Neuralinkの好敵手なるか、仏Clinatecが低侵襲型ブレイン・マシン・インターフェイスを披露 #CES2024

SHARE:
Clinatec の脳神経インターフェイス
Image Credit: GamesBeat/Dean Takahashi

脳とコンピュータのインターフェイスは、Elon Musk(イーロン・マスク)氏の Neuralink だけではない。

Clinatec もまた、CES 2024の期間中に開催された「CES Unveiled」でその研究を披露した。この研究機関は、神経疾患の治療や、脳や脊髄の事故に遭った人の運動機能を回復させるために、学際的な専門家を集めている。

Clinatec は、フランス・グルノーブルの Polygone Scientifique(科学研究集合体)にある生物医学研究センターで、生物学者やナノテクノロジーの専門家などが所属している。Clinatec は、フランスの CEA(フランスの原子力・代替エネルギー庁)、Inserm(フランス国立衛生医学研究所)、グルノーブル・アルプ大学の研究部門によって開発された。

フランスのグルノーブルにある生物医学研究センターは、脳の表面に埋め込み、損傷した脳の領域の電気通信の回復を助ける低侵襲的な(編注:原文では「非侵襲=non-invasive」とあるが、埋め込みは必要であるため「低侵襲」と訳した)脳インプラントを開発した、と Clinatec の科学事務・パートナーシップ担当副部長 Abdelmadjid Hihi 氏は私のインタビューに答えた。

Clinatec と CEA に所属する Abdelmadjid Hihi 氏

脳インプラントは神経活動を記録し、筋肉を働かせるための信号を模倣する、とローザンヌ大学で生物科学の博士号を取得した Hihi 氏は言う。

私たちは脳インプラント技術に取り組んできました。そのコンセプトは、運動意図に対応する脳活動を利用して、重度の運動障害を持つ人々を助けることができるというものです。

Clinatec は、神経インプラントを通じて筋機能の回復を支援する

例えば、脊髄損傷者は動くことができないかもしれない。Clinatec では、生体適合性があり、脳から信号を送ることができる電極を備えたシステムで脳の活動を記録しようとしている。これらの信号は、機械学習アルゴリズムベースのソフトウェアによってリアルタイムでデコードされる。

そして、このデコードされた情報は機械に記録され、再び歩いたり、つかんだり、聞いたりすることができるように支援します。私たちは基本的に、事故を起こした人々にこのシステムを使用しています。

彼は、外骨格の助けを借りてステップを踏んでいる負傷した男性のビデオを見せた。Clinatec はまた、下半身不随の人々にも働きかけ、筋肉に刺激を与えて機能させている。

脳とコンピュータの神経インターフェイス

この研究は10年以上続いており、最初の患者は6年以上前にインプラントを埋め込んだ。フランスは助成金を通じてこの研究を支援しており、将来的には脳卒中でリハビリを必要とする患者を対象にしたいと Hihi 氏は語った。

インプラントは、移植前にテストされた生体適合材料で構成されているため、脳はインプラントを受け入れる。インプラントは脳組織の中に入るのではなく、その上に置かれるため、炎症や線維化を抑えることができるのだ。William Gibson 氏の SF 短編小説「記憶屋ジョニィ(原題:Johnny Mnemonic)」を思い起こさせる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録