#CES2024 で人気を集めたプロダクト一気見(1/3)——eVTOL空中タクシー、パッチ型血糖値測定センサーなど

SHARE:
Image credit: CES

ラスベガスで開催された CES 2024は、私にとって過酷な6日間と、おそらく13万人ほどの観衆を経て、ついに終了した。

私は最もクールな技術を見つけるために、あちこち歩き回った。CES2024で、あるいは CES2024に先駆けて、私は約80のプレスイベント、インタビュー、セッションを記録した。1年前は5日間で38.81マイル=約62.5km(87,447歩)だったのに対し、6日間で46.78マイル=約75.3km(105,407歩)歩いた。足は痛いし、腰も痛い。

CES の開催前と開催中に67本の記事を書き、1つのパネルで司会を務めた。96のセッション、インタビュー、製品説明を録音した。まだまだ書きたいことがある。今回の記事は、ラスベガスで見た最もクールな技術についてだ。もしあなたがショーに行かなかったことで FOMO(取り残されることへの恐れ)になってしまったのなら、このリストがショーの良いところを教えてくれるかもしれない。CES で見た19の製品とプロジェクト、そして過去に見た製品の最新情報がここにある。

あなたのことは知らない。しかし、私は今年が、ジェネレーティブ AI の贈り物と同様に、古いアイデアの改良によって引き起こされた、新しいテクノロジーにとって素晴らしい年であったと感じた。

Dean Takahashi 氏が CES のベストリストを作成し、あなたの FOMO(「取り残されることへの恐れ」)を軽減する

今こそ、これを分析し、意味を持たせる時だ。コンセプトであれ完成品であれ、これらのアイデアを気に入っていただければ幸いである。昨年の CES 2023と一昨年の CES 2022のマイリストだ。

今年は、2023年の3,000社から増加し、2020年の4,000社(対面)から減少し、約3,500社が出展した。警備員から時折注意を受けながらも、私はローラーバッグを引きずってあちこちを歩いた。目に留まったものは以下の通り。

Supernal の eVTOL エアタクシー「S-A2」

Supernal の eVTOL エアタクシー「S-A2」

Hyundai 傘下の Supernal は、今週ラスベガスで開催された CES 2024で、エアタクシーの最新デザインを披露した。

エアタクシーや空飛ぶ車はここ数年 CES を賑わせているが、Hyundai のような大企業が真剣に取り組み、デザインを進めているのは心強い。私は、今年の CES で見た中で最も興味深いものだと思った。

Supernal のエアタクシーは、電動垂直離着陸機(eVTOL)である。S-A2は第2世代のデザインである。韓国の Hyundai は、2020年1月の CES で初の S-A1 eVTOL プログラムを発表した。

Supernal の製造・プログラム管理責任者 Neil Marshall 氏

この飛行機は4人乗り。時速120マイル(約193km)で巡航でき、8つのローターが回転する。垂直離陸の際にバランスを取るため、主翼の前方に4つ、後方に4つある。エンジンは飛行中45デシベル、離着陸時65デシベルと静かだ。これは食器洗い機並みの静かさだ。離陸時は時速0マイルから60マイル(0kmから約96.6km)まで上昇することができる。

今年、同社は VertiPort、つまりロサンゼルスでエアタクシーに乗れる場所のコンセプトを披露した。現代自動車グループの一部門として、同社は単に航空機を開発しているわけではない。モビリティソリューションを創造しているのだ。Supernal の製造・プログラム管理責任者 Neil Marshall 氏は、モビリティソリューションを創造していると私に語った。この全電気式エアタクシーの航続距離は25マイルから40マイル(約40.2kmから約64.4km)で、自動車で1時間かかる距離をわずか数分で移動できる。

CES 2024に出展された Supernal の VertiPort

これはタクシーの新しい形であり、モビリティの新しい形です。(Marshall 氏)

ロサンゼルスのダウンタウンやウッドランドヒルズのような場所への短距離移動となり、40分の乗車で交通渋滞を回避するには十分な長さだが、VertiPort からライダーの最終目的地までの最後の1マイル(約1.6km)を完了するには、ライドシェアリングソリューションが必要になりそうだ。

Marshall 氏は、空飛ぶクルマを作るよりも、ライドシェアカーとエアタクシーが、すでに整備されているインフラを考慮すれば、移動のためのより良いソリューションになると考えている。最初はエアタクシーを予約することになるだろう。しかし、いつかは10分か20分間隔のフライトに乗れるようになるだろう。

Supernal の未来のエアタクシー

Marshall 氏はまた、エアタクシーの交通を監視・管理する管制室案も披露した。

エアタクシーには航空交通ソリューションが必要で、ロサンゼルス国際空港のような空港では商業空域に入らないようにしなければならない。そのため、エアタクシーは道路のルートをたどることになり、コース上に留まり、他のエアタクシーの邪魔にならないようにする。ユニバーサルスタジオからウッドランドヒルズまでのフライトは、道路の上を飛んで38分で到着する。しかし、車の場合、ピーク時には1時間以上かかることもある。

