AI警備システムのアジラ、4.6億円をシリーズC調達——モアマネジメントがリード

SHARE:

AI警備システム「AI Security asilla」を提供するアジラは18日、シリーズCラウンドで約4.6億円を調達したと発表した。このラウンドは、モアマネジメントがリードし、三菱UFJキャピタル、エースタート、イノベーション・エンジンが参加した。今回の調達を受けて、アジラの累計調達額は約12億円に達した。

これは同社にとって、2022年9月11月に実施したシリーズBラウンドに続くものだ。モアマネジメントと三菱UFJキャピタルは以前のラウンドに続くフォローオンでの参加。

AI Security asilla は、行動認識技術を基にしたAI警備システム。既存のカメラをAI化し、異常行動や不審行動を検出した際に、瞬時に映像を通知する。これにより、警備員の業務負担を軽減し、見逃しや見落としを防ぐことができる。

特許取得の「違和感検知」機能により、各カメラにおける行動をAIが自律学習し、通常から逸脱した動きを「違和感」として検知する。これにより、予期しない危険行動を即時通知し、事件事故の未然防止に貢献する。また、数百台のカメラ映像もAIが24時間365日モニタリングし、既設カメラを利用可能で、サーバー1台で最大50台分の映像を処理できるため、初期コストと運用コストが抑えられるという。ローカルで完結するネットワーク構成により、外部への映像流出のリスクもない。

同社は今回の調達を機に、AI Security asilla の販売体制を強化し、行動認識AI技術の進化とコーポレートガバナンスの充実に取り組むことで、成長性の高い事業基盤の構築を目指すとしている。

via PR TIMES    Summarized by ChatGPT

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録