BIツール「Tableau」、自然言語クエリでデータを可視化できる機能「Pulse」を一般公開

SHARE:
Image credit: Salesforce

ビジネスインテリジェンス(BI)は、組織がデータの意味を理解するために、長い間ダッシュボードに大きく依存してきたが、人工知能(AI)を使用することで、データからより多くの意味と価値を見出すことができる。

Salesforce は22日、Tableau Pulse テクノロジーの一般提供を発表した。このテクノロジーは、生成 AI を含む複数の形態の AI のパワーをもたらし、組織がデータからより多くのビジネスインテリジェンスに関する洞察を得られるよう支援する。Tableau Pulse は、2023年5月の早期プレビューで初めて発表され、2023年12月には限定ベータ版が発表された。Tableau Pulse は、自然言語クエリとデータビジュアライゼーションを使用して、各組織のデータに固有の重要なメトリクス、トレンド、推奨事項を表示する。

一般提供リリースに伴い、Tableau は新しい洞察機能、Slack 向けのデータ洞察のニュースダイジェスト、組織がデータの意味を定義し理解するのに役立つメトリクスレイヤーを含む強化された機能で Pulse も拡張している。

Tableau の最高製品責任者である Southard Jones 氏は VentureBeat に、「我々は、顧客や他のユーザと膨大な時間を費やし、モックアップを提供し、何が機能し、何が機能しないかを確認するためにテストを行い、必ずしもデータ音痴ではない人々をどのように巻き込むかを考えた」と語った。

Tableau Pulse が AI を使ってダッシュボードが示さない洞察を見つける方法

Tableau のコアプラットフォームは、データサイエンティストやビジネスユーザがビジネスインテリジェンスに利用できるビジネスデータを収集してきた。Pulse が解決しようとしている課題は、適切なインサイトをいかに表示するかということだ。

Pulse の背後にあるコンセプトは、基本的に、彼らの生死、つまり採用されるか解雇されるかがかかっているメトリクスや、彼らがビジネスを管理するメトリクスを人々に提供することです。物事が変化したときに、すぐに行動を起こせるように知らせることです。(Jones 氏)

Jones 氏は、Pulse が表示する洞察は理論的にはダッシュボードでも可能だと指摘した。違いは、Pulse はユーザがデータを照会しやすくし、より積極的に機能させることである。Jones 氏によると、BI プラットフォーム全体に共通する問題は、ダッシュボードがすでに発生した問題を表示することだという。これに対し、Pulse の目標は、問題になる前に洞察や問題を表面化できるようにすることだ。

Jones 氏は、ダッシュボードの作成に依存するのではなく、Pulse が目指しているのは、ビジネスユーザやデータアナリストが、データを通じてビジネスで起きていることをより簡単に明らかにできるようにすることだと強調した。

Pulse のプレビュー期間中、Jones 氏はある初期ユーザから、Pulse のおかげで返品問題を迅速に特定でき、会社の経費削減につながったと聞いたという。

頻繁に返品される特定の商品がありました。しかし、さらに調査したところ、サイズが少しずれていることがわかり、ホリデーシーズンに間に合うように変更することができました。

 

Image credit: Salesforce

新しいメトリクスとインサイトダイジェストが価値を高める

新しい Tableau Pulse Slack Digest 機能は、ビジネスインテリジェンスへの従来のダッシュボードのアプローチを超えて見るための重要な部分でもある。

Tableau と同様に、Slack は Salesforce の会社だ。Slack Digest は、Slack を通じて配信されるニュースフィードのようなエクスペリエンスだ。これは、定期的にダッシュボードにアクセスしないユーザを引き込むために、ダイジェスト形式で洞察の見出しと要約を提供する。

洞察の下には、組織が測定したいメトリクスがある。データ分析における一般的な課題は、組織が特定のメトリクスに対して明確な定義を持っていない場合であり、これは混乱につながる可能性がある。

メトリクスレイヤーは、組織のすべての Tableau ワークブックにわたって、各メトリクスの単一の定義を作成する。これにより、メトリクスの追跡方法に関するガバナンスと一貫性が提供される。また、メトリクスに関する自然言語によるクエリが、コンテキストを通じてよりよく理解され、正しいメトリクス定義にルーティングされるようになる。

Pulse は生成 AI だけではない

データを照会するための生成的な AI アシスタントや副操縦士を持つという考えは、エンタープライズ・アプリケーション全体でますます一般的になっている。

Jones 氏は、Tableau Pulse は単にプラットフォームにボルトオンされたアシスタントではなく、むしろ Tableau プラットフォーム全体と深く統合されていると強調した。彼はまた、Tableau が統計とモデルに基づいて洞察の要約のために開発した伝統的な AI を使用していることを指摘した。そのアプローチの一部は、2021年に Tableau が Narrative Science を買収し、データの自然言語要約の構築を支援したことに由来する。

Tableau Pulse はまた、コンテンツ作成のための AI レイヤーとして Salesforce の Einstein GPT も活用している。Jones 氏は、Salesforce はセキュリティと潜在的な幻覚リスクをチェックするための信頼レイヤーを統合していると説明した。

Jones 氏は次のように述べた。

私たちが解決しようとしている問題は、今日の企業にはデータを活用できていないユーザがたくさんいるということです。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度の「Members」を運営しています。登録いただくと会員限定の記事が毎月3本まで読めるほか、Discordの招待リンクをお送りしています。登録は無料で、有料会員の方は会員限定記事が全て読めるようになります(初回登録時1週間無料)。
  • 会員限定記事・毎月3本
  • コミュニティDiscord招待
無料メンバー登録