Baidu(百度)、新LLM「ERNIE 4.0(文心4.0)」をローンチ——1人の担当者をマーケティングチームに変えるAI

SHARE:
Baidu CEO の Robin Li(李彦宏)氏

ジェネレーティブ AI の競争が止まらない。今週、中国の検索 Web ポータル大手 Baidu(百度)は、新しい大規模言語基盤モデル(LLM)「ERNIE 4.0(文心4.0)」のリリースを発表し、その上に構築された多数の新しいソフトウェアアプリケーションをプレビューした。それらのアプリケーションの一つには、「Canva」や Adobe の「Creative Cloud」に対抗するクリエイティブプラットフォーム「Qingduo」がある。CanvaAdobe は最近、自社のクリエイティブプラットフォームに新しい AI 機能を追加した。

北京で開催された同社の年次会議「Baidu World 2023(百度世界2023)」で登壇した Baidu CEO の Robin Li(李彦宏)氏は、Qingduo によって「1人の人間がAIマーケティング・チームになれる」と語った。

Li 氏は、ERNIE 4.0とユーザ向けのテキストチャットボット「ERNIE Bot(文心一言)」は、競合の OpenAI の「ChatGPT」が同社の GPT 基盤モデルの上に構築されたチャットボットであるのと同様に、理解、生成、推論、記憶という4つのコア機能を実行するように構築されていると述べた。

Li 氏はライブデモで、複雑で入り乱れた人間の要求を理解し、それに応える ERNIE Bot の優れた能力を披露した。

さらに、テキスト、画像、ビデオなど、さまざまなコンテンツをわずか数分で生成した。複雑な形状の問題も解決し、記事を書きながらリアルタイムで新しい情報に対応することもできた。

これら4つの中核となる能力が、AI ネイティブアプリケーションの基盤を形成するのです。(Li 氏)

ステージへの復帰

ERNIE 4.0 の発表は Baidu World 2023 の目玉であり、コロナ禍で4年間休止し、オンラインのみでの開催となっていた Baidu の初の対面での集会となった。

Baidu の CTO Haifeng Wang(王海峰)氏は、VentureBeat やその他のジャーナリストに提供したプレス資料の中で、ERNIE 4.0が9月のベータテスト以来、全体的なパフォーマンスを30%近く向上させたことを報告した。新モデルは現在、招待制のベータ版として提供されている。

製品群全体に AI を導入

Microsoft のビジネスの進め方を参考に、Baidu はさらに、ERNIE やその他の AI 技術が同社のすべてのアプリにどのように導入されるかを明らかにした。

Baidu 検索はより詳細な情報を提供し、複雑なクエリには対話型のチャットインターフェースを提供する。

Baidu 検索は、Microsoft の「Bing Chat」や Googleの「Bard」のように、多様なウェブソースからの情報を集約して要約し、統合された答えを提示する、としながらも、さらに上を目指し、テキスト、画像、ダイナミックグラフを表示し、鮮明かつ簡潔な回答を保証することも目指している。

Baidu GBI は、最近買収したヘルスケアデータ会社 GBI の賜物で、ビジネスインテリジェンスを目的として、カスタムビジネス分析を迅速に生成することができる。Baidu のプレス資料では、GBI は次のように説明されている。

(GBI は)ビジネスの世界における、すべてを知り、素早く反応するアシスタントであり、情報の迅速な要約を提供し、データを取得・分析するために複数のスプレッドシートを調べなければならないという重労働を軽減する。

ワークプレイスアプリ「Infoflow」は、AI を使用して、人々のカレンダーや空き状況を認識しながら、会議のスケジュールから旅行の予約といったオフィスタスクを完了する。また、会議やチャットでの会話を要点をまとめてくれる。

「Baidu Wenku(百度文庫)」は、以前は単純な文書共有プラットフォームだったが、現在では調査や要約の提供、文書やスライドショーを含むコンテンツの生成に使用できる。

「Baidu Maps(百度地図)」は、「AIガイドが率先して、旅行中のユーザーに次の行動を提案する」ようにアップグレードされた。

さらに、 Baidu のクラウドファイルストレージソリューション「Baidu Drive(百度網盤)」にも、独自のジェネレーティブ AI アシスタント「YunYiduo(雲一朵)」が搭載される。テキストや音声で特定のファイルやその中の情報を引き出すことができ、例えば複数のファイルやビデオのセグメントを要約することができる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録