Supernal は、適切なルートを確立する方法について FAA や NASA と話し合っている。エアタクシーは、ドローンのような装置と空気を共有しなければならない。マーシャルは最終的に、人間の管制官に依存しない航空管制システムが最善の解決策になると考えている。

Supernal エアタクシーの内部

航空機の開発だけではありません。モビリティソリューションの開発です。我々はファーストマイルとラストマイルに注目しています。(Marshall 氏)

一方向に向かうエアタクシーはある標高で飛ぶことができ、もう一方に向かうエアタクシーは別の標高で飛ぶことができる。標高はおそらく1,500フィート台になるだろう。

各乗車の料金はまだ明らかではない。しかし Marshall 氏は、早ければ2028年にサービスを開始できると述べた。

Clinatec のブレイン・コンピュータ・インターフェイス

(本項は、「Neuralinkの好敵手なるか、仏Clinatecが低侵襲型ブレイン・マシン・インターフェイスを披露 #CES2024」に同じであるため省略しました)

グルコースモニター「Dexcom Stelo」

Dexcom Stelo は2型糖尿病患者のグルコースを測定する

2020年当時、私はグルコースモニター「Dexcom G6 Pro」を装着し、糖尿病患者のように血糖値をモニターすることがどのようなものか試してみた。私は糖尿病と診断されるかどうかの瀬戸際にいるが、何百万人ものアメリカ人と同じように、体重がコントロールできなくなる危険性がある。今、 Dexcom は「Stelo」で新しいものを手に入れた。

私が興味を持ったのは、技術ナルシストだからだ。テクノロジーがどのようにして「数値化された自己」、つまり自分自身と自分の生き方に関するデータを提供できるのか、私は何年も興味を持ってきた。睡眠時間や歩数は計測できるが、本当のところはどうなのだろうか?グルコースモニターの場合、血糖値を高くしたり低くしたりする食べ物の種類を教えてくれる。1型糖尿病患者にとっては、頻繁なインスリン注射が必要な生死にかかわる状況だ。血糖値が許容範囲内に収まるようにしなければ、失神や死の危険さえあるのだ。

モニターをテストすることに同意したとき、私は自分の体の中を垣間見ることができることに気づいた。自分が何をしているのか、何を食べているのかを見て、それが血糖値にどのような影響を及ぼしているのかを知ることができるのだ。

Dexcom COO Jake Leach 氏

私は、山盛りのスパゲッティを食べることが、血糖値を急激に上昇させ、医師が高血糖とみなす1デシリットルあたり180ミリグラムの基準値を超えてしまう可能性があることを知り、驚きを隠せなかった。

悪い知らせになるのは、高血糖だけではない。同時に、ジョギングに出かけたとき、グルコースレベルが1デシリットルあたり70ミリグラムを下回るほど下がり、失神の危険があるかのような警告が発せられた。低血糖症として知られるこの低値は、空腹感、震え、心臓の鼓動、吐き気、発汗につながる。圏外になると、iPhone に通知が来た。

Dexcom Stelo は15日間血中グルコースを測定する

Dexcom Stelo の異なる点は、インスリンを服用する必要のない2型糖尿病患者向けに設計されていることである。2型糖尿病は糖尿病患者の90%以上を占めるが、このような人々は、どの食品が血糖値を急上昇させるのか、またそれに対してどうすればよいのか、必ずしも明確にはわかっていない。

グルコースモニターは血液中の糖のレベルを測定する。糖尿病患者にとって、これは非常に重要である。糖尿病は3,400万人以上のアメリカ人が罹患しており、アメリカにおける死因の第7位を占めている。従来のグルコースモニタリングの標準的な治療法はフィンガースティックメータであり、1日に12回も指を刺して血液を検査しなければならない患者もいるため、苦痛を伴うものであった。

1型糖尿病患者の場合、膵臓からインスリンというホルモンが分泌されない。2型糖尿病患者の場合は、体内でインスリンを効果的に生成したり、処理したりすることができない可能性がある。どちらの場合も、グルコースレベルを下げるためにインスリンを注射しなければならない。しかし、これは血糖値をリアルタイムで正確に測定できなければできない。

Stelo は、スマートフォンにデータを送信するウェアラブルデバイスで、15日間持続するセンサーを備えている。

価格は保険によって異なるが、同社は保険に加入していない人でも購入できるようにモニターを作った。保険に加入していない人のために、現金払いのオプションも用意されている。ムーアの法則によって、このようなデバイスのコストが下がっているのは良いことだ。

Stelo は FDA の認可を取得中で、今年後半には発売される可能性がある。

第2部へ)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録