ARメガネNreal(優奈柯恩)、Alibaba(阿里巴巴)らから6,000万米ドル調達など——中国スタートアップシーン週間振り返り(3月28日〜4月1日)

SHARE:
Image credit: Nreal(優奈柯恩)

本稿は、Technode(動点科技)が、3月28日〜4月1日に配信した「News Feed」記事の中から主要ニュースを翻訳したものです。

上海の半導体工場、市内の一部がロックダウンされるも操業を継続

チップメーカーの TSMC(台湾積体電路製造)と SMIC(中芯国際集成電路製造)は、上海にある工場が新たに部分的に閉鎖されたにもかかわらず、操業を継続すると発表した。上海市ではここ数週間、新たに新型コロナウイルスの感染者が急増したため、地元政府が27日から、市の半分を封鎖し、公共交通機関を停止するなどの厳しい封鎖措置を開始した。愛集微

北京、中国工業製品 e コマースプラットフォーム「ZKH(震坤行)」のアメリカ IPO 計画を承認

中国証券報が28日に報じたところによると、中国証券監督管理委員会(CSRC)は、アメリカに上場している中国企業との27日の会合で、中国の工業製品向け e コマースプラットフォーム「ZKH(震坤行)」のアメリカ上場計画にゴーサインを出したという。

この動きは、市場の信頼と中国経済の活性化を図るため、中国企業の海外上場に対する規制当局のスタンスが緩和されてから1週間後のことだ。Alibaba(阿里巴巴)と Tencent(騰訊)の支援を受ける同社は、3億〜5億米ドル規模のアメリカ IPO に向けて、China Renaissance(華興資本)や Goldman Sachs などの投資銀行と協議を進めているとのことだ。中国証券報

Alibaba(阿里巴巴)、AR(拡張現実)メガネ開発の Nreal(優奈柯恩)に6,000万米ドルを出資

中国の AR(拡張現実)メガネメーカー Nreal(優奈柯恩)の30日の声明によると、Alibaba(阿里巴巴)は Nreal が6,000万米ドルを調達したシリーズ C+ ラウンドで、同ラウンドをリードした。今回のラウンドで、Nreal が過去12カ月間に受けた出資総額は2億米ドルに達した。

Nreal は元 Magic Leap のエンジニアである Xu Chi(徐馳)氏によって2017年に設立されたが、同氏はかつて Magic Leap から同社の秘密を盗んだとして訴えられた。この訴訟は、アメリカの判事が Nreal に有利な判決を下したため、取り下げられた。Magic Leap の後ろ盾でもある Alibaba は、Tencent(騰訊)や ByteDance(字節跳動)といった中国大手に、メタバース関連のプロジェクトに賭けている。優奈柯恩

コラボデザインツール「Pixso」開発、プレシリーズ A ラウンドで1億人民元(約19.3億円)を調達

36Kr(36気)の報道によると、深圳のスタートアップ Pixso は、3月28日に1億人民元(約19.3億円)を調達してプレシリーズ A ラウンドをクローズした。このラウンドは、杭州の投資ファンド Zhongjin Xinzhi(中金鑫智)が、Baidu(百度) などと共にリードした。

2021年に設立された Pixso は、オンラインリアルタイムコラボレーションプラットフォームに注力し、Figma に似た「Pixso」とマインドマップツール「BoardMix]の2製品をローンチしている。Pixso や MasterGo などの中国のコラボデザインサービスプロバイダは、Figma が DJI(大疆) など中国企業との協業を禁止していることの恩恵を受け台頭している。36気

Alibaba(阿里巴巴)、ソーシャル EC アプリ「Taibang(态棒)」をテスト導入

Alibaba(阿里巴巴)は中国の e コマース市場での支配を強化しようとする中で、中国の SNS 型 EC アプリ「Xiaohongshu(小紅書、またの名前を RED)」に似た新しいファッションとソーシャルショッピングアプリ「Taibang(态棒)」をテストしている。

Alibaba は、Meituan(美団)や ByteDance(字節跳動)など多くの中国の同業と同様、Xiaohongshu の zhongcao(種草=草をまくの意)戦略、つまりソーシャルメディアプラットフォームでのレビューを通じて販売を促進するビジネスモデルを追随しているのだ。 Meituan や ByteDance のような資金力のあるプレイヤーの参入により、中国の EC 分野の競争は新たな高みに到達している。動点科技

<関連記事>

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録