MyRealTripが84億円、ゲーム効果音生成OptimizerAIがa16zからプレシード調達など——韓国スタートアップシーン週間振り返り(1月15~19日)

SHARE:
OptimizerAI の皆さん
Image credit: OptimizerAI

1月15日~1月19日に公開された韓国スタートアップの調達のうち、調達金額を開示したのは9件で、資金総額は1,346億ウォン(約150億円)に達した。

企業名 産業分野 調達額 ラウンド 投資家
Ghost Pass
(고스트패스)
セキュリティソリューション 非公開 プレシリーズA 韓国技術保証基金、Oracle Venture Investment
Workation
(워케이션)
プレミアムテント 非公開 シード Series Ventures
GeneCraft
(진크래프트)
遺伝子治療薬 100億ウォン
(約11億円)
シリーズA ソウル大学技術持株、Infobank、Cosine Investment
Adus
(에이디어스)
自律走行ソリューション 非公開 シードブリッジ A Ventures、Future Play
Beoble
(비블)
Web3メッセージング 非公開 DWF Labs
Four Pillars
(포필러스)
ブロックチェーン 7億ウォン
(7,700万円)
シード Kakao Ventures、Haed、Base Investment
Drop the Bit
(드랍더비트)
コンテンツサマリーの自動化 非公開 M&A Goodnotes
InvaLab
(인베랩)
シードボールを使った生態復元 非公開 シード MY Social Company(MYSC)
Vience
(바이언스)
バイオイメージング分析 非公開 シード CNT Tech-DB Dream Big投資組合
EK Games
(이케이게임즈)
モバイルゲーム 非公開 M&A Neptune
Elice Group
(엘리스그룹)
教育実践プラットフォーム 200億ウォン
(約22億円)
Vertex
Orange Square
(오렌지스퀘어)
プリペイドカードプラットフォーム 100億ウォン
(約11億円)
シリーズB Mirae Asset Venture Investment、IMM Investment、Now IB
OptimizerAI
(옵티마이저AI)
ゲームコンテンツ 10億ウォン
(約1.1億円)
プレシード Andreessen Horowitz
HMC Networks
(에이치엠씨네트웍스)
ケアプラットフォーム 40億ウォン
(約4.4億円)
サムスンベンチャー投資
Orcar Studio
(오르카스튜디오)
レンタカー業務の自動化 非公開 シード Y&Archer
Ranking Fish
(랭킹피쉬)
釣り複合サービススペースソリューション 非公開 シード Kangssen
Biocean
(바이오션)
海洋生物バイオ 非公開 シード Yuhan-Kimberly Green Impact Fund
MyRealTrip
(마이리얼트립)
旅行プラットフォーム 756億ウォン
(約84億円)
BRV Capital Management、Corellia Capital、Patek Partners、ヴァンダービルト大学、SV Investment、サムスン証券、IMM Investment、Altos Ventures、Smilegate Investment
Groo
(그루우)
観葉植物管理サービス 非公開 プレシリーズA Nudge Healthcare、Bon Angels
FluentT
(플루언트)
AIによるアバターモーションの作成 非公開 プレシリーズA1 Spark Labs、韓国投資アクセラレータ
Funble
(펀블)
不動産分散投資・証券化プラットフォーム 非公開 M&A SGA Solutions
ABIC Partners
(에이빅파트너스)
iSFCスタートアップ診断キット 非公開 PG Ventures
Misullo
(미술로)
美術品管理プラットフォーム 非公開 シード PG Ventures
Pion Electric
(파이온일렉트릭)
電力系統安定化 118億ウォン
(約13億円)
シリーズA KDB韓国産業銀行、L&S Venture Capital、KDB Capital、韓国信用保証基金、Hyolim E&I
Dynamic Drug Discovery
(다이나믹드럭디스커버리)
新薬開発 15億ウォン
(約17億円)
プレシリーズA Vine Ventures

主なスタートアップ投資

  • MyRealTrip(마이리얼트립)が国内外の投資会社から756億ウォン(約84億円)を調達した。昨夏、月の損益分岐点(BEP)を突破したのに続いて年間1兆ウォンの取引額を記録し、今年1月には歴代最高の1,400億ウォンの取引額と収益を上げる見通し。調達した資金をもとに強化するとともに新規事業であるパッケージサービス、B2B営業などに専念する計画だ。
  • 教育実践プラットフォーム「Elice Group(엘리스그룹)」が200億ウォン(約22億円)を調達した。教育データと AI 技術力を元に、AI ソリューション企業に跳躍するという抱負とともに、調達した資金を使って、AI に特化した独自のデータセンターを構築する計画だ。
  • 外国人観光客プリペイドカードを提供する Orange Square(오렌지스퀘어)が100億ウォン(約11億円)を調達した。ローンチから1年5ヶ月で、カード発行者50万人、アプリ加入者70万人を突破。調達した資金を使って、さまざまな外国人向け便利サービスを発掘する。

