移動型産業ロボットを開発する中国YOUIBOT(優艾智合)、日本進出から2年を経てCEOが語る世界戦略

SHARE:
YOUIBOT の創業者で CEO の Zhang Chaohui(張朝輝)氏
Credit: YOUIBOT

中国国内のスマート製造業が新たな発展段階に入るにつれ、ロボットの需要は高まり続けている。YOUIBOT は、産業用移動ロボットの生産に大きな影響力を持つ企業として、中国の製造業全体におけるロボット利用の正常化に大きな影響を与えている。中国におけるパイオニアである同社は、アジア太平洋地域、ヨーロッパ、アメリカの市場を開拓し、国際的な拡大も視野に入れている。

TechNode は、Next China シリーズの一環として、YOUIBOT の創業者で CEO の Zhang Chaohui(張朝輝)氏に特別インタビューを行い、同社の製品、国際展開の課題、ロボティクスの未来について語ってもらった。

1. YOUIBOT はすでに産業用ロボットのパイオニアです。御社のこれまでの歩みについて教えてください。

YOUIBOT は、高精度のスラムナビゲーション移動ロボットとアプリケーションソフトウェアシステムを応用し、高度な製造業にアップグレードされた社内物流ソリューションと、エネルギー産業向けのインテリジェントな検査・操作ソリューションを提供しています。

産業ロジスティクスの分野では、YOUIBOT は先端製造業の社内ロジスティクスに重点を置き、施設のライフサイクル全体を通してマテリアルフローとデータフローのクローズドループを実現しています。YOUIBOT は半導体産業にも力を入れており、上流のウェハー製造からチップのパッケージング、テスト、下流の組み立てに至るまで、生産工程全体をカバーしています。半導体分野では出荷台数で最大の移動ロボット企業です。さらに、YOUIBOT はリチウム電池製造を核とした新エネルギー分野の開拓を続けており、国内外の多くの有名半導体・リチウム電池製造企業のパートナーとなっています。

Credit: YOUIBOT

YOUIBOT は、エネルギー産業の検査・メンテナンス分野に特化しています。ロボットモーションコントロール技術、AI ビジョンアルゴリズム技術、マルチマシンスケジューリング、オンラインモニタリング技術を活用することで、YOUIBOT は顧客に総合的なインテリジェント検査ソリューションを提供し、エネルギー業界の顧客がスマート発電所、インテリジェント送電網、その他の新しいインテリジェント管理システムを構築するのを支援し、集中的、インテリジェント、無人化された高度な検査・メンテナンス能力を提供しています。

YOUIBOT は、主に半導体とリチウム電池分野をターゲットに、中国における先進的な製造ロジスティクスに注力するとともに、電力、新エネルギー、石油化学の各分野でインテリジェント検査・保守ソリューションを提供しています。2021年以降、YOUIBOT は積極的に海外市場に進出し、製品は30以上の国と地域に出荷され、60以上のネットワーク販売チャンネルを確立しました。

世界的な産業インテリジェンスのアップグレードの波の中で、自律型移動ロボットは先進的で成熟した生産性ツールとして、様々な産業で重要な役割を果たしています。移動ロボットの分野では、中国のロボット技術は国際標準に匹敵し、最も広範な市場の可能性を秘めています。

2. 新エネルギー産業、半導体産業、3C 産業は、現在国内外で非常に活気のある分野です。YOUIBOT はこのチャンスにどのように適応していますか?

私たちは、「先進的な製造業と先進的な生産能力」に焦点を当てた、産業分析と選択のための体系的なプロセスを持っています。これらの分野では、拡大や効率化が急務であり、工場における物流自動化のための移動型ロボットの導入が必要かつ急務となっています。

Credit: YOUIBOT

この論理に基づき、半導体やリチウム電池などの産業が私たちの主要な焦点となります。私たちは、このようなシナリオの生産・製造プロセスに集中し、移動型ロボットの連携ソリューションを開発しています。これにより、生産ラインでの自動ロジスティクスとシームレスなデータ接続が保証され、工場が生産サイクル全体を通じて材料とデータの流れの閉ループを実現し、品質と効率の向上という目標に貢献することができます。

しかし、業界で深化を実現するのは容易ではありません。半導体を例にとると、ウエハー製造はエレクトロニクス製造工程の中で最も精密で要求の厳しい分野であり、移動ロボット装置にも高い基準が要求されます。例えば、クラス100の清浄度を達成するためには、ハンドリング中のわずかな振動がローブの歩留まりに影響します。

私たちは初期段階から2年近くかけて業界を理解し、工場や研究所との交流を通じて常に製品性能を磨いてきました。2021年には、ウェハー生産に特化した複合型移動ロボットを発売しましたが、市場からのフィードバックによると、初期の技術的な取り組みが素晴らしい結果をもたらしたようです。業界の技術性能テストでは、しばしばランキングの上位に入り、顧客の評価と信頼を得ています。

Credit: YOUIBOT

海外市場に直面して、我々は2022年に連携戦略を導入し、3年以内に海外事業が我々の活動の30%以上を占めるようになると予想しています。私たちは、中国の半導体とリチウム電池産業における豊富でスケーラブルな着地経験を、現地パートナーの効率的な連携能力と長期的な顧客サービス経験とともに深く連携します。これにより、友好的で包括的なサービスサポートが生まれ、お客様を中心とし、現地パートナーに支えられた海外ビジネスレイアウトが形成されます。

