はまだ決定していないが、20億米ドルという以前の目標より小さくなる可能性があると付け加えた。

JD は昨年1月、クラウド部門と人工知能部門を JD Digits(京東数字科技)に統合し、JD Technology を正式に設立した。その後、1月下旬に中国証券監督管理委員会(CSRC)に香港での IPO を申請したが、承認が得られなかったとロイターが5月に報じていた。ロイター

TikTok、プラットフォーム刷新後にアメリカで e コマース機能を開始(11月16日)

ByteDance(字節跳動)傘下の短編動画プラットフォーム「TikTok」は、アメリカで e コマース機能を静かに開始し、ユーザは「TikTok Shop」を通じてアプリから直接商品を購入することができるようになった。この機能はこれまで、イギリスと東南アジア7カ国のみで利用可能だった。TikTok Shop の公式サイトによると、アメリカで登記された企業や、アメリカ発行のパスポートまたは運転免許証を持つ個人商店が、このプラットフォームへの参加を申請することができるという。

TikTok は、商品の販売ごとに5%の手数料を徴収しているが、最初の90日間は1.8%に引き下げられる予定だ。今回のサービス開始は、広告収入の低迷に対処する目的で、TikTok のアメリカ事業を大規模に再編した後に行われた。Financial Times は今月初め、同社の北米地域全体の事業運営、販売、マーケティングを担当するゼネラルマネージャー Sandie Hawkins 氏が、アメリカの TikTok Shop の責任者に異動すると報じた。また、FT の報道によると、状況に詳しい2人の関係者の話を引用して、TikTok は今後数ヶ月のうちにスペイン、アイルランド、ブラジルに e コマース機能を拡大する計画を持っていると伝えている。Financial Times

Warren Buffett 氏の投資会社 Berkshire Hathaway、TSMC に41億米ドルを出資 (11月16日)

Warren Buffett 氏の投資会社 Berkshire Hathaway が、大手チップメーカー TSMC(台湾積体電路製造)に41億米ドルを投資したことが、同社が14日に発表したフォーム「13F」の申請により明らかになった。このファンドが TSMC に投資するのは今回が初めてで、Berkshire Hathaway は TSMC の米国預託株式(ADR)約6,010万株を所有しているという。Berkshire Hathawayが保有する持分は、TSMC 株式全体の1.39%に相当する。

ロイター通信によると、この発表により TSMC の株価は上昇し、台湾証券取引所での終値は7.9%高となった。TSMC は、世界のトップ2のチップ受託メーカーの1つで、もう1つはサムスンである。台湾のコンサルタント会社 TrendForce(集邦諮詢)によると、TSMC は2022年に世界のファウンドリ収益の56%を占めると予測されている。SEC

ByteDance(字節跳動)が新音楽アプリを発表、聴くだけでお金がもらえる機能を搭載 (11月15日)

中国メディア「TechPlanet(Tech 星球)」は15日、TikTok を運営する ByteDance(字節跳動)が、低価格帯の市場を狙った無料オーディオアプリを投入したと報じた。この新アプリ「番茄暢聴(仮訳:Tomato Listening)」は、Tencent(騰訊)や NetEase(網易)による市場トップのプラットフォームに対抗するため、今年4月に開始された同社の定額制音楽ストリーミングアプリ「Soda Music(汽水音楽)」とは別物だ。

報道によると、新しく発表されたアプリには、ユーザが音楽を聴くことでお金を稼ぐことができる機能が含まれており、ユーザを引き付けるための方法であるようだ。北京に本社を置く同社は、2021年半ばに音楽をゲームや教育分野と同等の重要事業に格上げした。ByteDance はまた、2019年に一部の海外市場に音楽ストリーミングアプリ「Resso」を投入した。Tech 星球

オーディオチップサプライヤー Shenzhen Soundec(九音科技)、シリーズ B ラウンドで数億円を調達(11月15日)

中国の半導体コンサルタント会社 ijiwei(愛集微)は11日、中国のオーディオチップサプライヤー Shenzhen Soundec(九音科技)がシリーズ B ラウンドで数千万人民元(数億円)を調達したと報じた。Jolmo Capital(金茂資本)と Tsing-Yuan Capital(清源資本)がこのラウンドに参加した。

この投資は、次世代オーディオチップの開発とチームの拡大に使用される予定だ。2017年に設立されたこのスタートアップは、デジタル信号処理(DSP)チップの独立したサプライヤーであり、オーディオ信号処理関連のアルゴリズムのデベロッパーである。愛集微

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録