トレンド分析

8つのトピックで見る VC 投資市場評価・展望

Startup Recipe がアーリー投資会社からシリーズ B ラウンド以降までのベンチャーキャピタルまで15人余り(一部匿名)を対象に、2023年の投資評価と2024年の投資見通しに対する意見を聞き、8つのトピックでまとめた。全体の内容はここで確認可能である(関連記事:アンケート調査に振り返った2023年‧2024年の投資見通しは?)。

  1. 「2023年は過熱化が正常化した年」
  • 2023年は投資エコシステムが過大評価されていることを皆が知るようになった年。過去の異常な高点を平均してみると、今年は酷寒期が当たるが、むしろ正常化する過程である。
  • インフレと高金利が冒険資本を萎縮させ、スタートアップ企業価値が下落したが、ある意味、これは異常な過熱状態が正常に戻る過程である。
  • 投資環境には過去最高に厳しい年で、新たな投資先を探すのではなく、既存のポートフォリオにフォローオン投資する方向に戦略を修正した。
  • 異常に上昇した企業価値が適切なレベルに調整されたのだと、投資家の立場では肯定的に捉えている。
  1. 「充実した実行力、意志の強いチームを探す」
  • 保守的な評価には数字が重要になったが、当面の売上、 営業利益を期待するよりは創業チームの意志が投資決定において重要になる。
  • アーリーステージであればあるほど人本位で、環境変化に素早く対応するチームの実行力、経験、持続可能なビジネスモデルを証明していくチームそ評価した。また市場環境に影響を受けない分野であるクライメートテック、 AI インフラなどに注目している。
  • ファンダメンタルズが良いか。AI のように成功した分野では、未来成長の可能性が非常に高いという確信を与えてこそ調達を受けるのに有利だ。
  1. 「政府の役割は重要か vs. 政府は手を出せないでおくべきか」
  • まだ政策の有効性を判断するのは難しいが、経済が厳しい今、政府で持続的に投資活性化政策を打つことには肯定的。特に投資を先送りせずに早く実行できるようにすることが必要だ。
  • 長期的に民間ファンドを活性化することは正しいが、現在投資市場に(出資者)資金が枯渇しつつある状況であるため、この時期に母体ファンドの予算を減らしてはならない。
  • 現在の酷寒期は、近年決まった市場サイズを超えた流動性が供給されたことと無関係ではなく、すでに政府は呼び水の役割をしたので、政府介入なしに市場の自浄作用を信じなければならない時期だ。
  • 母体とグロース金融介入などがスタートアップのための忍耐資本なのか、ただの伝達機能に成り下がった運用会社のための予算なのか分からないということこそ、問題の解消を図るべきことだ。
  1. 「投資回復税?」
  • 下半期は、投資金の上昇は消耗品が多い季節的特性が反映されるだけでなく、ドライパウダーの消耗などの影響がある。
  • 体感上、投資先がフォローオン調達するとき、投資気流の変化は感じられず、投資家が市場を見る見方は変わっておらず、むしろ、市場リーダーに投資集中が起きた現象と見るのが正しい。
  1. 「成長分野はやはり AI」
  • 投資市場は保守的に維持されたが、ジェネレーティブ AI トレンドに支えられ、国内外の AI 投資は比較的活発な方だ。
  • ジェネレーティブ AI は他の技術領域とは異なり、技術競争力が非常に速い速度で国内と海外の格差が大きくなっている。
  • AI スタートアップに対する潜在的な競争力があると判断されるが、ビジネス成果は多少不足
    LLM などはスタートアップが競争するにはビッグテックとの資本競争になる可能性が高く、スタートアップはもっとバーティカルな領域で機会を探すのが有利だ。
  • 韓国の大企業にとってもジェネレーティブ AI が非常に重要な分野であるため、韓国国内スタートアップにも良い機会になる。
  1. M&A と IPO
  • M&A と IPO市場は依然として難しいと見られ、Fadu の状況は技術特例上場制度に悪い
  • Fadu の状況が特に2024年の技術特例上場市場に悪影響を及ぼすだろうが、ファンドメンタルズが良いチームが IPO するには大きな支障はないと見ており、問題は補完すればよいだろう。
  1. 回復は2024年下半期頃
  • 投資家の過半数以上が投資を増やすと回答し、大半は2024年下半期から2025年上半期を回復時期と予想している。
  • 2024年のアメリカ大統領はマクロ変数になり得る注目すべきイベントだ。
  1. 起業家候補のためのアドバイス
  • 以前に増して細かい起業準備が必要だ。どんな問題を解決したいのか、なぜ挑戦するのかを明確にし、資金調達前の製品・チームビルディングに集中する姿勢が必要だ。
  • 少なくとも18ヶ月のランウェイを設け、創業支援機関の支援を受けるか、初期からグローバル市場を狙うこと。

【via StartupRecipe】 @startuprecipe2

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録