YCのラボ「Dynamicland」から輩出、ARとAIで未来的映像効果を生み出す動画編集アプリ「Tonic」がインフルエンサーに人気

「Tonic」を開発する Sprout Technologies の創業者:Weiwei Hsu 氏と Anthony Hsu 氏姉弟
Photo by Hou Junwei(侯俊偉)氏

Y Combinator のクリエイティブラボ「Dynamicland」から生まれたスタートアップ Sprout Technologies の Weiwei Hsu 氏は、AI ドリブンの動画編集アプリ「Tonic」でその道のりを描いてきた。Dynamicland で貴重な経験を積んだ Hsu 氏は、弟の Anthony Hsu 氏とともに Tonic を立ち上げ、わずか24時間で100万回の動画再生を達成した。Tonic は、サンフランシスコを拠点とするベンチャーキャピタル、First Round Capital のリードでシード資金を調達した。

カリフォルニア芸術大学のデザインスタジオを卒業し、シリコンバレーのイノベーションの中心地へやってきた Weiwei Hsu 氏のストーリーは、技術愛好家を目指す者にとって、まるでロードマップのように展開する。

インタラクションデザインを専攻していた Hsu 氏が卒業論文を作成し、MIT や Y Combinator のラボの大物思想家の目に留まったのは、この大学でのことだった。彼女のデザインとテクノロジーの融合は、単なる宿題ではなく、技術研究の大リーグへの切符となったのだ。

大学卒業後、Hsu 氏はテック大手への就職や起業という通常の道を選ばなかった。その代わりに彼女は、金儲けではなく未来を夢見る Y Combinator のクリエイティブラボ Dynamicland に足を踏み入れた。

ここでは、聡明な頭脳に囲まれながら、ほとんどの人が何十年も目にすることのないようなプロジェクトに取り組んでいた。彼女はビジターからスタートし、すぐに新人を案内する側になり、ついにはインターンの座を勝ち取った。このラボで Hsu 氏は、AI を使って動画を編集できるアプリのアイデアを考え、遊び始めた。最初は単なる遊びだった。

2020年、Hsu 氏は独立を決意した。Hsu 氏は、弟の Anthony Hsu 氏という完璧なビジネスパートナーを見つけた。Anthony は、ゲーム会社で業界のさまざまなスタイルのデザインとテストに携わり、豊かな創造性を磨いた。

二人は共に、拡張現実(AR)と人工知能(AI)の未開拓の可能性を映像で探る旅を始めた。AR と AI を組み合わせることで、想像力そのものと同じくらい多様で広大な、複数の仮想世界を作り出すことができるのだ。彼らのアプローチは単純明快で、純粋に楽しく、興味をそそられるものを作ることだった。

Anthony のゲーム経歴からインスピレーションを受け、彼らはスタートアップの DNA にゲームメーカーの技術を取り入れた。マリオの 2D から 3D への飛躍のような、ゲーム史における画期的な瞬間に注目したのだ。テストに参加したユーザは、その楽しさに夢中になり、ついつい遊んでしまったという。

このように、ユーザにとって「クセになる」「楽しい」というコアな楽しさにこだわった。彼らは、機能を追加して規模を拡大する前に、しっかりとした楽しいコア機能でローンチすることを計画した。この段階的なアプローチは、複雑な機能を追加する前にコアとなるゲームプレイを完成させるというゲーム業界の手法を反映したものだった。

彼らが思い描くアプリは、単に動画を編集するだけでなく、音楽のリズムに同期させたり、アートスタイルを選択したり、ユーザが遊んで楽しめるような豊富な組み合わせを提供したりすることで、動画を変身させるものだった。

クールなエフェクト編集できる動画編集アプリを開発

「Tonic」
Image credit: Sprout Technologies

AI と AR エフェクトの技術を習得することは、光とデータの糸でタペストリーを織ることに似ている。言い換えれば、それは複雑で時間がかかり、細部への細心の目を必要とする。Hsu 姉弟にとって、Tonic はユーザが動画のために派手な効果を実現するための正確なアプリでなければならない。

1つのスタイルを作り上げるのに、レンダリングに3時間から4時間、時には5時間かかることもあります。(Anthony Hsu 氏)

300以上のユニークなスタイルのライブラリを提供することを目標としているため、その作業の規模はとてつもなく大きかった。10秒の動画クリップ一つを作るのに、200から300の異なる画像を融合させる必要があった。

これは急いだり、無造作に自動化できるものではなかった。TikTok のような人気のあるプラットフォームは、1つの画像を AI で融合させることができるが、より複雑なシーケンスになると計算コストは驚異的だった。

市場へのアピールを確実にするため、Anthony は、自動化プロセスに委ねる前に、さまざまなスタイルを手作業で編集しレンダリングした。彼らは、市場の痕跡として、インフルエンサーのために AR と AI スタイルの動画を手動で編集した。

その結果、インフルエンサーは最も視聴回数の多い動画を得ることができた。Tonic は、より多くの物語要素、編集技術、カメラの動きを試し続けながら、チームは動画編集のための普遍的なツールを構築することを目指している。

ツールの本質にフォーカス、プロダクトローンチ早々に勝利を決める

2023年10月中旬に公開された Tonic は、編集した動画の再生回数が1ヶ月で100万回に急増し、AI と AR を融合させた動画スタイルが視聴者に支持されたことを証明した。ユーザはただ見ているだけでなく、1ユーザあたり平均3本の動画をブレンドし、平均シェア率は83%以上という傑出した数字を叩き出した。このレベルのユーザインタラクションは、ソーシャルメディアにおけるアプリの位置づけの明るい未来を示唆している。

Tonicは、First Round Capital がリードしたシードラウンドで資金調達をクローズした。First Round Capital は、Uber、Notion、Spline、Robloxなどの成功企業を支援した実績があり、潜在的なユニコーンを見抜く鋭い目で知られている。この強力な支援を受けて、Tonic はアメリカにマーケティングと成長チームを配置し、アメリカ市場の獲得に照準を合わせた。

【via Meet Global by Business Next(数位時代) 】 @meet_startup

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録