AIとメタバース開発のMeetKai、NBAチーム「Charlotte Hornets」のバーチャルファンストアをローンチ

SHARE:

AI とメタバースを扱う MeetKai と NBA の Charlotte Hornets は、「Hornets Virtual Fan Shop」 をローンチした。

バスケットボールファンに NBA チームとの関わりを深めてもらい、自宅にいながら没入感のあるショッピング体験を提供する。ダウンロードなしで Web 経由でストアにアクセスできる。

MeetKai の AIファーストのプラットフォームを採用したHornets Virtual Fan Shop は、ノースカロライナ州シャーロットの Spectrum Center にある「Hornets Fan Shop」からインスピレーションを得ている。国内外を問わず、Hornets のファンダムにどっぷり浸かることができる。このバーチャルショップは、デジタルツインとして、リアルの体験を再現しようとしている点がメタバースと言えるだろう。

Charlotte Hornets のチーフマーケティングオフィサー Seth Bennett 氏は次のように語った。

バーチャルストアには、スペクトラムセンターの実際の店舗で見るようなバナーがぶら下がっています。体験は、顧客が実際に目にするものからそのまま持ち上げられています。

モバイルデバイスやウェブブラウザからアクセスできるバーチャルショップでは、ジャージ、Tシャツ、帽子、グッズなど、Hornets のグッズを幅広く取り揃えている。バーチャルショップで購入した商品は、HornetsのeコマースパートナーであるFanaticsを通じてファンの自宅に届けられるので、Hornets らしさを簡単にアピールすることもできる。

Charlotte Hornets は MeetKai とバーチャルストアを開設した。

MeetKai の CEO James Kaplan 氏は次のように答えた。

私たちの目標は、常にブラウザネイティブプラットフォームに焦点を当てた、簡単でアクセス可能なメタバースというアイデアを実現することです。私たちが Charlotte Hornets と取り組んだことは、NBA だけでなく、これまで見てきたすべてのスポーツにおいてユニークなものだと考えています。

Kaplan 氏がリンクを教えてくれたため、ダウンロードなしでバーチャルストアに飛び込んでみた。デスクトップでも、モバイルデバイスでも、VR ヘッドセットでも参加できる。また、洋服を試着したり、ミニバスケットボールを手に取って店内の小さなフープでシュートしたりできるようになっている。時間の経過とともに、より多くの体験が追加される予定だ。

どこにいても利用できます。MeetKai、Hornets、そして小売のバックエンドパートナーである Fanatics の3者のパートナーシップです。我々は、摩擦のない店舗に焦点を当てました。(Kaplan 氏)

店内は3D アニメーションになっており、写真だけでなく、バーチャル試着もできるようになっている。店内には NBA 選手の写真がたくさん並べられている。

私たちは現在、単なる写真よりもさらに興味深いものを提示できる段階にいます。レギンスが実際のマネキンにどのように見えるか、その輪郭を見ることができるのです。バーチャル店舗がコミュニティコマースとして機能し、若い層にアピールできるところまで来ています。(Kaplan 氏)

Hornets Virtual Fan Shop は、従来のオンラインショッピングの域を超えている。ファンはバーチャル空間内で自分の3D アバターを作成し、歩き回ったり、買い物をしたり、他のファンと交流したりすることができる。この環境は、試合当日に実際に体験するようなものに近い。通路をブラウズしたり、ラックで商品を発見したり、バーチャルでアパレルやアクセサリーを試着することも可能だ。

MeetKai のエグゼクティブチェアマン Weili Dai 氏は次のように語った。

Charlotte Hornets は、NBA のリテール体験の未来を変革する業界のリーダーであり、我々はチームと協力し、バーチャルで彼らのプレゼンスを構築する機会を得たことを嬉しく思っています。私たちが見ているのは、AI がスポーツ業界に大きな利益をもたらしているということです。今日、私は非常に興奮しています。私はバスケットボールをやっていたので、バスケットボールは私にとって大切なものです。AI がどのように世界とこの業界を変えることができるかをお見せします。これは世界的なブランドとの第一歩に過ぎません。

MeetKai は、NBA チーム「Charlotte Hornets」の Web ベースのバーチャルストアを開設した。

Hornets Virtual Fan Store の導入は、Charlotte Hornets の革新へのコミットメントと、忠実なファン層にユニークで魅力的な体験を提供することを示すものだ。MeetKai とのコラボレーションにより、ファンはパーソナライズされた没入型のオンラインショッピング体験を楽しむことができ、チームの情熱が真に伝わるのだ。

Hornets Sports & Entertainment の社長 Fred Whitfield 氏は声明で次のように語った。

テクノロジーが進化し続ける中、ファンの皆さんがどこにいても対応することが重要であり、これはそのつながりを強化する絶好の機会です。Hornets Virtual Fan Shop によって、ファンはどこからでもゲームデイのショッピング体験を楽しむことができ、我々はこの革新的な新しい機会を提供できることに興奮しています。

Kaplan 氏は、バナーや看板などの変更に合わせてスペースを更新するのは簡単だと語った。また、Bennett 氏によると、Hornets は季節ごとに商品構成を年に何度も変えているという。

機会があれば、新しいアイテムで(バーチャルストアを)リフレッシュします。(Bennett 氏)

Kaplan 氏によると、彼のチームは実際に店舗に行くことなく、バーチャル店舗をデザインすることができたという。設計図と画像を使って規模を把握したのだ。環境をスキャンし、それをコンピュータの体験に変換する必要はなかった。

私たちは、パートナーシップと、これまでとは違った方法でファンを拡大し、触れ合う機会を与えてくれたことに感謝しています。これは絶対に最先端です。このテクノロジーを使い続け、いずれはファン体験の他の部分にも取り入れるチャンスがあると考えています。今あるものより優れたテクノロジーはないと思います。私たちの組織には、最先端技術の研究に専念するイノベーションスペシャリストのグループがいます。彼らは2023年の早い時期にこれを特定し、私たちのエグゼクティブリーダーシップグループに報告しました。私たちは VR ヘッドセットを装着し、納得しました。(Bennett 氏)

Bennett 氏によれば、作業は数カ月に及んだが、初夏にプロジェクトが承認されてからは比較的早く終わったという。Hornets から10人ほどのチームメンバーが手伝い、NBA のシーズン開幕に間に合わせることができた。したがって、開発に長い時間をかける必要はなかった。

仕事の多くは、初めてそれを行うための足場を作ることでした。(Kaplan 氏)

ファンは、指定されたリンクから Hornets Virtual Fan Shop にアクセスすることができ、より多くの情報やエキサイティングなオファーを得るために、チームの公式ウェブサイト、アプリ、ソーシャルメディアチャンネルを訪問することが推奨される。コード「FREESHIPHORNETS」を使用すると、アメリカ国内の送料が無料になる。

ロサンゼルスを拠点とする MeetKai は、AI とメタバース技術によって約5,000万人にリーチしている。MeetKai はまた、Silicon Box が建設中のチップ包装工場のデジタルツインも作った。

これは、品質、パフォーマンス、コスト、スケーラビリティを考慮しながら、破壊的なAI技術を使用したもうひとつの例です。(Dai 氏)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録