2022年に正式に日本市場に参入して以来、YOUIBOT は包括的なチャネル展開を完了し、強力なプレーヤーとの強力な協力関係を確立してきました。今年は日本にも子会社を設立し、24時間365日対応の販売、技術サポート、アフターサービス能力を提供します。中国製造業の急速な発展のおかげで、中国の産業用移動ロボットブランドはここ数年、製造効率の向上、アップグレードの自動化、ハイエンド能力の着地において、豊富なプロジェクト経験を蓄積してきました。

ヨーロッパ市場における産業用オートメーションの基盤は、過去20~30年の蓄積に由来します。YOUIBOT は、新技術の迅速な展開と応用経験において、ヨーロッパのローカルブランドよりも成熟した経験を持っています。中国市場にプロジェクトを上陸させる過程で、当社の製品はより厳しい要求を受け、絶えず改良され、ナビゲーション精度、バッテリー寿命、固定連携インターフェイスなどの優れた性能を備えています。

同時に、複数のプロジェクト上陸の経験から、YOUIBOT はエンドユーザのアプリケーションをより完全に理解し、より包括的なソリューションを顧客に提供し、現場のニーズや問題に迅速に対応することができます。製品性能の優位性とソリューション能力に加えて、YOUIBOT は欧米ブランドと比較して、より費用対効果の高い製品を提供しています。

Credit: YOUIBOT

3. 中国企業がグローバル展開する際に直面する課題にはどのようなものがありますか?

私たちは、グローバル展開の一歩一歩が新たな始まりであると述べました。経済的、政治的、産業的、文化的要因は国や地域によって大きく異なります。私たちはまず、製品需要の根底にある論理を明らかにし、さまざまな応用シナリオに基づいて、対応するニーズに適応するソリューションを調整する必要があります。

  • 製品 …… 国内で稼働している標準製品を海外規格に対応させ、海外顧客の要望に応じて改良する。
  • サービス …… チャネル・ネットワークに包括的なトレーニングとサポートを提供し、主要地域に24時間365日のオンライン・サービスを提供する。
  • 販売 …… チャネルネットワークのレイアウトとカバレッジ。
Credit: YOUIBOT

4. ByteDance(字節跳動)や Tesla などの大手企業がこの分野に参入し、ロボットはインテリジェントな製造業の時代においてますます重要になってきています。YOUIBOT は、これらのテック大手が業界にもたらす競争をどのように見ていますか?

2023年に Tesla の人型ロボット「Optimus」が発表されたことで、世間では多くの議論が巻き起こり、ロボティクスの分野全体が持続的に注目されるようになりました。ロボティクスは、サービスロボット、特殊用途ロボット、そして私たちのような産業用ロボットなど、さまざまな種類のロボットを含む広範な分野です。マクロレベルでは、より多くの業界大手がロボット市場に参入し、新たな技術とリソースを導入することで、ロボット産業の反復と進化が加速することを期待しています。

しかし、私たちが事業を展開している産業用移動ロボットという特殊な分野では、コンシューマー市場とは異なり、産業用シナリオは複雑にセグメント化されています。このような複雑なシナリオの中で顧客のポイントを理解し、専門的なソリューションを提供することは、AMR(自律移動ロボット)ベンダーに高い要求を課しています。シナリオとロボット技術の両方を理解する必要があります。そのため、この分野への参入障壁は比較的高いです。

当社の技術基盤は非常に強固で、チームの50%以上が研究開発に専念しています。私たちは、多様なシナリオに合わせたモジュール式で構成可能な製品アーキテクチャを確立しており、さまざまな市場の需要に応えるソリューションを迅速に開発・展開することができます。

同時に、専門家、教育機関、企業と協力してイノベーション・ラボを設立し、研究プロジェクトに取り組み、テクノロジーの最前線で探求を続けています。2023年3月には、半導体製造のための産業用ソフトウェアのギャップを埋めることを目指し、半導体の国家重点研究開発プロジェクトで主導権を握りました。

5. 生成 AI の台頭により、より広い社会でこの技術に対する懸念が広がっています。ロボティクスに関しても同様の問題があるのでしょうか? また、この分野の将来をどのように見ていますか?

移動ロボットは、成熟した高度な生産性ツールだと考えています。将来的には、人間と同じようなさまざまな役割やポジションを持ち、人間と一緒に社会的な生産活動に参加するようになるでしょう。人間の労働力を補い、人間の手を自由にし、人間と共存し、より調和のとれた世界の創造に貢献するでしょう。

私はヒューマノイドロボットについてはあまり多くを語らず、私が携わっている産業用移動ロボットの分野に焦点を当てたいです。現在、移動型ロボットは、インターネットの黎明期と同じように、様々な産業に徐々に浸透し、従来の生産方法に変革をもたらしつつあります。移動ロボットの規模が大きくなるにつれ、将来的には自動車産業のように、専用の販売・サービスセンター、充電ステーション、清掃施設などのエコシステムが発達し、エコロジー産業が形成されることが予想されます。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録